飛行機の金属探知機で反応しないベルトの進化

飛行機に乗る前には、金属探知機をくぐり抜ける必要がある。
あの、ブーって鳴ったら、ちょっと恥ずかしい思いするヤツ。

最近の金属探知機は、ベルトのバックルに反応するんだろうか?
よほど大きな金属製バックルでなければ、反応しないという話だったと思うが・・・。

Twitterを検索してみたら、ちょこちょこ「ベルトで金属探知に引っかかった」という人がいた。
Twitter検索 ベルト 金属探知

なるほど。
今でも、ベルトがひっかかることは、一応あるんだな。。。

昔、自分はソレが嫌で、ナイロン+ポリアセタールのバックルのベルトを使っていた。
金属を使っていないので、ベルトを外さずとも金属探知機をスルーできる。

ただ最近、旅行に行く際にはベルトをしなくなった。

メタボのため腹囲が成長し、ズボンのサイズに追いついてきたのだ。
腹囲、ミーツ、ズボン。

そのうち、血気盛んな「腹囲くん」の一騎駆けで、大人しい「ズボンさん」をブッチぎらないか、ちょっと心配でござる。

それはともかく。

ナイロンベルトを久しぶりに見てたら、ずいぶん選択肢が増えたな、と思って。
前に探した時には、ほとんど見かけなかったのに。

選択肢が増えたというか、「進化の袋小路を突き抜けた感」が、ある。

例えば、↓の「JINSELF (ジンセルフ) S級永久ベルト」。

商品説明がスゴイ。
ナイロンベルトは2000円程度の安価なものが多いので、商品説明もだいたいスカスカだったりするのだが、、、
最近のヤツは、商品説明にもかなり力がはいっているらしい。

YKKのバックル…
Coats社のミシン糸…
三菱の電動「スマートミシン」?

だいぶ詰め込んでるな…。

そして、ナイロンについては、燃やした結果で高品質を証明。

100%純正ナイロンは燃えている最中に白煙を出し、燃えた後も溶けたロウソクのようになります。
冷えると硬質化した塊ができます。ペンチなどで力いっぱい押しても簡単には砕けません

な ぜ 燃 や す(笑。

ベルトを燃やして品質アピールは、初めてみた。

そして、冷えて高質化したら、ペンチでも砕けない。
純度100%のナイロン。

なんだか、スゴイな。
いろいろと。

しかしレビューをみると、総じて満足度が高い模様。
(良い意味で?)裏切られた感あり、ちょっと感動した(笑

あと、最近だと金属アレルギーの人向けに、バックルが金属でない合皮ベルトの選択肢なんかも、ある模様。

革ベルトの場合、ナイロン製ベルトよりも、プラスチック部分の強度が問題になることが多いようだが。。。

ただまぁ、昔に比べると、この手のベルトもだいぶ選択肢が増えてきたようなぁ、と。
いろいろ進化?してるんだな、と。

そう思いました。

飛行機の金属探知機(保安検査)で反応しないベルト(プラスチックのバックル)と、海外製の革ベルトなど

ファッション カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥

旅行用アイテム カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥