ANAインターコンチネンタル石垣リゾート コーナールームの広いバルコニー

IHG「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」宿泊メモ(ビーチ・プール・部屋)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート コーナールームの広いバルコニー

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

石垣島にある「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」に宿泊した。
IHG系列のホテルとしては、国内最南端にあるビーチリゾートである。

IHG「ウィークエンド無料宿泊券」を使った宿泊で、この宿泊券を早めに消化しておこうと思いまして。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 外観

ANA直行便で、羽田から石垣島に到着。
空港からホテルまでは、バスで向かった(450円)。
東運輸株式会社  路線バス案内

ホテルからの送迎をつける場合、小型車(最大4名)で2,300円、ジャンボタクシー(最大9名)で4,000円。
距離が近いので割と安く、人数が多い場合は送迎も良さげ。

当方スパイア会員のため、アーリーチェックインとレイトチェックアウトを事前にメールでリクエストした。
レイトチェックアウトは16時までOK、アーリーチェックインは「がんばります」的な回答だったが、結果的には13時頃に無事チェックインできた。

なお、インターコンチネンタル石垣は、2020年7月に2棟の「ベイウィング」と1棟の「クラブインターコンチネンタル」の計3棟を新設している。
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート、日本初、1棟まるごとが「クラブインターコンチネンタル」カテゴリーの新ウィング含む新館3棟

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 施設マップ ベイウィング

今回自分が宿泊したのは、昔からあった「オーシャンウィング」(台形の形をした建物)。
ベイウィングとオーシャンウィングは近くにあり、徒歩1,2分の距離。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 施設マップ オーシャンウィング

さて。

例によって、飲食・AMB券実績は別日の記事にまとめようかと思います。
今回は、部屋・ビーチ・プールの話にて。

それでは早速、れっつらゴー!!

部屋(プレミアムコーナー・オーシャンルーム)

今回泊まったのは、「プレミアムコーナー・オーシャンルーム」
アンバサダー資格でアップグレードされた部屋だが、これがまた、なかなか良い部屋だった。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート プレミアムコーナー・オーシャンルーム

広さ40㎡ということで、十分な広さ。

バルコニーからは、マエサトビーチサンライズプールが一望できる。
テーブル・チェアも置いてあって、いい感じです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート プレミアムコーナー・オーシャンルーム バルコニー

早朝に部屋から眺めるサンライズは、最高に爽やか。
やはりビーチリゾートのサンライズは、いいねぇ・・・と。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート サンライズの眺望

そしてコーナールームだけに、もう一面のバルコニーあり。
こちらがまた、広くて最高でした。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート コーナールームの広いバルコニー

このバルコニーには、ベッドもおいてあった。
ここに寝転びながら、朝はコーヒー、夜はビールを飲むのが日課でした。

まぁ「日課」って言っても、2泊3日だけど。

昼は暑いながらも、朝夕は風も吹いてグッと涼しくなる。
高層階だったので、なおさら風が気持ち良かった。

部屋に備え付けのコーヒー(ドリップポッド)は3種類あり、それぞれ味の違いを楽しめた。
普段はドリップバッグ派の当方も、納得の品揃え。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 部屋に備え付けのコーヒー

そのほか。

部屋内にはシャワーブースあり。
お湯の出もよく、申し分なし。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート プレミアムコーナー・オーシャンルーム シャワーブース

基本はシャワーブースを使っていたが、浴槽もあった。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート プレミアムコーナー・オーシャンルーム 浴槽

部屋については、バルコニーが広くて非常に満足でした。

リフレッシュ、できました。

プール(サンライズプール・サンセットプール・屋内プール)

ホテル内にプールは4つある。

  • サンライズプール(オーシャンウィング側)
  • サンセットプール(ベイウィング側)
  • クラブインターコンチネンタル・プール
  • 屋内プール(サンライズプール奥)

「クラブインターコンチネンタル・プール」は、お値段が高めのクラブインターコンチネンタル・ルームに宿泊した人しか使えない。
今回、自分は対象外なのでチェックしておらず。

その他のプールは、宿泊者なら誰でも使ってOK。

サンライズプール(オーシャンウィング側)は、最も大きなプール。
上から俯瞰すると、以下のようなサイズ感。
※写真の真ん中にある細長い部分は飾りの水路で、泳げる深さではない
※サンライズプールの奥にある2階分の高さの建物が屋内プール

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート サンライズプール 俯瞰図

ちなみにサンライズプールの長さを当方の「平泳ぎ」で表現すると、片道4分である。
過去にダナンのシェラトンで測ったときは、片道9分だった。
ベトナムのビーチリゾート「シェラトングランド・ダナンリゾート」、全長250mの超ロングプールが最高だった

コロナ影響で、プール監視員は配置していないとのこと。
タオルはプール周辺に積んであるのを、自由にもっていくスタイル。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート サンライズプール

滞在中、自分はずっとこちらのプールで過ごした。
サンセットプールの方が人が多く、混雑していたため。

こっちはスカスカでしたね。

サンライズプールの奥には、屋内プールもある。
温かい海水のプールらしいが、自分は使わなかった。
※インドアプール(水温31℃)ジャグジー(水温34℃)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 屋内プール

サンセットプールは、横にレストランSALTIDAがあり、飲食も可能。
ホテル建物からも近く、人が多く賑わっていた。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート サンセットプール

カバナはチェックイン後より予約可能、5時間で6000円。
時間枠は、7:30~12:30・13:00~18:00。

訪問前はカバナの利用も検討していたが、現地でチェアとカバナが狭いスペースにひしめき合っている光景を見てやめた。
コロナ云々ではなく、もうちょい間隔的にプライベート感のあるカバナなら、使ってみたかったですけどね~。

※別角度から引いて撮ったサンセットプール↓

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート サンセットプールの浅瀬

なおサンセットプールは、夜22時までナイトプール営業も実施していた。
※サインライズプール側は夜になると消灯

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート ナイトプール

マエサトビーチ

ホテル前には、マエサトビーチがある。

宿泊者はチェア・タオルが無料。
ちなみに奥の方には、クラブインターコンチネンタル専用のチェアも用意されていた。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート マエサトビーチ

マエサトビーチの波打ち際は、やや岩盤がむき出し
海に入っていくと岩も減るが、マリンシューズを持っていくと便利ではある。
尖った小石も点在しており、裸足で踏むと痛そう。

マエサトビーチの波打ち際

海の透明度は、申し分ない。
キッズ向けのオーシャンパーク(浮き構造の遊具施設)もあり。

マエサトビーチの透明度

泳げる範囲はネットで囲まれ、割と狭めに指定されている。
クラゲ防止ネットで囲まれてるのは有り難いんだけど、ネットなどで遮られることなく水平線と一体化できるタイプのビーチの方が、個人的に好みではある。

しかし、インターコンチネンタル万座よりは泳げるエリアが広く感じた。
比較的空いている時期だったこともあり、ここのビーチは寛げましたね~。

なかなか良いビーチだったと思います。

なお、こちらのビーチはレストランへのオーダーもできる雰囲気はなかった。
コロナ影響か、スタッフ自体も全然いなかったし。

よってビーチでの飲食は、ちょっと難しいかな。

ウォークスルー・レビュー

恒例の「部屋からビーチまで歩く動画」を撮ってきた。
iPhone11 Proで撮影。

朝食・レストラン

飲食関係は、下記へ。

まとめ

今回はバルコニーが広く好みの部屋だったので、最高だった。
部屋が違ってたら、また印象も変わったかも。

プールも結構広かったし、ビーチも可。
ビーチリゾートにきたなぁ~って感じだった。

ただコロナ影響で閉まってるレストランも多く、飲食環境がちょっとアレだったかなぁと思います。

ほい。

そんな感じ。