みかんの国、愛媛のホテル「道後やや」(松山)。蛇口を捻ると「みかんジュース」が流れ、全自動「みかんマシーン」がうなりをあげる。そして棚一面の今治タオルは・・・。

愛媛県の松山に泊まった。

泊まったホテルは、「道後やや」。
http://www.yayahotel.jp/

「道後温泉」から、徒歩5分。
ファミリーからビジネスまで。

ここがですね。
すごく良かったですよ。
色々と。

メモにて。

楽天トラベルアワードを4年連続受賞☆新鮮朝採れ野菜&今治タオル&砥部焼の競演♪道後温泉は歩いて5分♪

以下。

蛇口から「みかんジュース」

当日は、夜遅くにチェックイン。

「道後やや」は温泉から徒歩5分。
近いんだが、ちょっと裏手の奥まった場所にある。

エントランスに入って、まず目に付いたのは、水道の蛇口。
紙コップもおいてある。

これが噂の・・・
「蛇口から、みかんジュース」

しかも。
みかんの銘柄ごとに蛇口があるとは。。。

なんという、みかんの国。愛媛。
しょっぱなから、みかんワールド全開じゃないか。

グイッと一口。

美味しい。
みかんジュース、久しぶりに飲んだなぁ。。。

いやぁ。
いいね、コレ。

なお。
「みかんジュースの蛇口」付近には、「おもてなしデスク」もある。
道後温泉のホテル・宿泊なら|道後やや【公式ホームページ】

みかんの国の配給制度?
無料で色々つまめるらしい。

この日は時間によって、鯛飯おにぎり、みかん、クッキーなどがあった。

好きな今治タオルを選べる「タオルバー」・・・だと?

せっかくなので、歩いて道後温泉へ。

その際に、フロントにある「タオルバー」で、好きなバスタオルを借りる。

しかし待て。
「タオルバー」とは何事か?

なんと。
今治タオル、選び放題か!

これはアツイ。

見た感じ、ちょっと惹かれたのが甘撚り「エアリーホワイト」(村上タオル)。
製品紹介 エアリーホワイト【村上タオル】

残念ながら、品切れ中。

スタッフに「お勧め」をきいてみたら、ホテルのオリジナル「伊織のタオル」とのこと。

柔軟剤や蛍光増白剤、抗菌剤を使わない、綿本来の柔らかさ。

今治タオル取扱店 『伊織』
※「伊織」は「道後やや」の姉妹店

このタオルバーは嬉しいね。
連泊しても、毎日違うバスタオルで楽しめるとは。

自分は1泊しかしなかったが、これは連泊もいいよなぁ、と。
思いました。

なお、フロントでは道後温泉の入浴チケットも売っている。
100円くらい安い。

自分はここでチケットを買って、「椿の湯」に行った。

愛媛、有名な「道後温泉本館」より徒歩2分、地元客中心で昔懐かしい銭湯な雰囲気の「椿の湯」が空いてて良かった。

朝食は、みかん・鯛飯・フレンチトースト・みかん

朝食バイキングは、充実していた。

もちろん「みかん」も。

こんなに種類があるのか。。。

ご飯やおかずは?
愛媛県産の食材もいろいろ。
朝食について|道後やや

鯛メシや、宇和島「万年味噌」の味噌汁。
卵は、「美豊卵」。
美豊卵 | 愛媛の生産者「すご味」データベース

当方としては、こうなりました。
ちょっとヘルシーに。

オーダー形式のメニューもある。
ハンバーグから、フレンチトーストまで。

テーブルに設置のオーダー表に注文数を記入。
スタッフに渡すと、アツアツを持ってきてくれる。

どれもサイズは小さめなので、いろいろ楽しめる。
愛媛名物「じゃこ天」がさくっと美味い。

小さめのフレンチトースト。
これも美味しかったです。

低温殺菌牛乳・美豊卵・愛媛産生クリーム・自家製バター。最高の食材にこだわった自慢のフレンチトースト。オーダー後あつあつをお出しします。

朝食について|道後やや

小さめのサイズ感もグッドです。

しかし。
ここは、みかんの国。

これだけでは終わらない。

「みかんマシーン」とは、なにか

朝食バイキングのドリンクコーナーで、なにやら怪しげなマシーンを見つけた。

なんだこの、タイムボカン的な大がかりなマシーンは。

名前は「みかんマシーン」とある。

よく分からない。

説明書きを読むと、、、

  1. 「みかん」を好きな数だけ、マシーンに放り込む
  2. マシーンが自動で皮をむき、果汁を搾ってくれる
  3. みかんジュース完成

ほぅ?

恐る恐る、2個ほどみかんを放り込んでみる。

ブーンと音を立てて、みかんが運ばれていく。
そしてどういう仕組みか、ローラーで皮がベロンとはがれ、果汁が搾られる。

これは・・・。

楽しい!!

完成したマイ・ジュースを持って、席に戻り・・・
朝食のみかんコーナーで手当たり次第に、みかんをピックアップし・・・

みよ、この圧巻のみかん!

と、言いつつ。
「みかんジュース」は、みかん2個だと足りなかったな。

しかし豪華。

朝からテンションあがるわ。
これは。

部屋の様子(ダブルルーム)

このホテルはまだ新しく、全体的にキレイな雰囲気。

当方が泊まったのは、ダブルルーム。

一番狭い部屋だが、寝るだけなので特に苦もなく。

落ち着いた内装の雰囲気が気に入った。
だって、置いてある本が「古事記」じゃぜ?

「道後温泉」の歴史は古く、古事記にも出てくるという繋がりなんだろう。

シャワーは朝だけ使った。
内風呂がない分、シャワーが豪華。

ボディーシャワー機能付き。
横からも、ボディーめがけてシャワーが吹き出すタイプ。

浴衣と足袋がある。
部屋の外には下駄もあるので、これで温泉に行く感じ。

温泉に行く際には、部屋内のシャンプー等を持っていく。

その他、温泉に出かける際には、フロントでバスタオルや手提げ袋を借りる。

留意事項

このホテルは自身のHPで、「よく客から指摘される構造上の問題」をリストアップしている。
道後温泉のホテル・宿泊なら|道後やや【公式ホームページ】

例えば、「大浴場がない」

その代わりに徒歩5分で、「道後温泉」がある。
シャワー付きの部屋もある。

それから、「部屋に窓がない」
人によっては重要なポイントかもしれない。

あと、そもそも記載されてないが、一番安い「ダブルルーム」は13㎡なので、結構小さめ。
自分が泊まったのもダブルルーム。

部屋がキレイ&落ち着いた雰囲気だったので、個人的には良かったけどね。

ちなみに1つ上のツインルームだと、17㎡くらいはある。

いずれにしろ。
これらの点は、予約前に自分でOKかどうか、チェックしておく必要あり。

まとめ

さて。

泊まってみた感想は?

いやー。
良かったですよ。

突き抜けた、みかん感。
圧倒的な、タオル感。
みかん星人(スタッフ)の接客も良かった。

もろもろ、クオリティが高ぇ。

ここは是非、また泊まりたいな、と。

そう思いました。

江戸時代に創業、憧れの老舗旅館「ふなや」(愛媛)。漱石や子規が詠んだ道後温泉と千坪の庭園、瀬戸内会席料理。

愛媛 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥