ANAスーパーフライヤーズ・ラウンジカードは「選ばれたお客様だけ」に(2020年版)

スーパーフライヤーズ・ラウンジカード

ANAのSFC会員に送られる「スーパーフライヤーズ・ラウンジカード」が郵送で届いた。

スーパーフライヤーズ・ラウンジカード2020年版
スーパーフライヤーズ・ラウンジカード2020年版

スーパーフライヤーズはANAプラチナ会員などと同様に、ANAやスターアライアンス航空会社の空港ラウンジに入ることができるが、このラウンジカードはその際にラウンジ入室資格の提示を求められた際に使用する。

ラウンジ入室はSFCカード(クレジットカード)ではダメで、こちらのラウンジカードの提示が必要。
スターアライアンス・ゴールド会員であることを、こちらのカードで証明する感じですね。

ラウンジ利用時に提示

ラウンジカードの有効期限は1年。
プラチナ・ダイヤモンドの会員は、それぞれの資格でラウンジに入ることができるので、このカードは送られてこないらしい。
ANAステータスを持っていないスーパーフライヤーズ会員に、毎年送られてくる感じですね。

なお、ANAマイレージクラブ・アプリの方にデジタル会員証があり、そちらの提示でもラウンジ入室が可能。

また、ANAマイル番号を登録して発券した場合など、航空券に「*G」(スターアライアンス・ゴールド)が印字される場合は、そちらだけチェックされるのか、ラウンジカードの提示を求められないことも多い。

個人的にはANA直行便に乗ることが多いので、ここ数年は1回もラウンジカードの提示を求められたことがない。
他社便に乗りつつラウンジ利用する場合は、提示が求められることもありそう。

永遠のステイタスを

ラウンジカードのキットに含まれる「スーパーフライヤーズカード」の案内書には、今年も「永遠のステイタス」記載が入ってました。
※ラウンジカードでなく、SFCカード本体の案内書

永遠のステイタスを

選ばれたお客様だけにご案内。

ANAスーパーフライヤーズ

永遠のステイタスを選ばれたお客様だけに

スーパーフライヤーズ会員は、SFCカード(クレカ)の年会費を払っている間は、ずっとスターアライアンス・ゴールド資格を含むANA SFCステータスが付帯する。
それを指して、「永遠のステイタス」と言ってるワケですね。

将来のサービス変更(改悪)の可能性を考えたら、なかなか「永遠」というワードをつかいにくいところだと思いますが、割と大胆な言葉遣いだな、と。
いつか「永遠」の記載をなくすんじゃないかな?と思って毎年チェックしているが、今年も特に変わらずですね。

ただ、去年の文言に比べると一応変化点があった。

2019年版 永遠のステイタスを選ばれたあなただけに
2020年版 永遠のステイタスを選ばれたお客様だけに

ほんのちょっとだけですが。。。

なお、スーパープライヤーズの規約「ANAスーパーフライヤーズ会則」によると、制度がなくなる場合は「3ヶ月前に会員に通知」となっている。

第1条(名称)

本会は、「ANA SUPER FLYERS」と称します。

・・・

第9条(会則の改訂)

本会則の改訂については、ANAがこれを決定します。

第10条(会の改廃)

本会の改廃については、ANAがこれを決定し、その3ヵ月以前に会員に通知します

ほい。
そんな感じ。