燃油代(サーチャージ)が4月購入分から更に値上げ。時代は「Zone B」へ。

f:id:tonogata:20170216213502j:plain:w400

テッテレー♪
「燃油代が あがりましたぁ!!」

時代は「Zone B」へ・・・

おー尿!!
(Oh,No!!)

ちぇけちぇけ。

4月発券から燃油代が値上げ

JALが、4月発券分からの国際線値上げを発表した。

リリースはコチラ。
JAL企業サイト - プレスリリース - 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請

燃油代は、シンガポール ケロシン価格(過去2ヶ月分の平均)に対して、価格テーブルが決まっている。
今回は、その価格テーブルにおける「Zone B」への値上げとなった。

片道分の燃油代 ゾーン A
6,000円以上
7,000円未満
ゾーン B
7,000円以上
8,000円未満
ゾーン C
8,000円以上
9,000円未満
ゾーン D
9,000円以上
10,000円未満
ゾーン E
10,000円以上
11,000円未満
韓国・極東ロシア 200円 300円 500円 1,000円 1,500円
中国・台湾・香港 500円 1,500円 2,500円 3,500円 4,500円
グアム・フィリピン
パラオ・ベトナム
1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円
タイ・シンガポール
マレーシア
1,500円 3,000円 4,500円 6,500円 8,500円
インドネシア・インド
スリランカ・ハワイ
2,000円 4,000円 6,000円 8,500円 11,000円
北米(ハワイ除く)・欧州
中東・オセアニア
3,500円 7,000円 10,500円 14,000円 17,500円

※上記は全て、片道分の燃油代。往復の場合は2倍必要となる。

例えばアメリカやヨーロッパに行く場合、往復で1.4万円の燃油代が運賃とは別に必要になってくる。

現在は「ゾーンA」。
「ゾーンB」になるのは4月発券分からなので、3月末までに発券すればチケット代がその分安い。
(出発日でなく、購入する日付がキーになる)

ちなみにANAも、JALのようにZone名はつけてないが、価格テーブルは同じ。
計算方法も同じなので、ANAも同じような感じでくるんじゃなかろうか。

ANAの「燃油特別付加運賃」
JALの「燃油特別付加運賃」

なお、燃油代がチケット代とは別に徴収されるのは国際線のみ。

国内線は、チケット代にコミコミ価格となっているので、内訳は不明。
つまり、あまりに燃油代があがってくるようだと、国内線のチケット代もフワッとあがってくるのかもしれない。
分かんないけど。

燃油代の推移

自分がチェックしている、2013年からの燃油代の推移は以下。

燃油代は2016/4~2017/1まで無料時代が続いたが、2017/2に復活。
4月からは、更に値段が高くなる。

※価格設定は2ヶ月毎、以下は変化点のみ

発券時期 欧州/北米 ハワイetc タイetc グアムetc 中国 韓国
2017/4 7000 4000 3000 2000 1500 300
2017/2 3500 2000 1500 1000 500 200
2017/1 0 0 0 0 0 0
2016/4 0 0 0 0 0 0
2015/12 7,000 4,000 3,000 2,000 1,500 300
2015/8 10,500 6,000 4,500 3,000 2,500 500
2015/4 14,000 8,500 4,000 3,500 3,500 1,000
2014/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2014/8 25,000 16,000 8,000 7,000 7,000 2,500
2014/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200
2013/12 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/10 21,000 13,500 6,500 5,500 5,500 2,000
2013/4 23,500 15,000 7,000 6,000 6,000 2,200

※全て片道分

4月からの燃油代は、2015/12あたりの水準と同じ。

グラフ的には、キレイなV字回復をみせております。
うれしくないけど笑

f:id:tonogata:20170216213502j:plain:w600


運賃への影響

飛行機のチケット代は、
「運賃」+「燃油代」+「諸税」
という構成。

「燃油代が安くなると、安く海外にイケる」
と思いきや、、、
「燃油代」が下がるにつれて↓
「運賃」が値上げされて↑
「あれ?トータルのチケット代が、あんま安くなってない?」という話があった。

www.bousaid.com

今回は逆に、燃油代があがりつつあるので、運賃が下がったりするの?
という話なんだが。

今のところは特に変わりない模様。

というか、もし運賃が下がるとしても、もうちょい燃油代が上がってからになるかな?と。

2017年の運賃は今後変更も入ると思うけど、現時点でのチケット代について、下記にメモ。
※東京発のJAL/Saver=旧ダイナミックセイバーの最安値
全て4月分の運賃と燃油代
※青が運賃、橙が燃油代

シンガポールの運賃と燃油代(4月)

f:id:tonogata:20170217085005j:plain:w500

シンガポール 運賃 燃油代 合計
2014年 36,000 26000 62000
2015年 39,000 9000 48000
2016年 45,000 0 45000
2017年 45,000 3000 48000
台湾の運賃と燃油代(4月)

f:id:tonogata:20170217085451j:plain:w500

台湾 運賃 燃油代 合計
2014年 34,000 14000 48000
2015年 41,000 5000 46000
2016年 35,000 0 35000
2017年 35,000 1500 36500
ハワイの運賃と燃油代(4月)

f:id:tonogata:20170217085535j:plain:w500

ハワイ 運賃 燃油代 合計
2014年 55,000 32000 87000
2015年 75,000 12000 87000
2016年 75,000 0 75000
2017年 75,000 4000 79000
パリの運賃と燃油代(4月)

f:id:tonogata:20170217085654j:plain:w500

パリ 運賃 燃油代 合計
2014年 60,000 50000 110000
2015年 77,000 21000 98000
2016年 77,000 0 77000
2017年 80,000 14000 94,000


そんな感じ。

燃油代 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|