読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LCCの「機内持込」可能サイズの比較一覧&適合サイズのスーツケース一覧(ハード/ソフト)

LCC スーツケース 旅行用アイテム 海外旅行

持ってるスーツケースがちょっとデカくて、LCCの機内持込NG。
それに、重い。4kg。
イマドキだと、2kgのスーツケースとかあるのに。


軽くて、LCC機内持込が可能なスーツケースを検討したいな、と。
 


以下、詳細にて。



よくみる「機内持込サイズ」とは?


一般的に説明される、「機内持込サイズ」は、以下。

機種サイズ 3辺の和 H(cm) W(cm) D(cm) 重量(kg)
100席以上 115cm以内 55cm以内 40cm以内 25cm以内 10kg
100席未満 100cm以内 45cm以内 35cm以内 20cm以内 10kg


ANAもJALも、国内線の「100席未満」は「幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内」なので注意。
JAL国内線 - 機内に持ち込み可能なお手荷物
手荷物[国内線]│航空券│ANA国内線



「100席未満」とはなにか?


そもそも、「100席未満」の飛行機ってなんだ、という話。
ちなみに現在、ボーイング社・エアバス社は100席未満は作ってない


では、どういう路線で使われているのか?


例えば、ANAとJALが運用している機種は以下で確認できる。
http://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/
機内座席配置 - JAL国内線


「100席未満」は、いわゆる「プロペラ機」というヤツですね。
ANAの場合、

  • ボンバルディアDHC8‐Q300
  • ボンバルディアDHC8‐Q400

いずれもボンバルディア社の機材で、路線的には以下の2路線で使われてる(時刻表を参照)

  • 東京-大島
  • 東京-三宅島


JALに関しては、鹿児島や沖縄からの離島行きが、大抵プロペラ機。
「機種名」のところが、767とか772みたいなボーイング社のモノでなく、「DH4」(ボンバルディア)、「E70」(エンブラエル)のような型番の場合、プロペラ機なので注意。


ただ「100席未満」の基準は、「奥行きが20cm以下」とかなり厳しく、「ハードキャリー」のスーツケースでは、選択肢が実質ない。
そんなハードキャリーは、見たことない。


ソフトキャリーであれば、いけるヤツもあるので、「100席未満」はソフトキャリーで考えたい。



100席以上&LCC考慮の「機内持込サイズ」


上記のように遭遇率が少なそうなので「ハードキャリー」については「100席未満」はスルーする。


LCCを考慮した、海外渡航が可能な「機内持込可能」サイズ。
これが知りたい。
LCCは、100席云々とは別に、荷物制限が厳しい。


まず、LCCの制限一覧。

航空会社 H(cm) W(cm) D(cm) 重量(kg)
Peach 55 40 25 10
ジェットスター 56 36 23 7
バニラ・エア 56 36 23 10
香港エクスプレス 56 36 23 7
エア・アジア 56 36 23 7
V Air 56 36 23 10
タイガーエア台湾 54 38 23 10
春秋航空 40 30 20 5

※2014/11/30修正 ジェットスターは2014/12以降10kg→7kgへ


「春秋航空」はサイズ云々の前に、5kgが厳しい
軽めのスーツケースでも2kgする。
話にならないのでスルーで。


あと、「タイガーエア台湾」の高さ54cmも、結構厳しい。
大抵のスーツケースは、小さいのでも高さが55cmになっている。
まぁ、台湾だったらスーツケースじゃなくて、普通のバッグでいけば良いんじゃないかと。。。


で、まとめ。


「春秋航空」と「タイガーエア台湾」を除く、LCCに対応のサイズは以下。

H(cm) W(cm) D(cm) 重量(kg)
55cm 36cm 23cm 7kg


これに合うスーツケースが、欲しいな、と。
↑を基準に探してみる。



LCCもOKなスーツケース一覧(ハードキャリー)


ハードキャリー部門にて。


◯=基準以下でOK
☓=惜しいけどNG

- 会社 商品名 H W D kg 容量(L)
- 基準 - 55 36 23 7 -
× リモワ サルサエアー 55 55 40☓ 20 2.4 35
× サムソナイト コスモライト スピナー 55 56 38☓ 21 2.2 33
× サムソナイト アルボックス スピナー 55 55 40☓ 20 2.7 33
× サムソナイト ファイアーライト スピナー 55 55 40☓ 20 1.9 35
× ゼロハリ ZRO Polycarbonate 53 36 24☓ 3.5 30
× ace.(TOKYO) ロックペイントZ(05621) 55 36 24☓ 2.7 34
ace.(TOKYO) パリセイドZ(05582) 54 36 23 3 33
× ace.(TOKYO) ウィスクZ(04021) 54 36 25☓ 2.9 32
プロテカ フラクティ 48 02141 48 34 23 2.7 31
プロテカ マグノン 48 05791 48 35 23 3 32
× プロテカ マックスパス HⅡ 50 40☓ 25☓ 3.1 40
× プロテカ スタリアEX 37L 50 40☓ 25☓ 3 37
× ストラティック レザー&モア/ドイツオリジナルカラー 55 38× 22 2.61 35
A.L.I A.L.I+(ALIのAmazonオリジナル) 54.5 35 21.5 2.6 28
JP design NO.10001-SSサイズ 46 33 20 2.6 24
× JP design NO.10002-Sサイズ 55 33 25× 2.8 31

※L=リットル(容量)
※厳密にいうと、キャスター部分の高さの扱いが航空会社(キャスター含む高さ)とスーツケースメーカー(高さ記載がキャスター含むと55cmを超えてそうでも「持ち込み対応」を謳っている)で違うんだが、ここでは考慮してない


チェックした範囲でOKだったのは、以下の4系統。

  • 日本「ace.」(エース)の「パリセイドZ」
  • 日本「A.L.I」のAmazonオリジナル
  • 「JP design」の「NO.10001-SSサイズ」


以下、それぞれについて。



「JP design」の「NO.10001-SSサイズ」


「JP design」には、サイズごとにスーツケースが用意されている。
LCC機内でもいけそうなのは、一番小さな「NO.10001-SSサイズ」。


つまり、SSサイズ。



ちなみに、Sサイズからはエキスパンド機能(マチを拡張して容量を増やす)があって便利そうだ。
しかし、ここではSSサイズの話。


少し容量が少ないので注意(上表のリットル表記)。
ただ、その分サイズが小さく、小回りがきく。


サイズは割り切って、コンパクトさをとるなら、良い感じのスーツケースかな、と。
口コミ評価も悪くなさそうだし。


TSAロック装備は当然として、仕切にメッシュポケットが付いているのは、ポイント高い。
かなり便利だと思う。


他のメーカーも、これ付ければいいのに。。。



「ace.」(エース)の「パリセイドZ」

ビジネスバッグの国内最大手ブランド「エースジーン」から、「ace. TOKYO」というレーベルで登場した「パリセイドZ」。
エースジーンと同じ「ace.」系列なので、プロテカと違って価格がお求めやすいかな?
(その分、基本的に重さが3kg程度はする模様)
しかし、なかなか良さそう。





「A.L.I」の「A.L.I+」


※この製品は販売終了した模様


「A.L.I」(アジア・ラゲージ)は、Amazon専用製品の「A.L.I+」のコスパが素晴らしい
サイズ感的にも、規定のギリギリを狙ってて、グッド。



実は「A.L.I」の商品には、「PANTHEON : Mini」、「デカかる2:Coin Locker」、「Ali Max: 100c」など、他にも奥行きが20cm前後の商品もある。
しかし、それらはかなり小型で、容量が20リットル前後しかない。
Products. 商品一覧 | Asia Luggage Inc | アジア・ラゲージ株式会社


LCC適合サイズで28リットルと比較的たくさんの荷物が入るのは、「A.L.I+」くらいなのかな、と。


なお、「A.L.I」がどういう会社なのかは、下記など参照。
(社長インタビュー)
http://special.nikkeibp.co.jp/atcl/TS/T/NBO_t_TMI04180/




「100席未満」とLCCもOKなスーツケース一覧(ソフトキャリー)


「ソフトキャリー」については、結構小さいサイズのスーツケースもある。
なので、LCC&「100席未満」に考慮したものを考えたい。


「100席未満」は、LCCより厳しいので注意。
※下記「基準」を参照

- 会社 商品名 H W D kg 容量(L)
- 基準 - 45 35 20 7 -
ProtecA マックスパス 42 45 35 20 2.2 23
ProtecA マックスパス Ⅱ 42 45 35 20 2.3 23
× ProtecA フィーナ 55× 35 25× 1.7 30
× エースジーン プログリットsi 50× 34 22× 3 32

※サイズは全て「cm」


んー。


国産エースの「マックスパス」。
選択肢はこれかな、、、



やはり、「100席未満」を考慮すると、なかなか厳しかった。
小さめのスーツケースでも、高さがなぁ。。。


ちなみに、「マックスパス」については、ANAとコラボした商品も出ている。
ただし、ANAのオンラインストア「A-style」でしか購入できない。
詳しくは以下を参照。


www.bousaid.com


その他、スーツケースの話。
スーツケース カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

※2015/06/25追記
航空業界の機内持込の雰囲気でいうと、規定が小さくなっても、大きくなることはなさそうで残念。
IATAが「機内持ち込み」可能なスーツケースのサイズ推奨規格「Cabin OK」を提案中だが、更に小さくなるのか? - やじり鳥


「バックパック」の話はコチラ。
バックパック カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


旅行系アイテム全般の話。
旅行用アイテム カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


LCC系の話。
LCC カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


www.bousaid.com


www.bousaid.com