第2回ボーナスFLY ON ポイント

JALがステイタス会員にボーナスFOP付与(2回目)、ダイヤ維持向けは計75%配布

第2回ボーナスFLY ON ポイント

第2回ボーナスFLY ON ポイント

JALがステータス会員向けに、ボーナスFOPを付与する。
コロナ影響で搭乗の機会が減っていることから、ステータス維持の救済措置として配布されるもの。

同内容のボーナスFOP付与は2月にも実施しており、今回で2回目となる。
第2回の付与は、9月末から10月に配布予定。

公式サイトはこちら。
2021年度FLY ON ステイタス会員の方へ ~2021年秋~第2回ボーナスFLY ON ポイント(2021年分)積算について

第2回ボーナスFLY ON ポイント

10月に配布されるボーナスFOPは以下。

2021年度
ステイタス
第2回ボーナス
FOP付与(10月)
第1回ボーナス
FOP付与(2月)
ボーナス
FOP合計
到達
基準
JMBダイヤモンド35,00040,00075,000100,000
JGCプレミア17,00028,00045,00080,000
JMBサファイア10,00015,00025,00050,000
JMBクリスタル4,0008,00012,00030,000
FOP= FLYONポイント数

対象は、2021年度のステータス・ホルダー。

2019年にステータス基準に到達して、2021年度のステータス延長措置を受けている人も対象。
2021年1月以降にステータス基準に達成した人は対象外。

  • ○:2019年度 基準到達→2020年度ステータス→2021年度 延長措置
  • ○:2020年度 基準到達→2021年度ステータス
  • ×:2021年度 基準到達→2022年度ステータス

これ、第1回目の公式サイトのアナウンスで、最初は「2021年7月までに基準到達した人も対象」だった。
しかし2021年1月時点で公式サイトの記載が変更となり、「2021年に入ってから基準到達した人は対象外」となったようだ。

いずれにせよ、1回目と2回目を合わせると、結構なFOP数になる。

ダイヤモンド会員については、実質的な延長措置。
それ以外については、5割負担みたいな感じですね。

一方で、到達基準が下がったり、ロールオーバーするわけではないので、ステータス維持のために2021年に修行しまくっていた場合は、ちょっと、こう、オーバーキル気味になってしまいますね。。。

サービスセレクション2022

JGCプレミア・ダイヤモンドの特典であるサービスセレクションについて、上記公式ページで補足説明あり。

サービスセレクション対象者は、上述のボーナスFOP(第1回・第2回)を除いたFOP合計で、基準に到達している必要があるとのこと。

なんか長々と条件が書いてあるので流し読みしかしてないが、多分そういうことかと思います。

気になる場合は、自身の目でチェケらっちょ。

ほい。

そんな感じ。