バックパッカーの持ち物リスト@薬局編

男でも旅行前には薬局で買い物するよね、
というノリで、便利なアイテムについて。
何年も同じ製品買っているので、一度リストにしておこうかと。
自分の場合は南国寄りなので、そっち系のリストになっちゃうけど、参考になれば。

で、薬局で買いたいアイテムのマストな属性としては
・サイズ重視。旅行の荷物は小さいに越したことはない。
・安全の日本品質。国内メーカー有名商品の携行サイズがベスト。

虫よけ(スプレー)

まずは定番のスプレーだけど、ムヒの虫除け、ムシペールα。
旅行用商品だけあって、小さくてよいです。60mL。

【第2類医薬品】ムヒの虫よけ ムシペールα 60mL

【第2類医薬品】ムヒの虫よけ ムシペールα 60mL

  • 発売日: 2008/04/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

ノンガスタイプのスプレーというのも嬉しい。
ちなみに、成田空港のセキュリティ上の扱いから言うと、虫よけスプレーは預け荷物入れておけばOK

下記も参照。

「蚊よけ・虫よけスプレー」の効果は「ディート成分量」で決まる。海外製品の方が効くのか?体に害はあるのか?

虫よけ(ベープ)

次にビーチで圧倒的な利便性を発揮する神アイテムが「どこでもベープ No.1NEO」。

どこでもベープNO.1 NEOセット グレー

どこでもベープNO.1 NEOセット グレー

  • メディア: ホーム&キッチン

電池式ながらもコンパクトで、20日間持つので大抵の旅行なら電池の換えを用意する必要もなし。
ビーチエリアとか夜になると蚊が出てくるんだけど、これは足首に巻いて使えるのでめちゃくちゃ便利。
スイッチをいれると「ブーン」という機械音とともに極小のファンが回って、ベープの効能を周囲に撒き散らしてくれる。
部屋に蚊が出るような場合でも、これがあれば一安心。

かゆみ止め

ムヒの携行サイズ版、「ポケムヒ」。
必要最小限の15mlで、旅行にぴったり。

【第3類医薬品】ポケムヒS 15mL

【第3類医薬品】ポケムヒS 15mL

  • 発売日: 2014/04/08
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

正露丸

正露丸持ってかない人はいないんじゃないかと。
ただ、あれって臭いが強烈だし、瓶のサイズが結構大きいんだよな。。。
というアナタにぴったり、「正露丸 糖衣A 携帯用」。

【第2類医薬品】セイロガン糖衣A(携帯用) 24錠

【第2類医薬品】セイロガン糖衣A(携帯用) 24錠

  • 発売日: 2006/10/23
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

携帯用もあるんですねー。24錠。
サイズ的にはミントタブレットくらい。
(そういう意味では、ミントタブレットに糖衣Aを放り込んでおいてもいいような気もするけど)

酔い止め

自分は乗り物酔いに弱いので、いつもお世話になってます。
特に船、というかスピードボートで移動する時に。
アネロン「ニスキャップ」。

酔い止めの薬は一応個人差で副作用で眠気とかもあるみたいなものもあるので、そこら辺はぐぐってみるといいかと。

洗顔フォーム

シャンプーとかなら100均でもトラベル用とかあるんだけどねー。
いざ小さいサイズの携帯用を探すのは骨が折れる。
ということで、使っているのはビオレの「モイスチャーミニ]も30g。

ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー ミニ 30g

ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー ミニ 30g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

日焼け止め

これも小さい奴、かつメンズ用があんまないんですよねー。
サイズ(小さい!)と性能(耐水/SPF)で気に入って使っているのは「アディダス UVプロテクトローション」。

アディダス UVプロテクトローション

アディダス UVプロテクトローション

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

ボディシート

夜行バス、寝台列車など、長い移動時間で汗をかいてるのに風呂に入れない時用に、「ウーノ さっぱりボディーシート」。

非常食

夜行バスでメシ食うタイミング逃したとか、腹をこわして安全の日本製食品が食いたいとか、飛行機待ちの時間でお金を使いたくないけど腹が減ったとか、そういうコトがあるので必ず「カロリーメイト」を持っていってる。

いやー、何気に便利ですよ。美味しいしね、やっぱり。

その他

・目薬(アジアとかだと埃が多いので)
・バンドエイド(気分的に日本で買っていくかな。現地で買うより)