ベトナム・ホイアンACCOR系列「ホテル ロイヤル ホイアン」(Hotel Royal Hoi An)に泊まった

ロイヤル ホイアン

ホイアンで「ホテル ロイヤル ホイアン」に泊まった。
川沿いにある、ACCOR系列のホテルである。

f:id:tonogata:20180603131849p:plain:w600


宿泊したのは、グランドデラックスルーム。

f:id:tonogata:20180603132203p:plain:w600

そこそこの広さ。
作りは全体的に古い感あり。

部屋の中には、浴槽がポツンとある。
カーテンで仕切ることもできた。

f:id:tonogata:20180603132252p:plain:w600

小さなベランダがついていた。
リバービューの部屋。

f:id:tonogata:20180603132335p:plain:w600

ベランダのサイズが小さすぎるので、何をするというワケでもないが・・・

まぁ、眺めは良かったかな。

f:id:tonogata:20180603132444p:plain:w600



プール

ホテルの1Fにプールがあった。

f:id:tonogata:20180603132543p:plain:w600

ホイアンは、暑い。
自分が行った5月も、最高気温は30度を超えていた。

しかし湿気はさほどでもないため、木陰に入るだけでも涼しい。
更に風があれば、天国のように快適だ。

その点、このプールサイドはいい感じの日陰で、風の通りも良い。
居心地が、かなり良かった。

f:id:tonogata:20180603133009p:plain:w600

ベトナムの甘いアイスコーヒーを飲んだりして、ゆっくりできたなぁ。。。

ちなみにコーヒーは、砂糖・ミルクなしも選べた。
しかし暑いベトナムにいると、たまに甘ったるいベトナムコーヒーを飲みたくなったりするんだな。
これが。

ドリンクの値段は不明。
ACOOR会員(平)だからか、チェックイン時にドリンク一杯無料券をもらったので、それを使った。


朝食

朝食付きのプランではなかったが、ホテルの朝食も試した。
これもACOOR会員(平)だからか?、チェックイン時に25ドルのバウチャーをもらったので、それを使った形。

f:id:tonogata:20180603141425p:plain:w600


朝食は、普通に食べると25ドル。

f:id:tonogata:20180603133446p:plain:w600

品数は普通にあったけど、多くはない。
さほど特色もなかったかな。

25ドルでコレなら「外で食いたいかなぁ」という感。

f:id:tonogata:20180603133548p:plain:w600

ただまぁ、最終日も外にでるのが面倒だったので、結局有料で食ったんだけど。


周辺の様子

ホテルの周辺には、徒歩圏内にミニマートが何軒かあった。

f:id:tonogata:20180603134549p:plain:w600

夜の散歩しながら、アイスクリームとか水を買えて便利だった。


ただ飲食店は、旧市街の方にでる必要がある。

ホテル前の川を10分歩くと、観光地の旧市街。
夜はランタンがキレイな街だ。

www.bousaid.com

そういう意味では、ホイアンの夜を楽しむには最高の立地と言える。
フワッと歩いて行って、飲んで食って、歩いてホテルに帰ってこれる。

ロケーションについては、非常に満足度が高かったですね。


歩いてアンバン・ビーチ

ホイアンから少し離れたところに、アンバン・ビーチがある。
ホテルから歩いて50分。

普通はレンタル自転車か、タクシーで行く。
レンタル自転車は、このホテルでも貸し出しがあった。

自分の場合は、歩いて行った。
「ゆっくり歩いて、ジワジワと目的に迫る」というのが好きなので、ついつい「とりあえず歩いてみるか」とスタートしちゃうんだな。

鬼のように遠いし暑いしで、最後は後悔することになるんだけど(笑


まずは、民家の間をぬうように歩いて行く。

f:id:tonogata:20180603134340p:plain:w600

そのうち田園地帯にでて、農道をひたすら歩く。
景色が最高だったな、ここら辺は。

f:id:tonogata:20180603135208p:plain:w600

後半は車道にでて、ひたすら歩く。
牛さんもみかけた。

f:id:tonogata:20180603135249p:plain:w600

途中、車道をトボトボ歩く当方を見かねたのか、バイタクの運チャンに「乗るか?」と2度ほど誘われた。
しかし「いや、歩いて行きたいんだよ」と応えると、「ヤメトケ、暑すぎる」「オマエ、頭おかしい」という手振りをしつつ去って行った。

確かに、猛烈に暑かった。

歩き始めて1時間、ようやくビーチに到着。

f:id:tonogata:20180603135554p:plain:w600

うぉおおおおっ!!

って思った。

当方、大歓喜。


なお、帰りはタクシーを使った。
メーターで、6.7万ドン=350円くらい。

他の観光客をみると、結構みんな自転車で行っていた。
眺めも良いので、自転車で行くのはオススメかもしれない。
(最初から最後まで大通りで行くと眺めも特にないが、GoogleMapsでひいたルート通りに行くと、民家や田園地帯を通るコースで面白いと思う)


レイトチェックアウト

部屋に、空港送迎のチラシがあった。

空港までレギュラーセダンで、60万vnd。
日本円では、2900円ほど。

メーター・タクシーを使う手もあるが、ホテルの送迎を使うと無料のレイト・チェックアウトがつくらしい。
(ただし部屋の空き状況次第)

f:id:tonogata:20180603141507p:plain:w600

レイトチェックアウトしたかったので、こちらでお願いした。

目的地は空港ではなく、SPG「シェラトングランド・ダナンリゾート」。
空港よりはちょっと近いんだど、送迎料金は安くならなかった。

www.bousaid.com


まぁ平会員でも無料でチェックアウトできるなら、安いもんかな、と。



そんな感じ。