青森弘前で、津軽百年食堂のモデル「三忠食堂」で「中華そば」、駅蕎麦「そば処 こぎん」の「幻の津軽そば」

青森は弘前駅の近く。
津軽百年食堂のモデルになった、「三忠食堂」。

津軽百年食堂 – Wikipedia

HPが充実していて、「津軽そば製作工程」なんかは興味深い。
津軽そば 三忠食堂本店 中華そば

つなぎに大豆粉を使い、寝かせて熟成させる。
それが、「津軽そば」らしい。

食べログはコチラ。
三忠食堂 本店 (さんちゅうしょくどう) – 弘前/定食・食堂 [食べログ]

夜分にお邪魔しました。

f:id:tonogata:20151121212855p:plain

「津軽そば」を、と思ったんだが、ラーメンが食いたくなった。

しかし「中華そば」も美味しい。
「中華そば」594円、「にぎりまんま鮭」162円。

f:id:tonogata:20151121212925p:plain

柔らかい縮れ麺。
スープがグイグイ飲めちゃう。

f:id:tonogata:20151121213114p:plain

あと、店主の人の良さ。
にじみ出てる。

「にぎりまんま」(おにぎり)、大きくて美味しかった。

それから、、、

駅蕎麦。

弘前駅の構内にある、「そば処 こぎん」。

そば処 こぎん – 弘前/そば [食べログ]

f:id:tonogata:20151121213406p:plain

店の外にある券売機で、メニューを眺める。

f:id:tonogata:20151121213417p:plain

「幻の津軽そば」(かけ蕎麦)。
460円。

f:id:tonogata:20151121213451p:plain

きました。

f:id:tonogata:20151121213537p:plain

なんて言うか、普通の蕎麦と全然違いますね、やっぱ。

f:id:tonogata:20151121213550p:plain

箸で持ったら、切れそうに柔らかい。
食べると、モチモチした感触と出汁の香り。

台湾で食った麺線(煮込みそう麺)のようだが、和な感じ?

こういう「そば」もあるのか、、、と。

美味しかったです。
結構ボリュームがあったが、ズンズンすすって完食。

グッドな「駅そば」でした。。。

https://www.bousaid.com/category/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1/