ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン

ANA国内線「ボーナスプレミアムポイント」キャンペーン、1区間につき1000PPを付与

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン

ANA国内線「ボーナスプレミアムポイント」

ANAがプレミアムポイントのボーナス・キャンペーンを実施する。
1区間につき1000ポイントを付与するもので、期間は4月25日から7月31日。
エントリー不要の、ワイドオープンなキャンペーンとなる。

公式サイトはこちら。
ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン

対象運賃は、積算率75%以上のANA国内線。
積算率75%は、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPERVALUE EARLYなども含まれる。
含まれないのは、個人包括旅行割引運賃(パッケージツアー)やセール料金の「ANA SUPER VALUE SALE」(積算率50%)など。

通常、プレミアムポイントは距離に応じてマイルとは別に付与される。
片道(1区間)でのサンプル(ボーナスなし)は、以下の通り。

  • 羽田-沖縄(片道)=1,476 PP
  • 羽田-福岡(片道)=805 PP
  • 羽田-札幌(片道)=765 PP
  • 羽田-大阪(片道)=420 PP

上記のようなPPに、「1区間につき1000ポイント」が追加で付与されることになる。
往復(2区間)で、本件ボーナスありの場合、以下のような獲得PPとなる。

  • 羽田-沖縄(往復)=4,952 PP (ボーナス含)
  • 羽田-福岡(往復)=3,610 PP (ボーナス含)
  • 羽田-札幌(往復)=3,530 PP (ボーナス含)
  • 羽田-大阪(往復)=2,840 PP (ボーナス含)

プラチナステータスに必要な5万PPを集めたい場合、東京-福岡を14回往復すればOK、とか、そういう感じですね。

ANA PPキャンペーン履歴(コロナ禍)

コロナ禍に入ってから、ANAはプレミアムポイント2倍キャンペーンを何度か実施してきた。
それに比べると今回の「1区間につき1000ポイント」は、よりPPが貯まりやすいキャンペーンになっていると思いました。
※沖縄を除けば、たいていの路線で2倍以上のPPが得られる

コロナ禍に入ってからのPPキャンペーンの履歴は以下。

  • 2020年1月~6月 PP2倍(緊急事態宣言でJALは中止するもANAは完走)
  • 2021年1月 対象者限定PP2倍 (緊急事態宣言ですぐに中止発表)
  • 2021年3月~6月 PP2倍
  • 2021年7月~9月 PP2倍(延長)
  • 2021年10月~11月 PP2倍(延長)
  • 2022年4月~7月 1区間につき1000PPボーナス(今回発表)

また過去の履歴をみた感じで言うと、8月以降の再度実施(延長)もワンチャンあるかもな、と思いました。

ANAステータスに必要なPP数

ANAの上級会員獲得に必要なプレミアムポイント(PP)は、ブロンズ=3万PP、プラチナ=5万PPなど。
最近始まった「ライフソリューションサービス」を加味すると、以下のようになる。

条件ブロンズ
(通常3万PP)
プラチナ
(通常5万PP)
ダイヤモンド
(通常10万)
ダイヤモンド
(通常10万)
ダイヤモンド
+More
プレミアム
ポイント(PP)
1.5万pt3万pt5万pt8万pt15万pt
対象サービス4つ7つ7つ7つ
(旧4つ)
7つ
ANAカード
ANA Pay決済額
300万円400万円500万年400万円600万円

ほい。

そんな感じ。