Evernoteが有料会員の月間アップロード容量を無制限から10GBに。

Evernoteの有料「プレミアム会員」(4000円/年)の月間アップロード容量制限は、元々1GBだった。
これが4月、「無制限」になったんですよね。
Evernote 日本語版ブログ

Evernoteのプレミアム会員は、

  • データ保存領域は制限ナシ
  • ただし、1ヶ月にアップロード(ファイル更新含む)は、制限あり(1GB)
  • 更に、1ファイルあたりの容量制限もあり(100MB)

というサービスだった。
4月までは。

これが、「アップロードも無制限になった」(有料会員)。
しかも、1ファイルあたりのサイズ上限も引き上げ。

スゴいことするな、と思った記憶がある。
(ディスク容量が無制限で、アップ容量が無制限。それってつまり。。。)

ただし。
8/12に「やっぱ無制限はやめて、10GBにします」という発表があった。

しかしながら、「無制限」という言葉は非常に強力で、想像以上の混乱と問題を引き起こす結果となりました。
容量を無制限にした瞬間から、大量のファイルの保管・バックアップという、これまでと違う用途に Evernote を使い始めるユーザが増えたのです。
(中略)
そこで、アップロード容量を「無制限」ではなく、毎月 10GB の上限を設けさせていただきました。
これは既存ユーザの 99.999% のニーズを十分に満たす容量です。

https://blog.evernote.com/jp/2015/08/12/49424

f:id:tonogata:20150817205158p:plain

ふーむ。

自分は数年間プレミアム会員だが、正直容量的には全然困ってない。
あくまで「どこでも見れるメモ類」とか「Webクリップ」など、軽いデータしか扱わないので。

なので、個人的にアップロード容量が

1GB→無制限→10GB

と変遷しても、まぁ影響なかった。

それにしても。

バックアップ代わりに使われ始めた、とのことで。
そーなると、Evernoteも大変だなぁ、と。
ただ、実際にはどんな使われ方をしたのかな?
と思いまして。

自分はテキスト、pdfくらいでしか使ってない。
しかし、evernote自体はファイルの種類は何でもありらしい。
そうすると、ディスクイメージのバックアップデータを細切れにして保存しようとすれば、出来たのかもしれない。
さすがにそんな風に使う人はいないと思うけど。

後は、写真を撮りまくる人が、ガシガシ高精細画像(のrawデータとか)をアップしてたら?
数十GB/月とかいっても、おかしくないだろうな、と。

問題になった使われ方というのは、実際どんな感じだったんだろうな。
全く想像がつかない。
割と、人によって使い方が自由というか、バラバラだもんね、evernoteは。

それはともかく。

個人的にはevernoteは、(多々小回りがきかないと思いつつも)かなり気に入って使っている。
「Evernote のデータ保護に関する 3 原則」。
これが、いいよなぁ、と思うんですよね。

Evernote のデータ保護に関する 3 原則 [更新版] | Evernote 日本語版ブログ

シンプル。

こーゆー風に、分かりやすく、シンプルに「ユーザの権利」を掲げる企業って、それほど多くないかな、と。

なので、個人的には今後も機能拡張を楽しみだな、と。

個人的には、タグの階層構造が欲しい。
まぁ、本来のタグの理念と真っ向からアレしちゃうけど笑

そう思いました。

Evernoteプレミアムを安く手に入れる6つの方法

https://www.bousaid.com/category/Evernote/