タワースリーエイトの眺望トイレ

札幌が誇るガラス張り眺望トイレは圧倒的な開放感だった(JRタワー・スリーエイト)

タワースリーエイトの眺望トイレ

タワー・スリーエイトへのアクセス

札幌駅の駅ビル「JRタワー」には、展望室「タワー・スリーエイト」(T38)がある。
スリーエイトの名の通り、38階にある展望室。
JRタワー・イースト6階のレストラン・フロアに、T38へのエントランスがあり、そちらからアクセス。

タワー・スリーエイトのエントランス

6階エントランスで、まずは入場券を購入。
大人740円、ドリンクなどとセットの前売り券もある。

タワースリーエイトの入場券

エントランス・フロアには「札幌スタイルショップ」、奥に行くと38階への直通エレベーター。
「38」ボタンをポチッと押して、れっつらゴー!

タワースリーエイトのエレベーター

38階の展望室は、360度を巡る通路沿いに開放的な窓が設置。
札幌の景色を展望できる。

タワースリーエイト展望室

T38からの眺望

タワースリーエイト(展望室)は38階、高さ160m。
建造物フロアとしては北海道で一番高い。

夜景もさぞ素晴らしいだろうが、今回訪問した昼間の眺望もなかなかでした。
晴れていれば小樽・夕張岳まで見渡せる。

T38からの眺望(札幌ドーム方面)

窓横には眺望の説明ボード。
「ああ、あれが北海道大学ね」などと景色と見比べながら楽しむことができる。

T38の眺望説明ボード

数はさほど多くないが、通路側には展示ボードもあり。
札幌にまつわる情報が展示されてあった。

T38の展示ボード

展示ボードで見て初めて知ったんだけど、「すすきの」って人の名前からきてたのね。。。

「すすきの」の地名由来

ガラス張り眺望トイレ

先述のように、展望室T38は高さ160m、北海道で最も高層なフロア。
その北海道一の高さを誇るフロアには、「眺望トイレ」と銘打った観光名所も。

その「眺望トイレ」がこちら。

おー尿!!
(Oh,No!!)

なんという開放感。
「天に唾する」ならぬ、「天に放尿」・・・。
空に虹がかかりそうな勢いです。

サムウェア・・・おー尿・ザ・レインボー♫

こちらの男子小便器、複数あるがやはり角席の開放感が圧巻ですね。

T38の男子トイレ(眺望トイレ)

ちなみに、眺望設計されているのは男子トイレ(小便器)と多目的用化粧室のみ。

現地に赴けない人のために、VR風画像を用意しました。

男子、小便器前に立つ。

T38の小便器前に立つ

視界良好、函館本線の線路もクリアに見えます。

眺望トイレからみる線路

速度を落して、コトコトと札幌駅に近づく電車の姿が見えます。

足下に近づく電車の姿とともに・・・

(なぜか)尿意も進み・・・

無事に排尿完了。

眺望が尿意をもコントロールする、見事な設計ですね。

ちなみにコチラのトイレ、設計は設計事務所ゴンドラの小林純子氏。
日本トイレ協会」の会長でもあり、「日本トイレ大賞」受賞トイレも多数。
まさにトイレ建築の権威によるトイレということでしょうか。

さすがです。。。

カフェ「T’CAFE」とギフトショップ「T’SHOP」

38階の眺望フロアには、カフェ「T’CAFE」も併設。
昼はソフトドリンク、夜はアルコールメニューを提供。

眺望通路の南側がカフェコーナーになっている形で、ソファ・テーブルも通路に用意されている。

T38のT'CAFE

休憩がてら、アイスコーヒー(300円)をいただきました。
眺望を楽しみながらいただけます。

T'CAFEのアイスコーヒー

「眺望トイレを楽しんでみたいけど尿意がない!」という場合は、こちらのカフェで補充すればよいという、そういうフロア設計ですね。

なお、タワースリーエイトの入場券(740円)には、こちらのカフェとセットの前売り券もあり、多少割引がある。
入場料(740円)+ソフトドリンクMサイズ=最大1170円のところ、前売りセットなら920円。
ドリンク最安300円+入場料(740円)でも1040円なので、お得と言えばお得ですね。自分は使わなかったですが。
そのほか、ケーキセット付きの割引券もあり。

カフェの隣には、ギフトショップ「T’SHOP」もあり。
小さなショップコーナーですね。

T38のT'SHOP

まとめ

「眺望トイレ」は、素晴らしいトイレだった。
あの、なんとも言えぬ解放感!

男子限定ではありますが、札幌の観光名所と言えそうです。

昔、西成にあるトイレに感動したことがある。
大阪の西成にある、世界のスラムで一番セキュアなトイレ

今回、久々に「良いトイレに出会えた」と思えたのでありました。

ほい。

そんな感じ。