正月に読んだ本のメモ

  • 2020年1月19日

正月に旅行先でいくつか本(電子書籍)を読んだ。
今回は、結構読みましたね。

以下、面白かった順に。

1位「奇跡の経済教室」(中野 剛志)

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 (ワニの本)

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 (ワニの本)

  • 作者:中野剛志
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: Kindle版
全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】

全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】

  • 作者:中野剛志
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2019/07/10
  • メディア: Kindle版

経済に関する一般書で、2冊シリーズを一気に読んだ。
・目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
・全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】

MMT(現代貨幣理論)に基づく、日本の不況構造の解説。
なぜ日本はデフレ不況から抜け出せないのか。
筆者によると、その理由は「デフレなのにインフレ対策をしているから」。

平易な文章で、専門知識のない自分でもスラスラ読めた。
その主張の正誤は自分には判断できないながらも、目からウロコ的な感じでエキサイティングな読書体験だった。

2位「東の果て、夜へ」(ビル ビバリー )

東の果て、夜へ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

東の果て、夜へ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者:ビル ビバリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/15
  • メディア: Kindle版

少年達のロードムービーかつ犯罪小説。
読後のカタルシスはないけど、読ませる文章で引き込まれた。
それで十分。
自分が個人的に「読みたい」と思うスタイルの本であった。

登場人物はちょっと成熟しすぎている感があるというか、子供っぽさがない。
まぁ、そこは小説なので。。。
少年ハードボイルドということで、良いんじゃなかな、と。

3位「金融ダークサイド」(猫組長)

金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界

金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界

  • 作者:猫組長(菅原潮)
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/26
  • メディア: Kindle版

元経済ヤクザで、マネーロンダリングとかしてた人の本。

日産カルロス・ゴーンの手口解説が分かりやすくて面白かった。
なぜゴーンが捕まったのか、理解できた気がしました。

裏の国際金融における、マネーロンダリングの歴史と今。勉強になる(なんの?)
筆者が実際に体験した逸話や手口が具体的に書かれており、読んでて面白かった。

4位「ゴールドフィンチ」(ドナ・タート)

ゴールドフィンチ 1

ゴールドフィンチ 1

  • 作者:ドナ・タート
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: Kindle版

1~4冊を一気に読んだ。
いっぱい本を旅行先に持っていっても重くならない電子書籍って、ホント便利。

しかしレビュー評価がめちゃくちゃ高いですね、この本。
面白かったですけど。

ただ個人的にはジュブナイル感が強すぎたというか、ちょっと中盤から退屈だった。
そういう意味で、同じ少年小説でも「東の果て、夜へ」の方が面白かったかな、と。

5位「荒木飛呂彦の漫画術」(荒木飛呂彦)

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】 (集英社新書)

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】 (集英社新書)

  • 作者:荒木飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: Kindle版

ジョジョ作者による漫画解説。
まさしくジョジョの具体例を引きながら、「なぜこのように書いたのか」という具体的な解説もあり、面白い。

主人公の「プラスの法則」(マイナスはNG)という考え方とか、良かったですね。
だからジョジョは、こうなのかっていう。

6位「死の迷路」(フィリップ・K・ディック)

死の迷路 (ハヤカワ文庫SF)

死の迷路 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者:フィリップ K ディック
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/05/31
  • メディア: Kindle版

フィリップ・K・ディック。
「これは、まだ読んでないのでは?」と買ってみたが、読み始めてスグに思い出した。
昔、読んだよなぁ、これ。紙の本で。

登場人物が1人ずつ死んでいくという、ディック展開。
よくある感じの。

一応再読で読了したが、読んだことを覚えてなかったくらいだから、まぁこんなもんよね、、、という。

7位「最高の体調」(鈴木祐)

最高の体調 ACTIVE HEALTH

最高の体調 ACTIVE HEALTH

  • 作者:鈴木祐
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: Kindle版

途中で読むのをやめた。
なので所感は特にない。

番外編:キングダム(56巻)

キングダムの56巻が出たので、その手前から再読しつつ読了。
ちょうど今、連載の方がかなり気になる展開になってきましたね。。。
早く続きが読みたい。

ほい。

そんな感じ。