読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール「チキンライス戦争」。「天天海南鶏飯」を支えた料理人が経営者との仲違いから独立、2軒先に開店。その悲しみを、俺が。

シンガポール グルメ 海外旅行

時は2012年。
場所はシンガポール。


20年間の長きに渡り、老舗有名店を支えた料理人が、、、
新しい経営者と衝突して独立。
開いたお店が、2軒先のスグそこ。
客は、どっちにつくのか?


これ、「チキンライス戦争」と呼ばれ、シンガポールの新聞を賑わせたらしい。


今、この時点でも、シンガポールのチャイナタウンの一角では、
壮絶なチキンライス戦争が、毎日のランチタイムに繰り広げられているという。


でも思うの。


そんなのって。。。


そんな悲しい話って、ないよ。


だって。
チキンライスを、、、
老舗の名店の味を、、、
愛する気持ちは、みんな同じハズだ。


やめるんだ。。。
みんな、戦うのをやめるんだ。


俺がッ!!


この俺氏が、今ッ、この場でッ、、、
この戦いを終わらせるッ・・・!!




そーゆー話なんですが。



シンガポール「チキンライス戦争」(チャイナタウン)とは


それで、その。。。


シンガポールと言えば、チキンライス。


分かります。
茹で鶏と、その茹で汁で炊いた米を共に皿へ盛り付けた「ハイナンチキンライス」。
海南鶏飯 - Wikipedia


チキンライスと言えば?
チャイナタウン。


分かります。
チャイナタウンにあるホーカーズ 「マックスウェル フードセンター」。


マックスウェル フードセンター (シンガポール) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー


その「マックスウェル フードセンター」で、最も旨いチキンライスと評価されるのが、、、
「天天海南鶏飯」(Tian Tian Hainanese Chicken Rice)。


Tian Tian Hainanese Chicken Rice (シンガポール) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー


2012年、その「天天海南鶏飯」から、20年間お店を支えた料理人が独立した。
新しいオーナーの経営方針に反発して。


当時の新聞記事がコチラ。


ja.scribd.com


f:id:tonogata:20150725184544p:plain


「天天海南鶏飯」から独立したお店の名前は「Ah-Tai Hainanese Chicken Rice」(アータイ・チキンライス)。
Ah-Tai Hainanese Chicken Rice (シンガポール) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー


新聞の記事を読んで、経緯を追ってみる。


庶民の台所たる屋台村、ホーカーズで老舗として営業する「天天海南鶏飯」。
20年の歴史を経て、2010年にオーナーの娘が新しい経営者となった。


オーナーはビジネスを拡張し、今ではエアコン付きの支店も、いくつか街にできた。
会社は大きくなり、従業員数も屋台の延長だったホーカーズ時代の数人から、30人に増えた。
当然の成り行きとして、社則が設けられ、「社員」は管理される体制へ。。。


料理人のWong氏は言う。

Instead of acknowledging my contributions as a chef there all these years,I was blamed for minor wrongidoings,like not managing my workers well.
長年、料理人として貢献してきた。
その俺が、部下を上手く扱ってないとか、そういう細かいことで非難されるんだ。


オーナーのLoi氏は語る。

He often threatened and shouted at his co-workers over minor slip-ups<略>
彼はよく、他の料理人をちょっとしたミスで、怒鳴ったりするんです。
もう私は小さな屋台の店長ではありません。30人も従業員がいるんです。
彼だけを特別扱いはできないんですよ。


結局、料理人のWong氏は、同僚の料理人を何人か連れて、店を出た。


そして、同じ「マックスウェル・フードセンター」の、それも2軒先に店を開く。
店の名前は、「アータイ・チキンライス」。


チキンライスの値段は、2.5シンガポールドル(225円)にした。
「天天海南鶏飯」のチキンラインスは、3シンガポールドル。


オーナーのLoi氏は語る。

このフードセンターには、すでに4軒以上もチキンライスの店があるんですよ?
どうかしてます。
いったい彼は、何を証明しようっていうんですかね?


料理人のWong氏が答える。

俺のチキンライスを食いに来てた客に、今後も同じ場所でチキンライスを提供するためさ。
「天天海南鶏飯」のオーナーは、引き続き「ビジネス」を続けるだろう。
俺も、俺のチキンライスを作り続ける。
それだけだよ。


これが、2012年の話。


結果はどうなったか?


自分はこの話を、↓の本で読んで知った。


シンガポール¥1000でできること<シンガポール¥1000でできること> (―)

シンガポール¥1000でできること<シンガポール¥1000でできること> (―)


そこでは、「当時の軍配はアータイにあがったが、時が経った今では、やはり知名度の高い「天天海南鶏飯」に人が並んでいる」というようなことが書いてあった。


オーケー。


俺が行く。


俺が行って、この悲しい戦いに終止符を告げる。


いざ、シンガポール!!



「マックスウェル・フードセンター」へ


早速、どじゃーん。


f:id:tonogata:20150725194146p:plain


チャイナタウン駅に到着。


チャイナタウンは観光客で大賑わい。
そんな平和な街を抜け、8分ほど歩くと今回の戦場、「マックスウェル・フードセンター」へ。


f:id:tonogata:20150725194559p:plain


中に入ると、左右にたくさんのお店が並ぶフードコート形式。


f:id:tonogata:20150725194613p:plain


この左右にお店が並んだストリートが、4本ほどある。
なので、お店の数はかなり多い。



「天天海南鶏飯」(Tian Tian Hainanese Chicken Rice)


早速、青い看板の「天天海南鶏飯」(Tian Tian Hainanese Chicken Rice)へ。
庶民派チキンライスでは、最も有名なお店。


f:id:tonogata:20150726005640p:plain


結構並んでますな。。。


看板のメニューを見ると、「チキンライス」は3.5シンガポールドルの模様。
新聞記事の時から、ちょっと値上げしたのね。
315円くらいだから、安いけど。


f:id:tonogata:20150726005733p:plain


早速列に並ぶ。


自分の番がきたら、チキンライスを頼んで、その場で会計。
更に進んで、隣の窓で料理を受け取る。
トレーやら箸が置いてあるので、自分でピックアップ。


そして、きましたチキンライス。


f:id:tonogata:20150726010046p:plain


茹でたチキンと、その茹で汁で炊いた米。


f:id:tonogata:20150726010233p:plain


美味そうです。


しかし。


食ってみると、チキンもライスも、冷めちゃってた。
美味しいんだけどねぇ。。。


こう、冷めちゃってると、なんとも。。。


んー。


やっぱ混雑してる時間はアレなんだろうか。
もうちょい、余裕のある時間にこないと、何ともなぁ。。。



「アータイ・チキンライス」(Ah-Tai Hainanese Chicken Rice)


ふと目をあげると、2軒先には元料理人が独立したという、あのお店が奥に見える。
「アータイ・チキンライス」。
あっちも青い看板にしたんだな。。。


f:id:tonogata:20150726010449p:plain


店の前にきてみると、、、


f:id:tonogata:20150726010615p:plain


おぉ。
空いてる。
全然並んでない。


「こっちも食って見るべし」と思い、中華街を観光してから戻ってきた。


サイズはスモールをチョイス。
3ドル。
約270円。


「天天海南鶏飯」より、50円ほど安い。
しかもスープ付き。


f:id:tonogata:20150726010948p:plain


並ばずに注文できたからか、こっちはホッカホカ。
いい匂いがします。


f:id:tonogata:20150726011058p:plain


夕方だったので、ちょっと写真が暗いのが残念。


しかし。


食べてみると、ホロリとほぐれるチキン、香り立つライス。
最高です。


実に美味しい。


全くの妄想なんだが、これ、日本で言うと牛丼みたいな扱いなのかな?
サッと注文して、スババっとかき込む、どんぶり飯なソウルフード。


いやぁ、いいメシだ。



まとめ


さて。


俺氏は、チキンライスを食いにきたワケではない。
チキンライス戦争を終わらせにきたのだ。
恐縮ながら。


それで。


混雑してて暖かいのが食えなかった「天天海南鶏飯」のことを、考える。
振り返る。


多分、ちゃんと食えれば、すごい美味しいと思うんですよね。
評判通り。


そーゆー意味では、どっちかにお客さんが偏る、列をなす、というのも、、、
悪い面ばかりじゃない。
かもしれない。


結果的に、片方が空いて、できたてが食えるんだから。


とはいえ、一方が閉店するほど閑古鳥が鳴いては、意味がない。


ほどよい緊迫感。
これ、必要。


なるほど。
オーケー。


そういう意味では、、、
チキンライス戦争?


いいぞ。
もっとやれ。


そう、思いました。


※2015/08/17追記
日本にもチキンライスの有名店ができたらしい。
tg.tripadvisor.jp


www.bousaid.com