ドーミーイン盛岡、最上階10階に屋上露天風呂、朝食は冷麺・ひっつみなど郷土料理あり

ドーミーイン盛岡

岩手県では、ドーミーイン盛岡に宿泊した。
2019年4月に開業したばかりの、新しいドーミーインである。
天然温泉 さんさの湯 ドーミーイン盛岡

盛岡駅からは、徒歩12分
ちょっと離れている印象。

繁華街である盛岡大通商店街からは近く、そういう意味では便利な場所にある。
まぁ駅から歩いて、夕暮れの北上川を橋で渡るのも、ちょっとしたウォーキング的に悪くはない。

結論から言うと、この盛岡のドーミーインは、なかなか良かったです。
朝食・風呂、そして設備の新しさ。

盛岡ビジホのトップグループに躍り出た感ありますね。ドーミー。
まぁここしか泊まってないから、他のビジホのことは良く分かんないけど。
大体の予想で。

部屋(ダブルルーム)

部屋はダブルルームを予約した。

結構広くて良かった。
当方のボロアパートも、これくらいの広さがあると良いんですが。

部屋にはシャワーブースもついている。
大浴場があるので、こちらは使わなかったが。

ちなみに備え付けのテレビでは、各種サービスが提供されている。
テレビのリモコンで操作。

連泊の場合に、掃除に入ってもらうかどうかを選択したり。

朝食会場や大浴場の混雑度も表示されて便利だ。

大浴場・露天風呂

風呂は最上階の10階にある。

露天風呂もあり。
屋上露天風呂は、風が気持ち良くて好きです。


https://www.hotespa.net/hotels/morioka/spa/

営業時間は15:00~翌9:00まで、夜通し入れる。
(サウナは0時まで)

露天風呂は、例によって壁で視界が遮られ、浴槽からの眺望はない。
立ち上がって壁に近づくと、外の景色を眺めることができる。

露天の浴槽サイズは小さいながら、別に壺風呂などもあって居心地は良かった。

風呂と同じフロアにある休み処は、結構広かった。

漫画もおいてあって、キングダム、テラフォーマーズ、ジョジョ(第1-5部)、僕のヒーローアカデミア、約束のネバーランド、などなど。

盛岡だけあって、宮沢賢治の絵本なんかもおいてあった。

「銀河鉄道の夜」。

子供の時以来、読んでない気がする。

風呂上がりの珈琲牛乳を飲みながら、一読してみることにした。

最後まで読んでみたが、ずいぶん難しい話だなと思いました。
よくワカランというか。。。

ひきつけられる文章ではあった。

朝食(冷麺・ひっつみ)

朝食はブッフェですね。
ドーミーインの朝食は郷土料理も揃えているので、なるべく朝食付きプランで予約している。

なお、朝食会場の受付にFelica端末?があり、部屋番号を伝える代わりに、ルームキーを読み取らせて入場した。
最新ホテルだけあって、システムも充実してますね。
こういうシステムは、ドーミーではじめて見ました。

ずらっと並ぶ、小皿の数々。

ご飯は、海鮮ちらし
普通の白飯もあります。

岩手名物の「ひっつみ」、そして小岩井牛乳
小岩井牛乳って、岩手だったんですね。

冷麺もあった。
スイカ、キムチ、きゅうりなどのトッピングも。

卵料理してくれるコーナーもあった。
プレーン、チーズ、明太子から選択可能。
チーズオムレツを注文した。

さて。。。

一通りチョイスして、朝食選抜メンバーを決めました。。。

どうでしょうか?

朝から食い過ぎですね(笑

ついつい、とっちゃう。

お味の方ですが、ひっつみのプルプル感や、冷麺のツルツル感は、専門店と比べると足りない。
しかしホテルのビッフェ朝食としては、素晴らしいと思いました。
美味しかったので大満足。

最後は、部屋に持ち帰り用の紙コップにコーヒーをそそぎ・・・
小岩井牛乳をアドオンして、フィニッシュです。

八幡平トレッキング

食い過ぎた朝飯を消化すべく、八幡平に行きました。
バスで茶臼口まで行き、ちょっとだけ登って八幡平へ。

八幡平は、ボードウォークが気持ち良かった。
最初だけ茶臼岳の登りがキツかったけど。。。

頂上のレストハウスでカレーを食いつつ、持参のスイーツを。
「フルールきくや」さんの「奥州ポテト」

盛岡駅でバラ売り(150円)してた。
しっとりキメやか、甘くて美味しい。

ほい。

そんな感じ。