6年間「毎日ブログ」の締めくくりなど

毎日ブログを書く。

無事に6年目が終了した。
2020年からは、7年目に突入。

毎日、毎日、コツコツと。
今年も、大きな病気などすることなく。
なんとか継続することができた。

とはいえ、問題が全くなかったワケでもない。

フィリップ・K・ディックの名作「流れよ我が涙、と警官は言った」という小説で、こんなセリフがある。

人生は、短い。
順調な時は、さらに短いんだ!!

このセリフを吐いた主人公ジェイスンは、その後急転直下のトラブルに巻き込まれていくワケだが・・・。

問題は「順調な時」というのが「いつなのか」、人は知ったり予測することができない点。
トラブルが起きると、過去を振り返って「それまでは順調だったのに」と思い煩うのみ。

今年は、当方もそれを思い知った年でした。
そう、「虫歯」であります。

10年くらい前に治療した銀歯の下で、虫歯がスクスクと成長し、歯根にヒビが入ったりしていた。
長期治療の果てに、再生医療まで引っ張り出して、なんとか「抜歯」から距離を置くことができた。

少し逃げて「距離を広げただけ」なので、そのうち虫歯に追いつかれて抜歯に至るだろう。
歯医者も「もう虫歯でボロボロだから長くは持たない。いつか抜歯することになる」と言っていた。

だが、、、

だがそれは、「今日」ではない。
まだ終末の時ではない。

いずれにせよ治療期間中は、ずっと奥歯でモノを噛むことができず、、、
いつ終わるか分からない、長期の根管治療が続き・・・

「ああ、普通にモノを噛める生活が、待ち遠しい!!」と思ったもので。

そして今、小康状態を保った奥歯でモノを噛みつつ、文字通り幸せを噛みしめている。
普通にメシが食えるって、最高。

そう考えてみると、「6年間の毎日ブログ」というのを続けられたのは、「順調」だったんだと思う。
今後、どんなトラブルでブログ継続を挫折するか、分かったもんじゃない。

いま懸念しているのは、脱毛スピードが加速している、髪の毛。

髪型でカバーするのは限界を超え、アートを究めんする局面に突入した。
芸術点でハイスコアを出し続けないと、ハゲをカバーできない。

とはいえ当方も日々、鏡の前で研究している。
当方の髪型アート術の「進化」が早いか、脱毛スピードが早いか。。。

もし、この闘いに敗れ去ることがあれば、さすがに「毎日ブログ」なんて言ってる場合じゃない。

ショックすぎて。

でも・・・

できるだけのことは、やってみるつもり。
ただ黙って敗北するつもりは、毛頭ない。

毛根ないけど。

毛根尽きるまで、、、
ただただ、毎日ブログを書くのみ。

ほい。

こちらのページを読まれる方におかれましても、2020年の健康・毛根・歯根が平和でありますように。
祈祷をもって、締めたいと思います。

寒くなって参りました。
旅行中の人も、そうでない人も、お体に気をつけて。

良いお年を。

ほんでは。