ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

IHG「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」宿泊メモ(ビーチ・プール・部屋)

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄でIHG「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に宿泊した。
ビーチリゾートですね。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

個人的に、海外旅行も兼ねて海外のビーチリゾートには行くんだけど、沖縄のリゾートってあまり行ったことがない。
昨今の情勢だと海外旅行は厳しいので、これを機に沖縄のビーチリゾートに行ってみようかな、と。

理由としては、「IHGウィークエンド無料宿泊券の消化」という側面も、ある。
「1泊すると1泊分の無料券を付与」のキャンペーンに参戦するため、という側面もあった。

さて、このホテルは沖縄の恩納村にあり、空港からは車で1.5時間。
自分は空港からリムジンバス(1730円)でホテルに向かった。

バスの到着に合わせて12:30のアーリーチェックインを事前にメールで頼んでみたら、OKとのこと。
当方がスパイア・アンバサダー会員ということもあるかもしれないが、単純に客室状況に余裕があったんだろうなと思います。

到着した「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」。
ホテルに入ってみると、広い吹き抜け空間。なかなか壮観でした。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 内観

部屋(クラブインターコンチネンタル・ビーチビュー)

部屋は「クラブインターコンチネンタル・ビーチビュー」ルーム(32㎡)となった。
予約した最安部屋からルーム・アップグレードされたもので、この場合ラウンジの利用権利はナシ。

クラブインターコンチネンタル・ビーチビュー ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

部屋は32㎡ということで、まぁ、こんなもんかな、と。

高層階(8F)のビーチビュー、眺めは良かった。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 部屋からの眺め

ただしベランダに出ると、角度的に隣の部屋のベランダも見えちゃう構造。
チェアが置いてあるワケでもなく、落ち着かないので、大した利用はできず。

値段が高い「コーナーテラスルーム」なら、また話は違ったんだろうけどなぁ。

なお、夜になるとホテル主催の打ち上げ花火(3分間)がキレイにみえた。
割と本格的で、見応えありました。

花火ショー ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ナイトプールに、浮き輪で仰向きに浮かんで花火を眺めている人もいた。優雅(笑)。
打ち上げ花火、下から見るか、横から見るかってヤツですね。

部屋に置いてあったイベントスケジュールによると、打ち上げ花火は水曜・木曜の実施。

イベントスケジュール ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

部屋には浴槽あり。
ただしこのホテルは大浴場もあるので、部屋内ではシャワーだけ使ってました。

浴槽 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

部屋に備え付けの無料の水は2本。
コロナ影響でターンダウン・サービスもないため、スタッフによる水の補充タイミングは1日1回の清掃時のみ。
南国リゾートのホテルは余分に水をくれたりすること多い印象だが、その観点でいうと、ちょっと水が足りない。

部屋に備え付けの水 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

施設の全体マップ

施設の全体マップは、以下。
左側にある赤い建物がホテル、右の方に行くとビーチがある。

地図 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

大きく分けると、ビーチが2つ、プールが2つ。

ホテルからメインの万座ビーチ(⑤)までは、5分ほど歩く。
更に歩くと、パブリックビーチもアクセス可能。
それとは別に、ホテル脇に極小のビーチ(③)がある。

プールは、ホテル側のガーデンプール(①)と、万座ビーチ側にもビーチサイドプール(⑤)1つある。

以下、ホテルの各施設について、れっつらゴー!!

万座ビーチ・ビーチサイドプール

メインの万座ビーチ(⑤)は、ホテルから徒歩5分くらい。
ビーチに沿って遊歩道(④)があるので、そこを歩いて行く。

万座ビーチまでの遊歩道

途中、岩をくり抜いたトンネルも通過する。
ひんやり涼しい。

万座ビーチまでの遊歩道 崖の下

万座ビーチからホテル方面を眺めると、こんな感じ。
正面にみえる建物が、ホテルです。

万座ビーチ パラソル

パラソルについては、宿泊者は無料で利用可能。
適当に空いてるパラソル・チェアに荷物を置くと、スタッフがやってきてパラソルに「使用中」的なキーホルダーを付けてくれる。

パラソル群の後ろに控えているビーチサイドカウンターで、タオルの貸し出しOK。
宿泊者である旨を伝えて、欲しいタオルの枚数を申し出ると普通にもらえる。

ビーチの後ろには「ビーチパーラー」(ホットドッグやかき氷)などの飲食店もあり、そちらで買ってテイクアウトしたフード・ドリンクをパラソル・チェアで食うことも可能。

さて。

こちらのビーチは、遊泳可能エリアが非常に狭いのが特徴。
↓写真の赤く塗りつぶしたエリアが、泳いでよいところ。

万座ビーチの遊泳可能エリア

ちなみに左にあるプレイグラウンドは、有料の娯楽施設。
チェックイン時に無料券を1枚もらったが、使わなかった。

海の透明度は申し分ないが、狭いので混雑して窮屈
個人的には、このビーチの開放感のなさ・生け簀感は想定外に残念だった。

万座ビーチ 透明度

小さなお子さん連れには、安心して水遊びできる深さ、ビーチ監視員の目の届くサイズ感だと思います。
そういう意味では、お子さん連れにはオススメ。

一方、他の施設をみても全般的にそうなんだが・・・。
大人だけで行くなら、少々物足りないんじゃないかな?という感じですかね。
プールが基本浅すぎ、とか。もろもろ。

なお、パラソルの後ろにはビーチサイドプール(⑥)が控えている。

ビーチサイドプール ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

水深が浅すぎるのが残念ポイントだが、逆にキッズにはちょうど良い感。
プール側にも監視員が常駐しており、安全・安心がモットーな感じ。

その他、一度ホテルの敷地をでて歩くと、パブリックビーチも近くにある。
ビーチ沿いには歩けないので、いったん遊歩道を経由する形。

ただし、こちらはパラソル等も一切無いので、ほとんど人がいなかった。

万座ビーチ パブリックビーチ

ガーデンプール

ホテルの前には、ガーデンプール(①)がある。
またガーデンプールの奥には、海沿いの小道(②)と、小さなビーチ(③)も。

ガーデンプール俯瞰図 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ガーデンプールは、例によって浅い。
大人には物足りない。

タオルは写真の真ん中の小屋で配っている。
飲食については、ホテル1階にあるカフェから、ドリンク・フードをもってきてもOK。

なお、ガーデンプールは夜も22時まで営業している。
夜もチェアでまったりできて、非常に良かった。

ナイトプール ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ガーデンプールの奥には、海沿いを散策できる小道(②)が整備されている。
早朝に歩くと、気持ちいい。

海沿いの小道 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

その小道の横には、極小のビーチ(③)もあり。
ただ、ここは主に散歩・写真撮影用で、泳いでいる人はいなかった。

ホテル横の小さなビーチ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

大浴場

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」には、1階に大浴場がある。
ビーチリゾートで大浴場というのは、良いですねぇ。

冬になると宿泊者でも有料(500円)ぽいが、少なくとも夏は宿泊者無料でOKな模様。
タオルも無料で貸し出し。

1階のスパ施設の方に行き、入口で部屋番号を伝えて大浴場へ。
一歩足を踏み入れると、そこは完全に「どこか懐かしい」感じの銭湯空間

インターコンチのオシャレな施設の中に、こんな和風の空間があったとは・・・。
脱衣所・洗い場も広さ十分、スペース的にゆとりがある感。

メインの浴槽は横に長く、奥行きが1人分。
スペースの割に収容人数が多く、7,8人は入れそう。

海洋深層水を使った泡風呂が用意されており、気持ち良かった。
泡がブクブクと、すんごいの。

風呂は23時までやっているので、ナイトプール(22時まで)とのコンビネーションも良さそうです。
※大浴場はガーデンプールから近く、そのままイケそう

ウォークスルー・レビュー

恒例の「部屋からビーチまで歩く動画」を撮ってきた。
基本は3倍速にして、時短でさっと観れるように編集してます。

まとめ

ちょっと写真が多かったので、飯モノ系は別途書く予定。
ただまぁ、別に大したものは食ってないけど。

※2021/08/27追記↓

ここまでの分の「まとめ」としては・・・

  • お子さん連れにオススメ(プール浅い・ビーチの遊泳エリア狭い&監視員が常駐して安心)
  • 一方、大人だけで行くと物足りないかも。少なくとも個人的には物足りない。
  • ナイトプール・大浴場など、夜もまったり出来て良い感じ

ほい。

そんな感じ。