読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Peachセールで「羽田-台北」路線が初登場、片道5990円。手数料代を含めた往復料金は17200円くらい。

Peach LCC

Peachが3日間限定のタイムセールをしてますね。
まぁ、特にアレってわけじゃないんだけど、今回は初めて「羽田-台北」路線がセール対象になった。
メモにて。


公式サイトはコチラ。
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/campaign/time_sale_20150718.aspx


f:id:tonogata:20150719101635p:plain


セール対象は以下。

路線 価格(片道)
大阪(関西)-松山 1,990円
大阪(関西)-香港 5,990円
大阪(関西)-高雄 4,990円
東京(羽田)-台北(桃園) 5,990円


ポイントは?

今回は就航が発表されたばかりの新路線、東京(羽田)-台北(桃園)線が片道5,990円で初登場!
しかもPeachでは燃油サーチャージはいただいておりません!


LCCは燃油代(サーチャージ)が必要ない。
↑は片道料金で、2倍にすれば往復料金。


ただし、クレジットカードの支払い手数料が別途必要だったり、空港税が必要だったり。


例えば、この前Peach「羽田-台北」往復を買った際に、チケット代とは別途必要だった費用は以下。
(クレカ決済手数料以外は、LCCじゃなくても、とられる料金です)


明細 価格
羽田空港国際線旅客保安サービス料 100円
羽田空港国際線旅客サービス施設使用料 2570円
台湾空港サービス料 2070円
支払手数料(クレカ) 660円
合計 5400円

空港使用料(PFC/PSFC)と、旅客保安サービス料(PSSC)とは何か。4月値上げ。 - やじり鳥


今回は「東京(羽田)-台北(桃園)」が5,990円(片道)。
往復で11,800円。


更に↑の5400円を足すと、17,200円。


HP上では、5900円×2+空港使用料とかで、「16720円」と出ると思います。
この後で、クレカ決済手数料が必要になるので、17200円くらいになる。
クレカ決済手数料は、PCかモバイルかで価格が異なるので、ご留意ください。
「Peach」(ピーチ/LCC)を初めて使う際に、抑えておきたいこと - やじり鳥


ということで、往復17,200円ってトコですかね。
たぶん。


ちなみに「東京(羽田)-台北(桃園)」は、非セール時で7,680円(片道)です。
ただし、最安値の話なので、連休とかはもうちょっと高いです。
ご参考まで。


「東京(羽田)-台北(桃園)」については、こちらも参照。
www.bousaid.com


ということで。

羽田→台北 5:55発 08:30着
台北→羽田 00:30発 04:45着

※火曜日以外で運行


早朝に出発して、その日の深夜に帰ってくる。


こーゆーのを、土日とか、1日有休とってイケるかもしれませんね。
まぁ、無理に日帰りすることもなかろうと思うのですが。
少なくとも、土日も対象で安くなってます。
(セール対象席数が売れたか空席連動で、5900円じゃない土日の方が多いけど)


ただし。


羽田発が5:55なので、その点だけご留意ください。

国際線チェックインは50分前まで
それ以降はご搭乗できませんので、ご注意ください。

http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/airports/howtocheckin.aspx#int_1028


国内線と違って、国際線は50分前までにチェックインが必要。
オンラインチェックインとかないので、5時には空港に入っている必要があります。
電車では、羽田空港の隣駅からの始発でも、間に合わない。


つまり、空港前泊が必要なんじゃないかと。
(空港の近くのホテルは、早朝から無料シャトルバスを出してるトコが多い)
羽田空港に近いホテル カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


そうすると、これ。
前泊ホテル代も必要になってきますね。。。


意味ないじゃーん。


と思うが、実は前泊のホテル代を含めても、ANA/JALより安くなる。
セールじゃなくても。


まぁ、ホテル代がかからないに越したことはないけど。
羽田空港の周辺駅の街とか、それはそれで楽しい。
と、個人的には思ってます。


んー。


そんな感じ。


www.bousaid.com