タイの現地SIMカードを日本で買って、タイ旅行で使うのが安くて簡単だった

日本で買えるタイのSIMカード

f:id:tonogata:20180204114445p:plain:w600

タイ旅行の際に、事前にタイの現地SIMをAmazonで購入した。
いつもは現地の空港で買うんだが、今回は空港で買う時間がなさそうなので、事前調達しようかと。

購入したのはAISのトラベラーSIM
データ通信は4G対応2.5GB(8日間)、無料通話100バーツ分。

「AIS」はいつも自分がタイで使っている大手通信会社。
離島とかでもバッチリ繋がる。

AISのSIMはAmazonでもたくさん売っているが、いろいろ比べた結果↑の「ワイズ・ソリューションズ」が売っているモノを買うことにした。
説明がしっかりしてたり、口コミでもトラブルが少なそうだったので。

価格的には、送料無料で700円だったので安い。
現地の空港で買っても、同じくらいする。

AISの公式で売っているものは3GB/8日で299バーツ(1050円)。
こっちは2.5GBで700円なので、安いと考えていいかと思った。
http://www.ais.co.th/travellersim/


商品の内容的には、アクティベートから8日間有効なSIM。
つまりSIMをスマホにさして最初の通信をしてから、8日間。
一週間程度の旅行なら、コレ1枚で充分。

インターネットは高速な4G回線が2.5GBまで。
8日間で2.5GBを使い切ることは、そうそうない。

もし2.5GBを超えた場合、低速384kbpsの3G回線なら使いたい放題(8日間)。
ネットの表示は遅くなるが、LINEやメールは普通に可能。

また、100バーツの無料通話が可能。
電話番号は購入したパッケージに記載アリ、旅行中に同行者と電話できる(1分=1バーツ)。
(国際線で日本にかけることも可能。料金は分からないが)


SIMの使い方

今回のパッケージでいうと、日本語の取説がついてきていた。
(取説がつくかどうかは販売代理店によるので、他の製品の場合は不明)

f:id:tonogata:20180204114503p:plain:w600

SIMの使い方が書いてある。
難しくはない。

iPhoneの場合、まさしく「SIMを挿すだけ」である。
特に設定は必要ない。

f:id:tonogata:20180204114647p:plain:w600

自分の場合はいつも、飛行機の中で暇な間にSIMを交換する。

f:id:tonogata:20180204114727p:plain:w600

Androidの場合、機種によってはアクセスポイントの設定が必要。

f:id:tonogata:20180204115036p:plain:w600

(1)ホーム画面から「設定」をタップします。
(2)「モバイルネットワーク」をタップします。
(3)「アクセスホイント名」をタップします。
(4)画面右上「メニュー」から『新しいAPN」をタップ』します。
名前: internet
APN: internet
ユーザー名:空欄
パスワード:空欄
認評方式:CHAP


なお、回線が繋がると早速AISからSMSが何通かやってくる。
英語とタイ語のSMSがくるが、単なるサービス案内なので中身が理解できなくてもOK。


注意点として、SIMを挿す時に元々入っていた日本のSIMを、旅行中になくさないようにとっておくこと。
(帰国時に元に戻すため)

AISのトラベラーSIMは使い捨てなので、帰国したら捨ててOK
残高が残っている場合でも、有効期間が「アクティベートから8日間」なので、まぁ普通は次の旅行では使えない。

また、SIMを自分で入替えたことがない場合は、スマホのどこからSIMを入れられるか、事前に確認すること。
iPhoneの場合、クリップのような先の細い棒でSIMの台座を引き出す必要がある。


タイ現地での通信速度

タイ現地でSIMの通信速度を計測してみた。

プーケットでは、75mbps。かなり高速だ。
インターネットもサクサク。

続いて離島「ピピ島」の中でも、島の端っこのビーチで計測してみると、1.3mbps(3G回線)だった。
まぁ、使えなくはない。ただし通信が安定しなかった。
(ピピ島中心部では4Gの速度が出ていた)

f:id:tonogata:20180204115652p:plain:w600

当然ながら、バンコクや離島以外の観光地なら、バリバリ4Gで繋がる。
個人的にAISを使うことが多いが、あまり困ったことはない。


インターネット残量の確認

ネットが使えるのは2.5GB。
あとどれくらい残っているか、確認するための手段について。

まず、下記に電話(ダイヤル)すると、SMSで残高が送られてくる。

※121※3#

ただ、タイ語混じりでイマイチ分からなかった。

そこで英語対応されているスマホアプリを使った。
iPhone版、Android版の「my AIS」というアプリ。

「my AIS」をApp Storeで
my AIS - Google Play の Android アプリ

アプリをダウンロードしたら、SIMの電話番号を入力する。
アカウント等を作る必要は特にない。

電話番号はSIM購入時のシールに書いてある。
シールが手元にない場合、アクティベート時にAISから英語SMSで通知されている(Your username is xxxxxx)。
もしくは端末から調べる。自分のスマートフォンの電話番号を確認する方法

f:id:tonogata:20180204120540p:plain:w600

電話番号を入力すると、「OTP」(ワンタイムパスワード)がSMSでやってくる。
そのワンタイムパスワードも、続けて入力↑

ログインすると、残りのデータ残量や無料通話の残高が分かる。
「Remaining 1.2GB」とあるので、残り1.02GB。

一週間の旅行の最終日だったが、半分くらい残ってるな。

ちなみに無料通話(100バーツ)は使わなかったが、SMSの送受信で多少目減りしていた。
(100バーツ→88.95バーツ)

余った分のバーツを使えないか、アプリで追加パッケージを購入。
packageの「apply internet on top package」から、「unlimited max speed」の「1 day 6mbps」を購入。

f:id:tonogata:20180204121334p:plain:w600

購入後、ちゃんとバーツ残高は減っていた。
また「your current package」にパッケージが追加されていた。

ただ最初の2.5GB(4G回線)を使い切ってなかったので、そっちのパッケージは試せなかった。


まとめ

いやー、楽でいいですね。これ。
安いし。

現地の空港でSIMを買う場合、結構行列ができていることがあり、時間がかかることが多かった。
アレを考えると、事前にSIMを買った方が全然いいな、と。

そう思いました。

タイ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|