バリ島の国内線ターミナルで、プライオリティ・パス対応「CONCORDIA LOUNGE」ラウンジ。メタルスラッグあり。

バリ島のバリ・ングラ・ライ国際空港にて、国内線(ガルーダ)でジャカルタに向かった。

国際線でなく、国内線ターミナルである。
何か使えるラウンジはあるかな?と探したところ、プライオリティパスの対応ラウンジを発見。
プライオリティ・パス Concordia Lounge

ラウンジの場所は、国内線ターミナルの2階、ゲート2付近。

国内線ターミナルの1階でチェックイン・保安検査を済ませ、2階に向かう。
意外と広く、土産物屋やレストランが結構あった。
(国際線ではないので、土産物は免税ではない)

ゲート2付近に、Concordia Loungeの入口。
プライオリティ・パスを見せて、早速入場した。
(電子サインや搭乗券は不要だった)

ラウンジの中は、思ったより広かった。
結構、奥行きがある。

全体的にキレイで、席数もかなり多い。
コンセントも数があった。

フード類も充実。
あまり期待してなかったが、そこそこあったな。

ただし、メシのメニューとしては現地食が中心。
国内線ターミナルだからだろう。

少しずついただいて、食べました。
味の感想は、特に無し。

ラウンジの片隅に、謎のアーケードゲーム機が一台あった。
現地の人が、熱心にプレイしている。

人がいなくなったタイミングで、近寄ってみる。
ゲームは、「メタルスラッグ」のようだった。

無料でプレイが可能、画面には「level 5」とあった。
ランキング機能付き。

ちょっとプレイしてみたが、当方アクションゲームは苦手なのだ。
なすすべなく、すぐに全滅した。

メタルスラッグってゲーセンでたまに見かけるけど、ほぼプレイしたことないのよね。
当方がやる横スクロールのアクションゲームは、「天地を喰らうⅡ」くらいなのだ。

まぁ、下手なんだけど。

「天地を喰らう」も、三国志&本宮ひろ志ということで、原作漫画が好きなだけなんだな。

ほい。

国内線の「CONCORDIA LOUNGE」、結構広くて良かったですね。

そんな感じ。

海外の空港で、自分のクレカやステータスで使えるラウンジを探す(プライオリティパス/SFC/JGC/ダイナース)