秋田駅トピコ3F「秋田比内地鶏や」、「究極の親子丼」に「じゅんさい」「とんぶり」も加えた「極め膳」が豪華だった

秋田駅の駅ビル「トピコ」で、晩飯を探した。

駅前商店街の衰退が著しいと言われる秋田だが、駅ビルは結構お店が入っている。
秋田駅前の商店街が壊滅寸前 振興組合解散、アーケード撤去

向かったのは、トピコ3Fにある「秋田比内地鶏や」
日本三大地鶏の1つである、比内鶏がウリのお店。
「秋田比内地鶏や」(食べログ)

早速入店、メニューで比内鶏を探す。

すると、「究極の親子丼」(1380円)「極上親子丼」(980円)
2種類の親子丼があった。

厳選素材を使った当店極めつけの親子丼です。
新鮮な比内地鶏の肉と卵、秘伝のタレが織りなすハーモニーが絶妙。
他店では絶対に味わうことができない、至福の親子丼をご堪能ください。
秋田比内地鶏や 秋田駅本店

「究極の親子丼」は、肉と卵が比内鶏。
「極上親子丼」は、肉が比内鶏で、卵は国産モノ。

せっかくなので、「究極の親子丼」(1380円)にいってみるかな?

しかしメニューをたぐると、更に心惹かれるモノが・・・。

究極親子丼に比内地鶏つみれ汁、長芋とんぶり、じゅんさい酢、がっこ(秋田の漬物)をセットにしました。
大変お得なおすすめコースです。
秋田比内地鶏や 秋田駅本店

その名も「極め膳」(2100円)。

とんぶり、じゅんさい、がっこ。

聞き慣れない食材が並ぶ。
「がっこ」だけ知ってる。漬物だよね?

その場で調べて見ると、いずれも秋田ならではの食材のようだった。

せっかくだから、いってみるか。
2100円。

まずは、「究極の親子丼」
肉も卵も比内鶏、今まで食べた親子丼としては一番高いかも(1380円)。

美味い。
トロトロの卵に、香ばしい肉。

上等、すべからく上等。
スルスルと口にかきこんでしまう。

しかし、もっと驚いたのは「じゅんさい」
ゼリー状のぬめりに覆われた、スイレン科の水草。
まさに今が旬!ちょっと不思議な食材「じゅんさい」を採って食べてみた – メシ通

プルンプルンなゼリー状のぬめりが、1本1本の柔らかい茎を覆っている。
なんて不思議な食べ物。

それを三杯酢で、ズルッといただく。

ほとんど、「デザート」のような食感。
葉っぱっぽい見た目との、ギャップがすごい。

「世の中に、こんな美味いモノがあったのか」と思いました。

「じゅんさい」は、秋田など一部の地域でしか採れないものらしい。
澄んだ淡水の池に自生し、秋田県三種町が国内生産量の9割を占める。


ジュンサイ – Wikipedia

あとは長芋の上にのってる、「とんぶり」
「畑のキャビア」と呼ばれる。
とんぶり – wiki

見た目からして、マズイわけがない。
シャキシャキの、プチプチですよ。

そして「比内地鶏つみれ汁」、最高。

いい出汁がでてます。
ジワッと美味い。

はい。

2100円、「極め膳」。

大満足でした。

また秋田駅にくることがあったら、食べたいですね。。。

そんな感じ。

秋田県にあるレトロ自販機「BIGバーガー」が美味かったので調べてみたら、実にいい自販機だった。

グルメ カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥