ANAとユナイテッドの「特典航空券」必要マイル数を一覧比較

ANAとユナイテッド航空

普段はユナイテッドを貯めているが、今年はSFCをやっているので、ANAのマイルが貯まりつつある。
ちょっとANAマイルの使い道を考えたい。

あと、「ユナイテッド航空」との比較もメモ。
f:id:tonogata:20140610112822p:plain

ANAの必要マイル数は2015/4/12発券分から変更になるので、ご留意ください。
その点については下記。

ANA特典航空券の「必要マイル数」(国際線)変更。新旧「必要マイル数」を一覧比較でチェック。 – やじり鳥

「必要マイル数」の比較一覧

「必要マイル数」は、(片道)記載以外は「往復分」にて。

エコノミーのみ、ビジネスやアップグレードは含んでいない。

特典航空券をとる場合は、ANAは「燃油代」が別途必要だが、ユナイテッドは無料。
分かりにくいので、ANAで必要な「燃油代」を、ユナイテッド側でマイル換算して減数した「必要マイル数」も記載している。
※ユナイテッドは「マイルを購入」するコトが出来るので

行き先 ユナイテッド
セーバー
&他社便
ユナイテッド
燃油代分を
減マイル
した場合
ANA
(L)
ANA
(R)
ANA
(H)
ANA
他社便
東京-大阪(片道) 10,000 7,500 9,000 11,250
東京-沖縄(片道) 10,000 10,500 13,500 15,750
東京-石垣(片道) 10,000 12,750 15,000 17,250
東京-大阪(往復) 20,000 10,000 12,000 15,000
東京-沖縄(往復) 20,000 14,000 18,000 21,000
東京-石垣(往復) 20,000 17,000 20,000 23,000
ソウル 30,000 28,000 12,000 15,000 18,000 20,000
北京/香港/台北 30,000 24,400 17,000 20,000 23,000 22,000
タイ/ベトナム 45,000 34,600 30,000 35,000 40,000 38,000
インド 70,000 57,200 35,000 40,000 45,000 43,000
ハワイ 50,000 37,200 35,000 40,000 45,000 43,000
ロサンゼルス 70,000 50,000 40,000 50,000 60,000 55,000
ニューヨーク 70,000 50,000 45,000 55,000 65,000 60,000
ヨーロッパ 90,000 70,000 45,000 55,000 65,000 60,000

ポイントは2点。

  1. 必要マイル数は、ANAが少なめ(日本発路線の場合)
  2. ANAは「燃油代」(2万~5万)が別途必要(ユナイテッドは不要)

ユナイテッドは、ANAと違ってマイルをお金で購入することができる。
つまり、旅行先に必要なマイルが足りなければ、買う。
(マイルの期限切れがないので、セール時かフライト時のアワードで買っておく)
マイル購入が40%割引になる「ユナイテッド航空」プロモ。マイル単価2.3円。 – やじり鳥

この「マイル購入」を1マイル2.5円として、ユナイテッドの必要マイル数に考慮した上で、
ANAマイルの方が必要マイル数が多い場合は、赤背景にしている
(つまりユナイテッドの方がお得?な場合)

ユナイテッドは、特典航空券を片道からとれる。
ANAは国内線のみ片道OK。

よって、ANAに合わせて、国内線のみ片道・往復で比較。
ANAは往復で必要マイル数が少なくなるが、ユナイテッドは単純に倍になるらしい。

その他の留意事項は、下記参照。

ANA「特典航空券」の「必要マイル数」設定

「ANA」の場合、必要マイル数は4種類。

シーズン 備考
L ロー・シーズン 4/1から4/20みたいな休日のないトコ
R レギュラー・シーズン 上記と下記以外
H ハイ・シーズン 正月、GW、お盆など大型連休の近辺
他社便 固定 スターアライアンス他社便
RとHの間くらい

ANAマイルで「ANA便」を予約する場合、「行き先」や「シーズン」で必要マイルが異なる。
何月がどのシーズンになるかは、以下を参照。
ご利用条件 | ANA国際線特典航空券 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

普通に連休で旅行しようとすると、「ハイシーズン」になるので注意。

ANAマイルでスターアライアンス内の「他社便」を予約する場合、必要マイル数は固定の模様。
ご利用条件 | 提携航空会社特典航空券 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

スターアライアンスの会社一覧は以下参照。
スターアライアンス – Wikipedia

ちなみに、国内線の場合の必要マイルは以下。
シーズン・必要マイルチャート | ANA国内線特典航空券 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

ユナイテッド「特典航空券」の「必要マイル数」設定

ユナイテッド航空の場合、「必要マイル数」は3種類。

シーズン 備考
セーバー 安い ↓以外
スタンダード 高い ハイシーズン
他社便 固定 スターアライアンス他社便
セーバーと同マイル数

ユナイテッドの場合、セーバーが取りやすい。
エコノミーのスタンダードをとるくらいなら、ビジネスのセーバーをとったり。

スターアライアンスの他社(ANA含む)を予約する場合、「セーバー」と同マイル数。
これはありがたい。

ちょっと面倒なので、↑表ではセーバー&他社のみ記載している。

なお、ユナイテッド航空の特典航空券の場合、自社便でも他社便でも燃油代は不要。

「特典航空券」と「燃油代」の関係

基本的には、ANAは燃油代が別途必要で、ユナイテッドは不要。
「燃油代」は、アジアで2.5万円、欧米で5万円くらい(往復分)。

燃油代については以下も参照。
安い時期は?「燃油サーチャージ」の推移グラフ(2013年ANA版) – やじり鳥

最新の「ANA」の燃油代は以下。
燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について | ご予約/旅の計画 | 航空券予約・空席照会 | ANA
※ANAページの記載は片道分(1区間)なので注意

しかし、ANAのマイルで、ユナイテッドの便の特典航空券をとった場合、どうなるか?
UAに限らず、他のスターアライアンス内の他社チケットをとった場合は?

基本的には「燃油代」が必要。
しかし「ユナイテッド便なら不要」、というのを最近知った。
特典航空券の燃油サーチャージ有無(航空マイレージ別)
※一応UA便以外でもある模様だが

逆に、ユナイテッドのマイルで、ANA便の特典航空券をとった場合は?
これは、ANAであろうが、他のスターアライアンス内の他社であろうが、燃油代は不要らしい。

ざっくり表にまとめると、以下のような感じ。
(ちょっと略してるので、詳細は↑のHPへ)

ANAマイル ユナイテッドマイル
ANA便 必要 不要
ユナイテッド便 不要 不要
2社以外の
スターアライアンス
必要 不要

なるほど。

ANAマイルを使う場合は、ユナイテッド便をとると、お得なんすね。
ユナイテッドに比べてANAは、必要マイル数が全般的に少ないので。

※そこら辺の詳細は以下参照
特典航空券の燃油サーチャージ有無(航空マイレージ別)

ただ、どの程度「設定席」があるか(予約しやすさ)は不明。

なんとなくだけど、自社の特典航空券枠(座席数)と、他社からの特典航空券受け入れ枠(座席数)は、違うような気がするんだなぁ。。。
少なそう、みたいな。
どうなんだろう。

「特典航空券」の設定数と、予約しやすさランキング

ANA/JALは特典航空券は人気だから?設定数が少ないから?取りにくい。

ってみんな言うよね。。。

自分はANAで特典航空券をとったことないが、今度とろうと思ってるのでガクブルしてます。

で、特典航空券の座席数は、通常の座席数とは別に設定されてるっすね。
しかも、各社で違うとか。。。

設定数がどれくらいあるかは、外からみても分からない。

しかし、海外の航空会社なら、「特典航空券のとりやすさランキング」みたいなのがある。
Press Releases | IdeaWorksCompany

2014年のランキング
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2014/05/Press-Release-88-Reward-Seat-Report.pdf

2013年のランキング
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2013/05/Press-Release-77-Reward-Seat-Report.pdf

1位は2013年、2014年連続で、「エア・ベルリン(airberlin)」と「サウス・ウェスト(Southwest)」が同率1位すね。

こーゆーの、日系航空会社も対象に入れてくれないかなぁ。

そーいやちょっと前に、MONOQLO誌かなんかで、

やっぱり日系(JAL/ANA)は特典航空券がとりにくかった

的な検証記事があった気がするが、何月号かソース忘れた。
※他誌だったかもしれない

「ユナイテッド航空」の「改悪」と「バンコク便」廃止

「ユナイテッド航空」では、マイルで航空券をゲットできる「特典航空券」について、2014/2に改悪があった。
必要なマイル数が増えちゃったっすね。
ユナイテッド航空の必要マイル数変更(2月〜)。改悪度合いについて。 – やじり鳥

日本発着路線で言うと、国内線やアジア路線が大幅にアップ。
一方、ヨーロッパなどへの必要マイル数は変更なし。

また、ユナイテッド航空は、日本→バンコク路線を2014/3に廃止してしまった。
http://www.traicy.com/archives/8145786.html

ただ、バンコクに行きたい場合は、同じスターアライアンスの「ANA」とか「タイ国際航空」とかをとれば良いかな、と。
ユナイテッド航空のHPからは、ANAやタイ国際航空の便も、特典航空券で簡単に予約できる。

また、他社便だと必要マイルが高くなるANAと異なり、ユナイテッドの他社便(スターアライアンス他社)の特典航空券の「必要マイル」は、自社便最安のセーバーと同じなんすよね。
そこら辺はありがたいです。

ANAは「SKYコイン」を拡充

マイルからANA SKY コイン(スカイコイン)に交換する方法 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

ANAは、特典航空券が予約しにくい代わりに、最近「SKYコイン」サービスを拡充したっすね。

  • 「SKYコイン」は航空券の予約に使える
  • 1コイン=1円扱い
  • 1マイル→1コインに交換可能
    • 交換率はステータスで最大1.7倍

「特典航空券」は人気で予約できないので、マイルをコインに交換して、通常チケットをとってね、みたいな。

SKYコインで予約したチケットは、通常のチケット扱いなので、フライトマイルがゲット可能。
ANAのフライトマイルはステータス会員でなければ、かなり少ないので、まぁアレですが。

コインへの交換は1マイル→1~1.7コインで、まぁ大抵の場合は1.2とかかな?

1マイルを1.2コイン(1.2円)に交換する場合は注意すね。
0.5マイル/100円のクレカでマイルを貯めて、1マイル1.2コインで交換すると、クレカのポイント還元が実質0.6円/100円だったことに。
この場合、年会費無料の楽天カード(1pt/100円)で良かった気がしないでもない、みたいな。。。

まとめ

ANAマイルで、ユナイテッド便をとると燃油代が不要。
しかし、チケットとれるかなぁ。。。
ビジネスクラスの北米or南米行きを狙ってるんだけど、不安。

もしくは、自分は今「事前ブロンズ」なのでSKYコイン1.7倍?
そして来年はアップグレードポイントというのを初めてもらう。
なので、SKYコイン+アップグレードポイントかな?
できるのか知らないが。あと、これが損なのか、まだチェックしてない。

うーん。