区間マイル最短の海外路線誕生、ANA直行便「ウラジオストク」の期間限定運賃が発売開始


2020年3月から、ウラジオストクにANA直行便が就航する。
その期間限定運賃が、10月24日から発売開始となった。

ANAのウラジオストク特集ページについてはコチラ。
ANA ウラジオストク空港直行便 東京(成田)=ロシア線が新規就航

f:id:tonogata:20191024234013j:plain:w600


ウラジオストクについては、「一番近いヨーロッパ」という売出し方をしているようです。
フライト時間は2.5時間くらい。

ただ区間マイルみて驚いたんだけど、ウラジオストクってソウルより区間マイルが短いんですね。

今までは、区間マイルが一番小さい海外はソウルだったけど、今後はウラジオストクが首位の座に。

なおSFC修行のPP(プレミアム・ポイント)的にいうと、路線倍率(アジア1.5倍)もつかないので、ソウルより獲得PPは更に少なくなる。
→訂正 路線倍率1.5倍つきます

※東京発でプレエコ(100%)の場合

PP ウラジオストク ソウル
区間マイル 676マイル 758マイル
運賃倍率 100%の場合 100%の場合
路線倍率 1.5 x 1.5 x
搭乗ポイント 400pt 400pt
片道合計 1414PP 1537PP


ウラジオストクの期間限定運賃が出ていたので、チェックしてみます。

f:id:tonogata:20191024235233j:plain:w500

ビジネスクラス(往復)で、10万5千円。
燃油代を乗っけると、11.2万円。

ただし予約クラスPのため、積算率は70%。
往復での獲得PPは、約2218PPとなる。


まぁそのうち、就航記念のキャンペーンか特別運賃がでるかもしれないですね。

インド・チェンナイ就航では、特典航空券のハーフマイル・キャンペーンを実施していた。
ANAビジネスクラス往復が3万マイル、成田-チェンナイ線の特典航空券で半額キャンペーン - やじり鳥

オーストラリア・パース就航では、ダブルマイル・キャンペーンを実施していた。
成田-パース線のダブルマイル・キャンペーン - やじり鳥


なおウラジオストクについては、2018年に「地球の歩き方 Plat」が発売されている。
一冊まるまるウラジオストクのみという、なかなか特異なガイドブックです。

地球の歩き方 Plat17 ウラジオストク (地球の歩き方Plat)

地球の歩き方 Plat17 ウラジオストク (地球の歩き方Plat)


ANA直行便も就航することだし、今後はウラジオストクも盛り上がっていくのかもしれないですね。
分かんないけど。


ほい。

そんな感じ。