福岡の夜、ウエストで飲む、もつ鍋を食う、うどんで死ぬ


福岡の夜。
もつ鍋でも食おうかと、目当ての店にいってみると超満員。

ですよね。
当然ですよね、土曜の夜。

とはいえ、どうしたものか。
とりあえずホテル方面にトボトボ歩いていると・・・

ウエストを見つけた。
「うどん居酒屋 ウエスト」(祇園店)

f:id:tonogata:20190225204512p:plain:w600

「うどん居酒屋」って、なに(笑

福岡に「ウエスト」というローカルチェーンがあるのは知っていたが、改めてみると強烈だな。
「うどん居酒屋」。

何回見ても、ウケる(笑

そういや「ウエストにはもつ鍋もあって、安くて旨い」という記事を、事前にチェックしていた。
デイリーポータルZ 福岡のひとにウエストのよさをきいたら、結局うどんの話に

いいじゃん、いいじゃん。もつ鍋。
行ってみよう。

店に入ると、カウンター席とテーブル席。
まさに「昼間はうどん店」って感じの衝立式カウンターに陣取る。

メニューを拝見。

「もつ鍋」は300円(1人前)。安い。
注文は2人前からだが、ボリューム感が分からないので最初に頼んでおくか。

f:id:tonogata:20190225205753p:plain:w800

もつ鍋(2人前)、600円。
メガハイボール、450円。

メガハイボールは、思ったよりデカかった・・・。

f:id:tonogata:20190225210522p:plain:w800

うん。
もつ鍋、これなら一人でも余裕で食い切れそう。

カセットコンロの火で、煮込んでいきます。

f:id:tonogata:20190225210717p:plain:w800

食ってみると・・・

うめぇ(笑

味の染み込んだモツと野菜を、モグモグ噛んでさぁ。
冷えたハイボールで、スカッと流し込むの。

そしてすかさず、塩気と暖を求めて鍋の汁をズズッと。
汁がコレまた、うどんの出汁を使ってるらしく、旨い。

たまりません。

ちょうどこの日は訳あって、昼飯を食えてなかった。
とても寒い日だったし、昼間のトレッキングで疲弊感も一杯だった。

そこからの、ウエスト。
その時の感想を、忠実に書き記すと・・・

「魂が震えるウマさ」。

まぁ、言い過ぎなんだけど。
でもその日は本当に、そう思った。

誰だっていつかは、ウエストのモツ鍋で魂震える日が、きっとある。


モツ鍋を食い終えると、メニューから追加オーダー。
〆の「おじや」でなく、なんかこう違うモノを。

f:id:tonogata:20190225214855j:plain:w800

ちくわの磯辺焼き、200円。
安い。

そうこうしてる内に、酔ってきた。
メガハイボールの一杯目で、まさかの酩酊状態(笑

なぜか「イカが食いたい・イカが食いたい」という声が、脳内でこだまする。

f:id:tonogata:20190225214228p:plain:w800

イカバター焼、400円。

これにて投了。
会計、1650円。

安いすなぁ・・・。
大満足。


次の日。

初日の成功(?)に味をしめ、ノコノコとウエスト再訪。
とはいえ、夕飯はすでに済ませてある。
軽く一杯だけ、飲むつもりで。

まずは、ビール(380円)でしょう。

f:id:tonogata:20190225205541p:plain:w800

酢もつ、300円。
コリコリ爽やか。

f:id:tonogata:20190225220045p:plain:w800

ウエストかき揚げ、200円。
でけぇ。

f:id:tonogata:20190225220220p:plain:w800

思ったより、デカかった。
食っても食っても尽きない、「かき揚げ」の山。

そろそろ〆だな。
最後に少しだけ、汁気が欲しい。

うどんかな?

でもフルサイズのうどんは無理だしな・・・と探していると発見。
あるじゃないですか、「ミニうどん」(350円)を注文。

f:id:tonogata:20190303124329p:plain:w800

デケーよ(笑

結構なボリューム。
当方としてはですね、「なか卯」の「うどん 小(200円)」くらいをイメージしてたんだけど・・・。

麺がズッシリ入ってて、見た目からして重量感が伝わってくる。
これ「並」じゃん、みたいな。


がんばって、苦しいながらも食いきった。
マジ、やばかった。

酔いも一気に醒めたでござるよ。

やっぱ初見のメニューは、ボリューム感に気をつけないとな。

・・・「かき揚げ」がなぁ!

デッカいヒントだったのになぁ・・・。

サイズ感。。。


そんな感じ。