北海道「ドーミーイン東室蘭」、朝食良し、風呂良し、ゆったり寛げて良かった

ドーミーイン東室蘭

北海道の東室蘭で、「ドーミーイン東室蘭」に泊まった。
天然温泉 幸鐘の湯 ドーミーイン東室蘭

場所は、JR東室蘭駅から徒歩約5分。

駅と繁華街の中間に位置するような感じ。

泊まった部屋は、なんてことのないダブルルームである。

広さは15㎡。
まぁ、ビジネスホテルだし、こんなもんである。

しかしドーミーインと言えば、温泉付きのビジネスホテル。
朝食も充実してる。

「ドーミーイン東室蘭」は、その「朝食」「風呂」というドーミーインの良さがきっちり活かされた、よいホテルだったな、と。
全国のドーミーインの中では、割と「整っている」方だな、と思った次第。

天然温泉の大浴場と露天風呂

風呂は15:00〜翌朝10:00まで営業。
夜通しで入れる。

大浴場と、露天風呂。
広さは普通、サウナあり。

露天風呂といっても、「外気浴」に近い。
眺望等は、特にない。

しかし北海道のヒンヤリした外気に触れて入る風呂は、また格別なのである。

風呂上がりには、全自動マッサージ機があったので使いました。
200円。なかなか良かった。

近くには、漫画棚もあり。
椅子は少し。

なお、風呂は2階にあり、隣に朝食会場のレストラン。
朝食と朝風呂のコンビネーションが可能だ。

夜の時間はレストランが開放されており、宿泊客は風呂上がりに寛ぐことができる。
(無料のコーヒーサーバーもある)

風呂と、マッサージと、漫画と、机・椅子(コーヒー)。
配置的に、ゆったり寛げるようになっていて、なかなかいいな、と。

朝食は「やきとり」や「カレーラーメーン」も

朝食は、バイキング形式。

室蘭の名物も、いろいろ入っていました。

まずは、室蘭名物の「やきとり」。
豚の串焼きです。

北海道産のアスパラや、「インカのめざめ」。
「インカのめざめ」ってのは、糖度の高いジャガイモらしい。

ザンギ。
要は「からあげ」。

カレーラーメン。
北海道「三大ラーメーン」の1つだそうです。

アロニア漬け。
北海道のスーパーフードらしい。

ごはんは、枝豆とトウモロコシの混ぜごはん。
いいすねぇ。

卵料理は焼き方を選んで、その場で焼いてもらう。
今回は、期間限定「ラクレットオムレツ」を頼んだ。

ラクレットチーズを使ったオムレツですね。
ま、「ラクレットチーズ」の存在を、本件で初めて知りましたが。

当方の朝食は、こちら。

味噌汁は日替わり、飲み物はもちろん「カツゲン」をチョイス。

なおカレーラーメンはミニサイズで、朝食でもイケる感じ。
紙エプロンもくれるので、服も汚れない。

朝食後は、コーヒーをテイクアウトした。

こーゆーサービスが、ビジネスホテルのいいところですね。

近場の名店「やきとり一平」

夜、宿から歩いて行ける「やきとりの一平 中島本店」に行きました。
やきとりの一平 中島本店

室蘭名物「やきとり」で有名なお店とのこと。
この場合、やきとり=豚です。

しかし行ってみると、結構な繁盛店のようで入れそうにない。

何とかテイクアウトだけ頼んで、ホテルに持ち帰ってきた。
ついでにコンビニで酒も買ってきた。
部屋のみである。

豚 精生肉のタレ二本、豚レバー2本タレ、うずら2本。
合計で880円。

こちらが、豚 精生肉の「やきとり」。
美味かったです。

「うずら」は、珍しい「殻付き」。
これも室蘭名物らしい。

殻が薄いので、そのままイケる。
シャリもぐ、シャリもぐ。

「これ好きな人、いるんだろうなぁ」という感じだが・・・

自分は、「殻がない方が、いいかな」という。。。

一杯やりがら「やきとり」を食ったところで、ちょっと空腹感が芽生えてきました。

そんな時こそドーミーイン名物「夜鳴きそば」。
宿泊者に無料でふるまわれる、ラーメンです。

あっさりした味の夜鳴きそばを、ほらね?

シュシュッと啜る。

いいですね。

後は、隣にある風呂に入って、寝るだけです(笑

ほい。

ドーミーイン東室蘭、なかなか良かったです。

そんな感じ。