東京-大阪間のマイル単価が2円以下へ(ユナイテッド改悪で消滅?)

2/1で改悪されたユナイテッド航空のマイルで、ANA国内線を予約した。
片道6000マイルなり。
※2014/2/1発券以降は、片道10000マイル必要

f:id:tonogata:20140131143204p:plain

今回予約したのは「東京-大阪」間。

1マイル2円以上になったけど。。。
今後はユナイテッドマイルでもANAマイルでも、東京-大阪間は1マイル2円以下になっちゃうかなーと。

まぁ、そもそも国内線はマイル単価が悪いすよね。
その上、東京-大阪なんて近距離路線。
こういうのはマイルを使わないようにしてるんですが。。。

ユナイテッドの「改悪記念」と、たまたま大阪に行く用事があったのと、諸事情で関空に着地したかったので。
ついつい、マイル使っちゃっちゃいまして。。。

で、東京-大阪でマイルを使うと、マイル単価がどんなコトになるか、メモ。

「ユナイテッド航空」の改悪に関してはこちら↓
ユナイテッド航空の必要マイル数変更(2月〜)。改悪度合いについて。 – やじり鳥

東京-大阪の飛行機代

今日時点で2末の東京→大阪を予約すると、航空券代(片道)を購入した場合の料金は以下。

参考のために格安LCCの「Peach」の併記。

Peachの場合は「成田」のみで、「羽田」はないので注意。
(空港までの交通費を考慮する必要あり)

航空会社 ANA Peach
空港 羽田/成田 成田
航空券 13,470円 4,390円

予約時期が遅いので、料金が高めすね。
ANAのチケットは旅割28とか特割でこの価格感。

マイル単価(東京-大阪)

この価格を元に、マイル単価をみてみる。
ANAの航空券を、普通に購入した場合との比較。

マイル元 必要マイル マイル単価
ユナイテッド(改悪後) 10,000 1.35円
ユナイテッド(改悪前) 6,000 2.25円
ANA-L(ロー) 7,500 1.80円
ANA-R(レギュラー) 9,000 1.50円
ANA-H(ハイ) 11,250 1.20円

ちなみにANAはシーズンで必要マイルが違う。
必要マイルの定義は↓。
シーズン・必要マイルチャート | ANA国内線特典航空券 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

ローシーズン

1/7~2/28、4/1~4/24、12/1~12/25

レギュラーシーズン

3/1~3/20、5/8~8/7、8/19~11/30

ハイシーズン

1/1~1/6、3/21~3/31、4/25~5/7、8/8~8/18、12/26~12/31

まとめ

改悪前のユナイテッドで、かろうじて1マイル=2円オーバーですね。
それでも、どうかと思うけど。

ユナイテッド改悪後(2014/2/1〜)や、ANAは?
東京-大阪では2円をきるので、まぁ「ダメでしょう」、と。
使用期限が迫って余ってるマイルならともかく。

常に1マイル2円をきる使い方をするなら、還元率の高い普通のクレカも視野に入っちゃいますからね。

国内路線だと、LCCのPeachとか視野に入れちゃうと、更に微妙。
まぁANAと、格安LCCのPeachを比べるのは、どうかとは思うけど。
LCCで飛べるところは、LCCも値段的にいいよね、っていう。
ただし欠航注意。

ということで。
今後は東京-大阪でマイル使うと1マイル2円きっちゃうのでもったいない。
海外とか長距離路線、できればアップグレードですよね、という。
という。

ANAはまだあんま詳しくないから、使い方によっては航空券(普通)でマイル単価2円オーバーあるかもだけど。

その他の話↓
ANA カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥
ユナイテッド航空 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥