楽天カードのクレジット払いでインデックス投資すると、楽天ポイントが1%還元(NISA対応)

インデックス投資でポイント還元

楽天証券の投資信託積立について、楽天カードでのクレジットカード決済が10月27日から可能になる。

公式ニュースはコチラ。
楽天証券 投信積立で楽天カード決済が可能に

プレスリリースはコチラ。
楽天証券「楽天カード」で楽天証券の投信積立の購入が可能に

f:id:tonogata:20180902122139p:plain:w400

通常、投資信託の積立ではクレジットカードを使えない。
銀行引落や、証券口座からの引落のみ可能。

今回は、楽天証券が「楽天カードのみ」、クレカ決済での投信積立を可能にするという話。
楽天カードはポイント還元率1%で、この投信積立でも1%のポイントが付与される。

ただしポイント付与は月額5万円(500pt還元分)まで。

購入可能になるのは、投信積立商品の全て。
NISA、積立NISAもOK。

楽天証券は、今回ニュースの「クレジットカード払い」のほか、楽天ポイントでの投信購入が可能(積立もOK)。
得られた楽天ポイントを、そのまま再投資に回すこともできる。
楽天証券 投資信託ポイント買付サービス


さて。
この楽天カード決済で、どんな投資信託が買えるだろうか。

楽天証券の取扱投資信託について、ランキング上位を見てみる。
いずれも管理費用0.1%(年)程度の、低コストなインデックス銘柄となっている。
楽天証券 投資信託

投資信託 管理費用
(信託報酬含む)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.1696%
ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.11772%
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696%

※全てノーロード(販売手数料は不要)

例えば「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を10万円買った場合、年間での管理費用は169円(年率0.1696%)。
楽天カードで10万円決済して得られるポイントは1000pt(1000円分)。

まぁ、管理費用は残高に対して延々と発生するのに対し、楽天カードのポイントは「決済時」にしか発生しないんだけど。
当初得られた1000ptは、6年くらい経てば管理費用(169円/年)に吸収される(再投資を考慮しない場合)

いずれにせよ、低コストなインデックス投資で、購入時に1%の還元が得られるのはかなり大きいな、と。
他の証券会社と比べて、楽天証券がかなり魅力的に見えてきた。


楽天「ハッピープログラム」で更にポイント還元

今回はニュースは、「楽天証券」での「楽天カード」決済が開放された話。

その「楽天証券」だが、「楽天銀行」とのマネーブリッジで「ハッピープログラム」に参加可能。
「マネーブリッジ」って、銀行口座と証券口座を共有化するヤツ。
例)証券口座に入金しなくても、銀行側の口座から差し引いて株や投信を買える

公式サイトはコチラ。
楽天銀行 ハッピープログラム
ハッピープログラム対象のサービス

「ハッピープログラム」では、楽天銀行の口座残高に合わせてステータスが付与される。
ステータスによって、楽天銀行の利用サービスで付与されるポイントが異なる。
(ただし楽天証券サービスでの付与ポイントは、ステータスに関わらず固定)

今回のニュースに関係する付与ポイントは、以下の2点。

- ベーシック アドバンスト
銀行残高10万
プレミアム
銀行残高50万
VIP
銀行残高100万
スーパーVIP
銀行残高300万
楽天銀行 口座振替
1件毎に
1pt 1pt 2pt 3pt 3pt
楽天証券 投資信託
残高10万円毎に
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt

「楽天銀行 口座振替」については、楽天カードの引落口座を、楽天銀行にしておく。
毎月楽天カードで投信積立すると、ステータスによって1~3ptが付与される形。

ただし口座振替については、楽天カード利用での口座振替の場合、3倍の「3~9pt」になる。

以下の口座振替(自動引落)では、ポイントが通常の3倍(最大9ポイント!)獲得できます。

  • 楽天カード(楽天銀行カード)
  • 楽天ブロードバンド(フュージョン・コミュニケーションズ) 楽天のグループサイトに移動します
  • 楽天ショウタイム(ShowTime)

楽天銀行 口座振替(自動引落)

つまりミニマムでも3ptもらえるので、以降は「口座振替=3pt」として扱う。


次に「楽天証券 投資信託」については、投資信託の残高10万円毎に4pt(固定)。
こちらはステータスに関わらず、同率ポイント還元。


ということで、「楽天カード」での投信積立では、以下の3つを絡ませることができる。

  • 楽天カード(1%還元)
  • 楽天銀行(口座振替で3~9pt)
  • 楽天証券(投資信託が10万毎に4pt)

f:id:tonogata:20180902133336p:plain:w713

楽天カードでのポイント付与は「5万円/月」が上限。
管理費用が0.1696%の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」について、月5万を1年積立した場合はどうなるかな、と。
※管理費用の0.1696%は年率で、実際には毎日の残高に合わせて日々控除される。簡易計算的には毎日0.1696%の1/365が引かれるイメージ。ここでは毎月の積立と同時に月に1回0.1696%(年率)の1/12が発生する感じでシミュレーション

- 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 省略 10ヶ月 11ヶ月 12ヶ月 合計
投資信託の積立
(月5万円の場合)
5万円 10万円 15万円 50万円 55万円 60万円 605,797円
(-)運用管理費用
(残高の0.11772%/年)
-5 -10 -15 -49 -54 -59 -383
(+)ポイント還元の合計
(下記1~3)
+503 +507 +507 +523 +523 +527 +6180
(+内訳1)楽天カード
積立の1%pt
+500 +500 +500 +500 +500 +500 +6000
(+内訳2)楽天証券
残高の10万毎に4pt
0 +4 +4 +20 +20 +24 +144
(+内訳3)楽天銀行
引き落としで3pt
+3 +3 +3 +3 +3 +3 +36

毎月5万投資して、12ヶ月で60万。
運用管理費用とポイント付与を加味すると、+5,797円で605,797円(+0.97%)。
※この1年については。運用管理費は残高に対して延々と発生する

まぁ投資なので残高は日々変わることになるが、全く価値が上がらなかった場合でも、ということだけど。


楽天銀行への入金でもポイント

面倒なので詳細は省略するけど、そもそも楽天銀行に入金する段階でもポイントが付与される。

そもそも「積立」をするといっても、楽天銀行がメインバンクじゃない方が多いかと思う。
その場合、「住信SBIネット銀行」の定額自動入金/出金(無料)を経由して、メインバンクから楽天銀行に入金するとか。

www.bousaid.com

この段階でも、「住信SBIネット銀行」と「楽天銀行」から、それぞれポイント還元がある。

自分の場合は、この運用はすでに回しているので、あとは今回の「楽天カードでの投信積立」をどうするかだな・・・。


所感

NISAや積立NISAで本件を使えると、お得だなと思いました。

ただし楽天クレカでのポイント還元は5万円/月までなので注意。

NISAは年間120万までなので、毎月積立なら10万円。
(NISA口座でも自主的な積立はできる。ただし運用は5年まで)

積立NISAは年間40万円までなので、毎月積立なら3.3万円。
(運用は20年可能)

本件単体で考えた場合は、「積立NISA」の方が相性がよいかもしれない。


さて。

本件は「楽天カード」でのポイント付与の話だが、自分の場合はもともとプライオリティ・パスのために「楽天プレミアムカード」を持っている。

www.bousaid.com


最近、SPUの絡みもあって、楽天では楽天カードを使うようになった。
今後も楽天カードを活かせるサービスが、どんどん出てくるといいな、と。


そんな感じ。


www.bousaid.com