三井住友カードがポイント制度「ワールドプレゼント」をリニューアル(2020年6月1日)

三井住友カードがポイント制度「ワールドプレゼント」を変更する。
変更時期は2020年6月1日。

公式サイトはコチラ。
ワールドプレゼントのリニューアルのお知らせ

キャッチフレーズは「もっと貯めやすく!」。
具体的な変更点としては、「1000円につき1ポイント」から、「200円につき1ポイント」に変更となる。
その代わり、ポイントの価値は1ポイント=5円から1ポイント=1円に変更となり、ポイントの価値自体は変わらない。

5月末の時点で所有のポイント数については、6月に5倍になる。
(その代わり、ポイントの価値は1/5になる)

5月末時点でお持ちのワールドプレゼントのポイント残高は、6月以降新しいポイントサービスへ自動で移行します。
現在の1ポイントにつき新しいポイント5ポイントで換算し、有効期限はそのまま引き継がれます。

ユーザー側での手続きは不要。

法人カードは「1000円につき1ポイント」のまま残る。

2020年6月以降も法人カード(三井住友ビジネスカードfor Owners、三井住友コーポレートカード(個人システム型)は除く)は新しいポイントサービスへ変更となりませんので、ワールドプレゼントのポイントサービスを引き続きご利用いただけます。

ANA VISAカードなどの「ANAカード」については、マイル換算率は変更ナシ
Q:新ポイントサービスにより、ANAカード会員のマイル移行の換算率はどうなりますか?
A:ANAマイレージの換算率は変更ございません。

ANAカードの場合、一度ワールドプレゼント・ポイントを経由してANAマイルに自動移行されている。
例えば「1,000円利用 = 1ポイント」→「1ポイント→10マイル」でマイル付与。

「換算率が変わらない」という意味合いは、よく分からない。
1000円単位が継続か、200円単位になるのか?

ほい。

そんな感じ。

三井住友カードが「マイ・ペイすリボ」による年会費の割引を改悪、ANAカードなどに影響 – やじり鳥