天龍 焼きそば 拡大図

沖縄そばの麺で「焼きそば」、那覇空港「天龍」の沖縄焼きそばが美味かった

天龍 焼きそば 拡大図

「天龍」の沖縄焼きそば

以前から「沖縄そばの麺で作った焼きそばとか、美味いんじゃないか?」と思っていたが、一度も試してみたことがなかった。

そんなある日、那覇空港のお店「天龍」のレビューをチェックしている際に、それを発見した。
曰く、「天龍」には昔ながらの「沖縄焼きそば」があるのだという。

早速、沖縄旅行のタイミングで那覇空港4階にある天龍に寄ってみた。
天龍 食べログ

那覇空港 天龍 外観

しかし入店してメニューを眺めるも、「焼きそば」の文字はない。

あれ?と思い店員さんに「焼きそばって、ありますか?」ときいたら、即答で「できますよ」の回答。
「できますよ」?・・・
どうやらメニューからはなくなったようだが、売ってはいるようだ。

ただしメニューにないからか、お値段は990円と少しお高め。
※同店のメニューでいうと、ソーキそばが850円

待つことしばし。

やってまいりました。

天龍 沖縄焼きそば

結構なボリュームだ。

早速ひとくち食べてみると、美味い。

しかも、猛烈にウマイっ!!

沖縄そばの平麺が、油で照り輝く。
もともと油をまぶしてある沖縄そばの麺を、更に油で炒めているのだ。

天龍 焼きそば 拡大図

油まみれの麺をチュルンっと啜って、噛めば野菜細切れ肉から出汁が染み出す。
見た目に反して薄めの味付け(醤油系?)と、なんだか瑞々しくスガスガシイほどの後味・・・。

なんだろうな。

沖縄そば、油そば、焼きそば。

いま当方は、その奇妙なトライアングルの中の、どこかにいる。
自分が知っている「焼きそば」とは、全く別モノ。

個人的には、この感じはホームラン。

いや~、試してみるもんだな、と。

「空港食堂」の沖縄焼きそば

天龍の「沖縄焼きそば」に気を良くした自分は、別日に同じく那覇空港「空港食堂」の焼きそばを食ってみることにした。
空港食堂 食べログ

那覇空港 空港食堂 外観

こちらはメニューにも「焼きそば」が存在する。

「焼きそば」(700円)。

空港食堂 焼きそば

こっちの焼きそばは、ソース味。

麺も細麺で、油感も控えめ。

空港食堂 焼きそば 拡大図

ソース味に紅しょうがの匂いも相まって、完全に「焼きそば」ですね。

天龍で味わった謎のトライアングル感は味わえず。

「沖縄焼きそば」とは、何か

東京に帰ってきてから「沖縄焼きそば」についてチェックしていたら、以下のサイトがあった。
沖縄の焼きそばは少し違う

曰く、「沖縄焼きそば」は以下のような特徴があるようだ。

  • 麺は沖縄そばで、油が多め
  • 味付けはソース・しょうゆ・塩など店によって異なる
  • ただし昔ながらの味付けだと、ケチャップを使うことも
  • 肉も何が入っているかは店で異なる

どうも沖縄では、一時期焼きそばにケチャップを使うのがデフォだったらしい。

沖縄では焼きそばの味付けにケチャップを使うのが常識だった時代もあり、その味は焼きそばというよりはナポリタンに近かったという。その伝統を守り、ケチャップ味の「沖縄焼きそば」が楽しめる店もまだ存在する。

http://kyoudo-ryouri.com/food/2083.html

「ナポリタンに近い」ってのが、だいぶ面白いですね。

一度、食ってみたいところではあります。

味も店によってだいぶ異なるようだし、また沖縄に行く機会があれば「沖縄やきそば」にチャレンジしてみようと思います。

ほい。

そんな感じ。