幻想的なランタンで彩られるベトナム世界遺産の街「ホイアン」は、雰囲気が最高だった

世界遺産のホイアン旧市街

ベトナムのホイアンに行ってきた。

ホイアンには古い建築が残る旧市街があり、「ホイアンの古い町並み」として世界遺産に登録されている。
ホイアン – Wikipedia

またランタンで有名な街でもある。
通りにはたくさんのランタンが飾り付けられており、暗くなると明かりを灯し始める。

観光地としての「街の範囲」は思ったより広く、道の両側にある土産物屋レストランを眺めながら、フラフラと散策できた。
また、ところどころに観光スポットが点在している。

旧市街はトゥボン川に面しており、橋を歩いて渡るとアンホイ島

アンホイ島の方も、お店がたくさんある。

ベトナムは暑かったが、川の両岸は風も通って非常に気持ち良かった。

川岸にちょっと腰掛けたりもできるので、なおさらマッタリできる。

なお旧市街に入る際には、観光チケットを購入する必要がある。
1.2万vnd(ベトナム・ドン)、60円くらい。

旧市街の入口、道の端っこに小屋があり、そこでチケットを購入する形。

この小屋の中からスタッフが、「チケットを買ってください」と呼びかけてくる。
しかし呼びかけてこない場合の方が多く、最初はチケットが必要ということを知らずに出入りしていた(笑

ランタンと灯籠

ホイアンの旧市街、夕方になると・・・

少しずつ、ランタンが灯りはじめた。

夜になり、暗くなると・・・

カラフルなランタンの光が、満開に街を彩る。

川岸を離れ、旧市街へ。

狭い通りにたくさんのランタンが灯り、幻想的な雰囲気。

大量のランタンだ。

どこまでも、ずーっと続く。

人混みを歩くのに疲れてで、裏道へ。

しかしそこでもランタンが辺りを優しく照らし、ノスタルジックな雰囲気を醸し出すのであった。

街を抜けて川に戻ると・・・

たくさんの小舟が、ランタンを掲げて川に浮かんでいた。

観光客を乗せている。

観光客は、紙とロウソクの灯籠をボートから川に流しているようだった。

ふと上流を眺めると・・・

夜空に煌めく星がごとく、ランタンと灯籠の灯火。

キレイだなぁ、と。

一方で、毎晩こんなに大量の灯籠を流して、川は大丈夫なのかな?とちょっと心配に(笑
(自分がみた2日間は、毎晩こんな感じだった)

なおホイアンについては、毎月旧暦の14日にランタン祭りがある。
そこら辺の話は以下を参照。
ホイアンのランタン祭り | ベトナムナビ

自分はランタン祭りの日にも行ってみたが、そうじゃない日とあんま変わんなかった印象。
まぁ2日間しか見てないから、何とも言えないけど。

屋台やレストラン

夜も更けてくると、腹が減ってきた。
メシの選択肢は、いろいろある。

アンホイ島のストリートには、夜になると大量の屋台が出現していた。

↓は屋台で買った、ベトナム風のライスペーパーのピザ

これ、1万vnd=50円。
安い。

他にも串焼きとかクレープとか、いろいろ屋台があった。

バインミー(ベトナムのサンドイッチ)の屋台もあった。
お値段は3万vnd=140円。

具材はいろいろ選べたんだが、「お、ホットドッグ風のもある」とか思ってチョイスしたところ・・・

失敗しましたね。
普通のバインミーにしときゃ良かった(笑

まぁそんなこんなも、楽しいのが屋台巡り。

屋台以外にも、たくさんのレストランがあったり、オシャレなカフェがあったり。

メシ事情も、なかなか充実してました。

あ、あと「CONG CAPHE」もあった。
今回は行かなかったけど。

ハノイ「CONG CAPHE」で名物のヨーグルト・コーヒー(Sua chua ca phe)を飲む

まとめ

中国建築の古い街並みに、大量のランタン。
賑やかな屋台村や、川を流れる灯籠。

どこかノスタルジックで、箱庭的な居心地のいい観光地だった。

特徴的なのは、やはりトゥボン川。
この両岸をふらふら歩くだけでも、風が気持ちいい。

飲み食いしながら散策できるので、自分好みでしたね。
今回はホイアンに3泊したが、夜はいつも旧市街をフラフラしていた。

近くには最近露出が増えてきたビーチ・リゾート「ダナン」もある。
車で20-30分ほどの距離。

セットで訪問、なかなか良かったです。

そんな感じ。