なんだか分からないが、「宮崎県総合博物館」(入場無料)の展示が充実してた。

宮崎に行った際、宮崎神宮の敷地内にある「宮崎県総合博物館」に行ってきた。
宮崎県総合博物館 公式HP
宮崎県総合博物館 – トリップアドバイザー

この、宮崎県総合博物館。
なんだかよく分からないが、すごいクオリティの高さだった。
入場料が無料というのも、驚き。

まぁ、「なんでクオリティが高いのか分からない」というのも、変な話だが。

ともかく、中に入ってみると、いきなりの自然風景。
当方、いつのまにか自然に紛れ込んでしまい、ビビる。

自然の中に、「観察用の通路」を作ったような演出。

よく観察してみると、イノシシや猿などの剥製が見える。
(他にも色々いた)

ただ単に、自然を再現?してるだけでなく、その「風景」に対してちゃんと
「ここに○○がいるよ。こっちは○○」
という解説があるのね。

土の中に潜んでいる昆虫と、それを狙う鳥。
横から土中の断面も見ることができる。

おぉ、この深さの昆虫を食べるか、と。

クイズ形式のパネル解説もある。
※これは答えを表示した段階の写真だが、小扉で答えが隠されている

こーゆー、図示解説付きの「切り取った自然」が、いろいろあるのだ。

これは分かりやすいな、と。

今度は、海辺の生き物。

よくみると、こんなに生き物がいるんだな、と。

昆虫の標本もたくさんあった。

「お、こんな小さいのいるんだ~」
とか言って見始めると、マジこの博物館で1日潰れるレベルでたくさんある。

展示物は、動植物だけでない。

鉱物や、、、

地球レベルの話にまで広がっていく。

唐突に始まる、宇宙レベルのチャレンジ学習。

「隕石をもちあげてみよう!」

ちなみに、重くて持ち上げられなかった。
やっぱ宇宙は、ハンパねーな。

お次はパソコンで体験学習。

マウスをポチポチとクリックするだけで、海面上昇レベルが上昇。
すると、みるみる宮崎県が水没していく、素敵なPCアプリ。

名付けて、「海面を上げてみよう for Windows XP」。
(XPかどうか知らないが、雰囲気的になんとなく)

結局、この博物館で数時間も過ごしたが、とてもじゃないが全部は見れない。
音が出たり、蓋をあけてみたり、そーゆー体験型のギミックも多く、ついついじっくり見てしまう。

この博物館は、常設展示だけでも大きく分けて3つ。

  • 自然史展示室
  • 歴史展示室
  • 民俗展示室

自分は「自然史展示室」をみるだけで、終わった。
※くたびれた

すごいな、宮崎の博物館は。
そう思った次第。

さて。

博物館に長居して疲れた後は、ラーメン。

この博物館の近くに、宮崎ラーメンで有名な「栄養軒」があった。
昭和39年の創業らしい。
栄養軒 食べログ

広い店内に、カウンター席、テーブル席。
カウンター席に座ると、厨房の様子をみることができた。

5名くらいの店員さんが、手際よくラーメンを作り上げていく。
見ていて楽しいのである。

中途半端な時間であったが、地元のファミリーやオッチャンが、ひっきりなしに入ってきた。
やっぱり地元でも、人気があるんだろうな、と。

メニューをみると、「デラ」の文字。
「デラックス」の意味らしい。

「肉デラックスで」。
700円。

柔らか中太麺、優しいとんこつ。
体によく馴染む、美味しいスープだった。

普段、とんこつラーメンは「細固で~」と注文することが多いんだが、、、
こういう柔らめの中太麺も、美味いんだな、と。

そう思いました。

「宮崎空港」から「宮崎駅」は電車で10分、350円。宮崎駅では駅弁「椎茸めし」を。