クアラルンプール国際空港で買った「Digi」のトラベラーSIMは、7GBで1000円だった

マレーシア旅行の際に、クアラルンプール国際空港でトラベラーSIMを買った。

自分はSIMフリーのスマホ(iPhone)を使っている。
SIMフリーで他社のSIMも使えるので、海外でもプリペイドSIMを購入して使う。
※SIMフリー端末でない場合、キャリアのショップで「SIMロック解除」手続きが必要な場合あり
ドコモ / au / Softbank

旅行者向けの現地SIMは、日本でモバイルWiFiをレンタルするより、相当安くなることが多い。
アジアの場合、一週間の旅行でも1000円程度とか。

大抵の空港には到着フロアに携帯ショップがあり、海外からきた旅行者にプリペイドSIMを売っている
(地元民は国際空港の到着フロアでプリペイドSIMなんて買わない)

今回は、クアラルンプール国際航空の到着フロアでSIMを購入。
黄色い看板が目印の、「Digi」

他にもショップがあったが、空いていたのでココにした。

店頭にメニューがあったので、金額を確認する。

自分が購入したのは、40RM(約1000円)で7GB/30日のSIM。
無料通話も35分ついてくる。

実際は「7GB」も使わないんだが、安いのでとりあえず。
7GBというのは、相当ネットを使う人が1ヶ月くらいで使う容量。
(短期旅行なら1.5GBで500円のプランもあった)

現地SIMは、街中の携帯ショップより、空港のショップの方が「言葉が通じない外人相手」に慣れてるので、楽に買える。
スマホを渡したら、SIMを挿入して使えるかどうか確認してくれる。

SIMロックがかかっているスマホとかだと、「使えない」と言って返却されて終了。
問題なければ、お金を払えばそのまま使える。

こちらのSIMは、4G LTE対応だった。
(APNは自動認識で、特に設定不要だった)


※開通すると届くSMSにはRM28とあった。元値はRM28なのかな笑

使い勝手は?

ランカウイ島でもずっと4Gで、助かった。
(クアラルンプールならともかく、島ではどうかな?と思ったが大丈夫だった)

回線速度も結構でてましたね。
30mbpsとか。
ホテルのWiFiより早くて安定してた。

まぁ、だいたいビーチリゾートのホテルWiFiは安定しないことが多い。
現地SIMを使うと、便利です。

なお、プリペイドなSIMなので、返却等は不要。
帰国後、購入時に抜いて渡された自分のSIMに、差し替えるのみ。

iPhoneの場合、SIMカードの取り出しは、ペーパークリップがあればイケる。
(自分は海外旅行の際にはペーパークリップを財布に入れて持っていく)
iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/移し替える

以下など参照。
https://www.bousaid.com/2016-11-22-075659/

Androidの場合も、機種によってはSIMピンが必要らしい。

さて。

マレーシア。
過去に来た際には、基本的にレンタルWiFiを使っていたが、今回は初めて現地SIMを使ってみた。

事前に調べた際には、マレーシアで最も大きい携帯会社?というCelcomの「MAGIC SIM」(XPAX)を考えていたんだが、制限エリアを抜けて出国してしまうと、どうもショップがないようだった。
(制限エリア内にあるのかな?)

ただまぁ、今回使った「Digi」でも普通に問題なかったな、と。

そんな感じ。

タイの現地SIM
https://www.bousaid.com/2016-01-07-084542/

台湾の現地SIM
https://www.bousaid.com/2015-10-03-110550/

マレーシア カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥
SIM カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥