ANAもJALも燃油代(サーチャージ)が2月購入分から復活。1月内であれば無料。

運賃とは別に必要となる、飛行機の燃油代。
いわゆる「サーチャージ」。


燃油代の値下がりで、2016/4から無料となっていた。
しかし、2017年2月の「発券」(≒購入)から、燃油代が復活する。


逆にいうと、1月以内にチケットを買っておければ、ちょっと安く済む。
(出発日に関わらず、「発券した日」ベースで徴収される)


f:id:tonogata:20170121150047j:plain

発券時期 欧州/北米 ハワイetc タイetc グアムetc 中国 韓国
2017/2 3500 2000 1500 1000 500 200
2017/1 0 0 0 0 0 0
2016/4 0 0 0 0 0 0
2015/12 7,000 4,000 3,000 2,000 1,500 300
2015/8 10,500 6,000 4,500 3,000 2,500 500
2015/4 14,000 8,500 4,000 3,500 3,500 1,000
2014/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2014/8 25,000 16,000 8,000 7,000 7,000 2,500
2014/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200
2013/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/10 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200

※全て片道分の燃油代。往復分なら2倍必要。
※ANAの履歴だが、JALも同じ


ANAもJALも「燃油代」は価格テーブルが設定しており、今回採用されたのは最も安い「A」。
ANAの「燃油特別付加運賃」
JALの「燃油特別付加運賃」
※価格はANAもJALも同じ


ニュースリリースはコチラ。
ANAニュースリリース
JALニュースリリース


さて。


実際に2月以降にチケットを買うと、いくらチケットが高くなるか?
※下記は「往復分」

行き先 往復の燃油代
北米(ハワイ除く)
欧州
中東
オセアニア
7000円
ハワイ
インド
インドネシア
4000円
タイ
シンガポール
マレーシア
ミャンマー
カンボジア
3000円
ベトナム
サイパン
グアム
フィリピン
2000円
香港
台湾
中国
マカオ
1000円
韓国 400円


2014年・2015年に比べると、まだ安い。
しかし、ちょっと高くなる。


なお、現在は「燃油代」は無料だが、いわゆる「諸税」には「燃油代」の他にも「空港施設使用料」等が入っている。
このため、「諸税」自体は無料ではない。
「燃油代」が復活した後は、「諸税」の内訳で「燃油代」が追加されるようになる。
(チケット代に含めて請求される)


また、「国内線」については基本的に「別途徴収」はされていないため、燃油代は関係ない。
(厳密にいうと運賃の中でやりくりされているので、運賃設定に反映されるかもしれないが)


個人的には、1本だけ国際線を予約しようと思っているんだが、いまいち行き先が定まらない。
できれば1月中に予約したいな、とは思ってるんだが・・・。


そんな感じ。


www.bousaid.com


燃油代 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|