IHGが提携クレカを含むポイント販売を加速する可能性

ロイヤリティプログラム手数料に関する契約変更

IHGがロイヤリティプログラム手数料に関する契約変更を発表。
これに関して米系サイトでの解説・考察があり興味深かったので、メモにて。

サマリーは以下。

  • IHGにはロイヤリティ・プログラムを運営する「システム基金」があり、販促やマーケを担う
  • 各ホテルは収益の3-5%を「システム基金」に支払う必要がある
  • IHG自身も、提携クレカや個人にポイントを販売した時の収益を「システム基金」に入れる
  • 今回の契約変更では、各ホテルやIHG自身が「システム基金」に支払う料率が減った

IHGはポイント販売の売上から「システム基金」に入れる部分が減り、より多く「利益」としてカウントできるようになる。
例えば提携クレカで銀行にポイントを売る場合の利益が増える。

一方、システム基金=ロイヤリティ・プログラム運営の資金は減る。
別途ブランド使用料(収益の5~6%)を払っている各ホテルとしては、販促の資金が減ることは必ずしも良い話とは言えない。
しかし「システム基金」への支払いが減ることから、この契約変更を了承したものと思われるとのこと。

提携クレカを拡大したいと語るIHG

SkiftのIHGインタビュー記事によると、IHGは提携クレカを強化しようとしている。
IHG CEO Sees Credit Cards as Key to Unlocking More Growth

サマリーは以下。

  • IHG提携クレカが使われると、カード会社はIHGからポイントを買ってクレカ利用者に還元する
  • この提携クレカでのポイント販売による利益は、もっと大きくなるとIHGは考えている
  • IHGは、「マリオットやヒルトンはIHGの10倍くらいを提携クレカで稼いでいる」と推測しているからだ

ということで、IHGには提携クレカを強化するモチベーションがあり、それを明言もしている。

利益率を高めるための、システム基金に関する契約変更も実施した。

IHG 提携クレカ 米国

感想

そろそろ日本でも、IHG提携クレカを出して欲しいでござる。

ほい。

そんな感じ。

この記事を書いた人 Wrote this article

tonogata
TOP