アメックス・ゴールドの「メンバーシップ・リワード」、4/1からマイル交換が1ポイント=0.8マイルへ(ANA以外)

「アメックス・ゴールド」などプロパーのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」。

1ポイント=1マイルで、複数の航空会社マイル(ANA含む15社)に交換できるんけど。。。
※「メンバーシップ・リワード・プラス」(3,000円/年)に加入の場合
※加入してない場合は、2ポイント=1マイル

2017年4月からANA以外への交換が、1ポイント=0.8マイルになるようです。
(ちなみにJALマイルへの交換は元々できない)

現在 1,000ポイント=1,000マイル
2017/4/1から 1,250ポイント=1,000マイル (*1)

(*1)つまり1ポイント=0.8マイルの価値

公式HPでの案内はコチラ。

ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」

「メンバーシップ・リワード・プラス」ご登録の方へ、一部サービス改訂のご案内
ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」のサービスが、2017年より一部改訂となります。
今回の改訂では、海外提携航空パートナーへのマイル移行レートの変更を行います。
また、ポイントをカードご利用後のお支払い代金へ充当する際の、ポイント交換レートを引き上げます。

公式リリースは、下記のpdfへ。
PDF

f:id:tonogata:20161117001243j:plain

おー、尿!!
(Oh,No!!)

マジか。

ANAだけ1ポイント=1マイルで残る。
しかしなぁ。

ANAだけは、元々メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費5,000円(税別/年間)が別途必要になるんだよな。。。

  1. マイルへの交換を1:1にするため、「メンバーシップ・リワード・プラス」(3000円)
  2. 更にANAへの交換の場合は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」(5000円)

カードの年会費とは別に、合計8000円/年。
※交換する時だけでいいけど
※しかし、それだったら「ANAカードで良くない?」感

なお、「メンバーシップ・リワード」で交換可能な航空会社は以下。

  • ANA
  • キャセイパシフィック航空
  • アリタリア航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • エールフランスKLM
  • カタール航空
  • シンガポール航空
  • スカンジナビア航空
  • タイ航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • フィンエアー
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ヴァージンアトランティック航空

マイルに交換するなら、4/1までに交換しないと比率が悪くなっちゃうので注意。

いやー。

当方、夏にアメックスゴールドを作ったばかり。

もともと、SPGアメックスをメインカードにしていたんだが。
例のマリオットとの併合で「行く末や如何に?」という感じだったので、「他の選択肢もみておこう」と思って。

SPGアメックスはお得か?2年間使って感じたメリットなど。

ただまぁSPGアメックスも、しばらくは大丈夫そうだし、今回の件もあるし、、、
やっぱ、アメックスゴールドはやめて、SPGアメックス続行かな・・・。

あと、スカイトラベラーとか?

スカイトラベラーは「プロパーとの両持ち不可」なので、アメックス・ゴールド入会時に退会した。

アメックス「スカイトラベラー」は使えるか?半年ほど使ってみた感想。

これは標準で「メンバーシップ・リワード・プラス」付きの「メンバーシップ・リワード」みたいな感じ。
(いつでも1ポイント=1マイル)
※ただしANA移行の5000円はこっちも別途必要

ただ一応プロパーの「メンバーシップ・リワード」とは別扱いで、「メンバーシップ・リワード」+「特約」。
「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード メンバーシップ・リワード」と表現されている。
メンバーシップ・リワード・プログラム特約

今回の改訂では、スカイトラベラーは関係ナシかな。
たぶん。

それにしても。

今回の改訂、1ポイント=0.8マイル。
なかなか思い切ったことをしたな、と。

いやー。

びっくり。

そう思いました。

アメックス カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥