「九州駅弁グランプリ」で優勝した大分の駅弁「山海三昧」(大分駅/別府駅)で、「湯布院牛」のあぶり握り

JR九州の主催する「九州駅弁グランプリ」、第11回で優勝した大分の駅弁「山海三昧」。
大分勢としては、初の優勝。

https://www.jrkyushu.co.jp/ekiben/index.jsp

湯布院盆地で肥育された湯布院牛をあぶり握りに、質、量ともに日本一のしいたけをバター焼き握りに、豊後水道の魚を押し寿司に、名物のとり天も握り寿司にしました。
大分県の誇る食材をご賞味ください。

目玉は「湯布院牛」。
高級レストラン以外に出回ることが少ないらしい。
九州駅弁グランプリに大分の「山海三昧」 – 産経ニュース

大分駅や、別府駅で売っている。
お値段は、1296円。

製造元は「寿し由」(大分市)。

地方の電車は、本数が少ない。
頭では分かっている。

分かっちゃいるんだが、ついつい東京の感覚でフラっと駅に行き、そこそこの待ち時間が発生してしまう。

そこで駅弁の出番です。

どうでしょうか?

見た目が豪華!!

開封すると「宝石箱やぁ!!」感あり。
最初に目につく、3つも入った「湯布院牛のあぶり握り」で、完全にハートを持ってかれる。

湯布院牛以外にも、「しいたけのバター焼き握り」、「とり天」など、大分っぽい食材がいいですね。
どれも美味いです。

いやー、良かった。

最初、値段を見たときは「うっ」と思ったんだけど、食ってみて納得。
大満足。

なお、この駅弁は「宇佐駅」で食べた。
宇佐駅は待合室に机と椅子があって、ちょうど良かった。

宇佐駅の駅名標がアメリカ国旗なのはJR職員の遊び心から 担当者「狙っていきました」 – ねとらぼ

そんな感じ。

JR四国「バースデーきっぷ」(3日間)を使い、電車で四国一周。車窓を眺めながら食べた駅弁のメモ。

グルメ カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥