コロナ・ショックで株価急落、今年から株主優待の割引率がアップするJR東日本をチェック

コロナで株価急落

コロナ・ショックで株価がアレな感じになってますね。
特に旅行キャンセルなどで業績に影響がある旅行関係の会社については、影響度が大きいように思います。

航空会社の「JAL」「ANA」は、株価が下落傾向。
鉄道会社だと「JR東日本」も、結構落ちてきました。

JR東日本については、今日時点の株価は88万円(100株)で、2016年以来の安さ。


東日本旅客鉄道(株) リアルタイム株価チャート – Yahoo!ファイナンス

安くなってきたと言っても88万円だと、個人的にはちょっと手が出ないんだけど。

ただJR東日本は2月に株主優待の変更を発表しており、そういう意味では結構気になる感じではあるんですよね。

JR東日本の株主優待

JR東日本は、2020年2月に株主優待の変更を発表している。

内容は、株主優待である割引券の、割引率がアップするというもの。
あと、券売機でも割引券が使えるようになる(利便性アップ)。
株主優待割引券の割引率変更等について

割引率の引き上げについては、2割引→4割引にアップ。
以前は「1枚につき2割引、同時に2枚まで利用可能」だったのが、今後は1枚でいきなり4割引ができるという。
※その代わり1度に複数枚の利用は不可に

権利落ちは3月末日で、優待が使えるのは6月から1年間。
JR東日本 株主優待割引券

3末時点で、単位株である100株を持っていれば、割引券を1枚ゲット。
片道の新幹線代などに利用できる(指定席やグリーン料金を含む)。

例えば「東京→新青森」の新幹線代で考えると・・・

券種 定価 割引額
指定席 17,470円 -6,988円
グリーン席 22,380円 -8,952円

※ちなみにグランクラスでは使えない(その場合、乗車券分のみ割引適用可)

まぁ株価の高さを考えると大した額ではないが、前から気になっていた優待ではある。

なお、単位株である100株所有者が得られる優待には、以下も含まれる。

  • JRE POINT 500ポイント引換券 1枚
  • 鉄道博物館入館 50%割引券 2枚
  • 東京ステーションギャラリー 入館 50%割引券 2枚
  • ホテル宿泊 20%・10%割引券 各3枚
  • ホテル内レストラン・バー 10%割引券 3枚
  • GALA 湯沢スキー場 リフト50%割引券・レンタル料金20%割引券 各3枚
  • 駅レンタカー 20%割引券 3枚
  • ベックスコーヒーショップ・ベッカーズ ドリンク100円割引券 3枚
  • リラクゼ 料金15%割引券 3枚

少なくともJREポイント(500円)なんかは、ちょっとありがたいですね。

タイミング

安くなったとは言え、結局まだ下がる可能性があるので、参入タイミングは難しい。
今回のコロナ問題、いつ収束することやら・・・。

いずれにしろ、当方はキャッシュがニャーので、、、
ニャー・マネーで、お魚フィニッシュです。

にゃーにゃー。

そんな感じ。