ANAビジネスクラスの特典航空券でメキシコに行ったら、マイルの価値は7.1円だった。


マイルの価値

ANAマイルを使い、ビジネスクラス特典航空券でメキシコに行ってきた。
ビジネスクラスでANA最長路線のメキシコに行ってきた。フルフラット座席と美味しかった機内食など。 - やじり鳥

使用したマイル数は8.5万マイル(往復)。
別途必要だった諸税(現金)は、26,890円。
※特典航空券でも、燃油代などの諸税は別途現金で払う必要がある

出費(マイル) 85,000マイル
出費(現金) 26,890円

これを現金で買った場合の料金と比較して、今回のメキシコ旅行でマイルを使うことが妥当だったのか確認する。

自分の場合、マリオットで購入したポイントを、ANAマイルに交換している。
この場合、1マイルあたり2.5円くらいで購入していることになる。

このため、特典航空券で利用したマイルが、1マイルあたり2.5円以上の価値を発揮できていなければ、単純に損をしたことになる。
できれば、2.5円を2倍以上は超えておきたいところ。

また、もし今回のフライトでのマイルの価値が1.6円以下であったなら、現金でなくSKYコインを使った方がマシだったということにもなりかねない。
最低でも1マイルあたり1.6円は超えておきたい。

ということで、今回もまた検算チェックしてみようかな、と。


現金で買った場合

今回は、急遽1週間の休みがとれることになり、1ヶ月後の旅行を予約することになった。
結果的にはマイルを使ったのだが、特典航空券の予約と同時に「同日程を現金で買った場合」の予約画面(決済直前)もキャプチャして記録している。

現金でビジネスクラス(Z)を購入した場合、費用は689,890円だった。
約69万円ということで、まぁ普通に出費が難しい金額ですね。

f:id:tonogata:20191216000152j:plain:w400

ただし、現金で買った場合はマイルを獲得できるというプラスの面もある。

フライトマイルについては、+17,506マイル(SFC所有)。
ANAカード決済によるショッピング・マイルは、+6,898マイル(100円につき2マイル)。
合計すると、+24,404マイル。

出費(現金) 689,890円
獲得マイル 24,404マイル

この出費(現金)と獲得マイルを、特典航空券での出費と相殺した上で、1マイルあたりの価値をチェックしてみようというワケ。


マイル単価

現金で買った場合なら獲得できていたであろう「獲得マイル」を相殺考慮しつつ、1マイルあたりの価値を「マイル単価」として計算してみる。
結果的には、1マイル=6.1円となった。

※旧計算 (1)有償航空券 (2)特典航空券 計算
現金 689,890円
(チケット代)
26,890円
(諸税のみ)
663,000円
*(1)-(2)
マイル 24,404マイル
(獲得マイル)
85,000マイル
(出費マイル)
109,404マイル
*(1)+(2)
マイル単価 - - 6.1円
*(1)/(2)

※2019/12/17追記
下記コメントで計算方法についてアドバイスいただきました。
その新しい計算方式だと、マイル単価(マイル利用時の単価)は、7.1円になる。

※新計算 有償航空券 特典航空券
現金 ①689,890円
(チケット代)
②26,890円
(諸税のみ)
マイル ③24,404マイル
(想定獲得マイル)
④85,000マイル
(出費マイル)
マイル
購入単価
- ⑤2.5円
(マリオットpt経由)
マイル単価
(利用時単価)
(①-②)-(③*⑤) / ④
でマイル単価を計算…
7.1円


今回の特典航空券で使ったマイルは、1マイルにつき7.1円分の価値を発揮できたという形。
及第点である2.5円・1.6円は超えたので、まぁまぁかな、と。

例えば普段の生活でANAカードを使ってマイルを貯める場合、100円につき1マイルが加算される。
その1マイルが7円くらいの価値を発揮できるということであれば、なかなか良い話のように思いますね。
楽天カードで100円につき1ポイントを貯めるより、全然いい。

ただ自分の場合、貯蓄マイルをブーストするためにマリオット・ポイント(有料で買った分)などもつぎ込んでいるので、今後もマイル利用時のコスパは常に意識しないとな・・・と。

自分の過去の実績では、だいたい国際線の長距離ビジネスクラスはマイル単価5~6円くらい。
マイルの価値 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

この実績単価については、路線・時期や座席クラスなど使い方によって変わる。
結果、各人それぞれ異なってくるとは思います。


最後に、「ビジネスクラス(マイル)でなく、エコノミークラス(現金)で節約した方が良かった?」という側面について。
物理的に言えば、別にエコノミーでも行けるわけですしね。

ビジネスクラス特典航空券を予約すると同時に、エコノミー(現金)での予約画面(決済直前)もキャプチャしてある。
エコノミークラス(18万円)とビジネスクラス(8.5万マイル)を相殺考慮して、上記と同様に計算した場合、マイル単価は1.6円

SKYコインへの交換は1マイル=1.6円なので、ちょうど今回のマイル単価(ビジネスクラス)と同じ。
つまり、「マイルをSKYコインにして、片道14時間のメキシコ線を頑張ってエコノミーで行く」=「マイルで特典航空券にして、ビジネスクラスで行く」=マイル単価1.6円。

ただまぁ自分の場合、エコノミーで苦痛なしでいけるのは東南アジアの6-7時間くらい。
仕事でもない趣味の旅行であれば、片道14時間をエコノミーで頑張りたくないな、というのが正直なところ。
エコノミー縛りで1週間の休暇を使うなら、もうちょい近場にしちゃうかな。。。


ほい。

そんな感じ。