「やってはいけない歯科治療」、銀歯をいれた人は読んでおきたい

10年以上前に虫歯治療で、銀歯(クラウン)をいれた。
最近になってちょっと感触がおかしいことから、歯医者で銀歯を砕いて開けてみてもらったところ、銀歯の中で虫歯が育っていた。

現在は、その虫歯を再度削り、「根の治療」を根気よくやっている最中。
銀歯をあけてくれた担当の歯科医は、その10年以上前の歯医者の処置を指して「いい加減な治療しやがって」とブツブツいいながら、「根の治療」に取り組んでくれている。

それはともかく、「昔入れた銀歯は処置が甘い」という話をきいて、最近でた「歯科治療」の本を読んでみた。

やってはいけない歯科治療(小学館新書)

やってはいけない歯科治療(小学館新書)

・虫歯を再発させる“手抜き”の「銀歯」の存在
・歯を削り、抜くことを当然と考える歯医者たち
・歯周病治療を受けているのに歯を失ってしまうワケ
・危ないインプラント手術の現場に潜入
・「感染予防」実施率5割!歯医者の危険な実態

結論からいうと、これは良本だった。

銀歯(インレー、クラウン)をいれたことがあるなら、1度読んでみて損はないと思う。
割とマジで。

個人的なポイントとしては、
・保険治療の点数設定のために、銀歯治療に偏る
・銀歯は、虫歯再発しやすい
・インプラント治療の問題点

ここら辺の業界的な構造や現場の話が読めて、面白かった。


さて。

そして本書に対する指摘が「歯チャンネル88」の田尾耕太郎氏からAmazonレビューででている。
こちらも必読。

関係ないが、自分はよく「歯チャンネル88」の掲示板を参照したりする。
内容は「自費治療」に寄っているが、もろもろ参考になる。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88

その田尾氏のレビューについて、さらに本書著者の岩澤氏から反論が出ている。
岩澤倫彦 公式WEBサイト 歯チャンネル・田尾耕太郎氏に徹底反証する
(Amazonの書籍紹介の中に、この「レビューに対する反論URL」も記載されている)

こちらも必読。

自分は歯科治療になんら専門知識をもたない。
しかし上記の指摘&反論を読むと、議論として成立しているようにみえる。

どっちが正しいかは分からないにしろ、参考になると思った次第。


そんな感じ。