読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」の違いは、「プライオリティパス」の有無と「年会費」

クレジットカード 楽天 プライオリティ・パス

楽天が、「楽天プレミアムカード」とは別に、「楽天ゴールドカード」の発行を始めた。
年会費2000円。
http://card.rakuten.co.jp/gold_card/campaign/


f:id:tonogata:20160905012741j:plain:w400


元々、「楽天プレミアムカード」がゴールドカードだったんだが、なんで更に「楽天ゴールドカード」が出たのかな?と思って、ニュースリリースを見たら書いてあった。

楽天市場を利用している楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数が高い、ポイントに魅力を感じているユーザー(プラチナ会員・ゴールド会員)のうち、楽天カードの非保有者は34%でした(注3)。また、クレジットカードの入会動機として「空港のラウンジサービスを使いたい」と回答したユーザーは37.4%いたことから、ポイント高還元と国内主要空港と海外空港2ヵ所のラウンジサービスを付帯した、年会費が手頃なゴールドカードの発行に至りました。

楽天株式会社:  楽天カード、年会費2,000円で手軽に持てる「楽天ゴールドカード」の申込・発行を開始 | ニュース


つまり、

  • (楽天プレミアムと同様に)+1%のポイント優遇
  • 空港ラウンジが使える(ただし国内のみ)
  • 楽天ゴールドは年会費が安い(その代わり海外の空港ラウンジがなし)

ということになる。


以下、詳細にて。



「楽天ゴールド」と「楽天プレミアム」の違い


ざっとカードごとの違いを見てみる。

カード 年会費 楽天以外
での利用
還元ポイント
楽天市場
での利用
還元ポイント
国内空港
カード
ラウンジ
海外空港
ラウンジ
(プライオリティパス)
楽天カード 0円 1% +4% - -
楽天ゴールドカード 2,160円 1% +5% -
楽天プレミアムカード 10,800円 1% +5%

※楽天市場でのポイントは通常1%、ゴールド/プレミアムは+4%で計5%になるため、「5倍」と表現されている
※年会費無料の「楽天カード」との差は1%しかないので注意
【楽天市場】スーパーポイントアッププログラム ポイント7倍 | SPU


「楽天」以外での利用では、どのカードも還元率1%。


楽天市場での利用なら、ゴールドとプレミアムは、ポイント優遇が同じ、5%還元。
平の「楽天カード」は、4%還元。


年会費無料の「楽天カード」と、ゴールド/プレミアムの差は、「1%しかない」ということに注意。


ということで、「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」の違いは、

  • プライオリティ・パスの有無
  • 年会費

かな。



空港ラウンジでの違い


「空港ラウンジ」とは何か?


飛行機に乗る際はチェックインや荷物預けの関係で、早めに空港に入る必要がある。
チェックインや荷物預けが済んでから暇になるが、空港のベンチシートに座って待つのはキツい。


そこで、ゆったりとしたソファ席、フリードリンク付の「ラウンジ」へ。
充電用の電源や、WiFi、テーブル席などもある。


また、特に国際線の飛行機の乗り換えで、空港で数時間の待ち時間が発生した場合。
数時間は結構エグいので、「ラウンジ」でゆっくり過ごす。


それが、空港ラウンジ。


「楽天ゴールドカード」で利用できる空港ラウンジは、いわゆる国内の「カードラウンジ」。


これは楽天に限らず、一般的なゴールドカードで無料利用が可能。
手元に一枚でもゴールドカードやアメックス等があれば、カード公式HPをみればラウンジについての記載があるかと思う。


ただ、ゴールドカードを持ってれば入れるので対象者も多く、ホリデーシーズンは混雑して座れないこともある。
いわゆる「ゴールドカード」でどんなラウンジが利用可能かは、以下で確認できる。


空港ラウンジサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード
空港ラウンジサービス|クレジットカードなら、JCBカード
※使えるのは、国内の空港ラウンジのみ


「楽天ゴールドカード」は、国内に加えてホノルル、ソウルでも利用可能。
ちなみに楽天ゴールドでない一般のゴールドカードでも、JCBであればホノルルだけは海外で利用可能。


海外空港でのラウンジ利用は、「プライオリティ・パス」が必要になる。
「楽天プレミアムカード」についている「プライオリティ・パス」ついては、こちらを参照。


www.bousaid.com


プライオリティパスで自分が使ったことのある、海外空港ラウンジのサンプルは以下など。
国内空港のカードラウンジと異なり、メシや無料シャワーがついてたりする。


www.bousaid.com


www.bousaid.com



「楽天ゴールドカード」のメリット


年会費が安いのに、

  • SPUでのポイント優遇が「プレミアムカード」と同じ
  • カードラウンジ(国内空港+ホノルル、ソウル)が使える

というあたり。


あとまぁ、保険が充実してるとか。
いわゆる「ゴールドカード」機能。


プライオリティパスが必要なければ、つまり海外旅行を頻繁にするのでなければ、「楽天ゴールドカード」で十分という話なる。


ただ、年会費無料の「楽天カード」とのポイント還元の違いは「+1%」のみ。
ポイント還元で年会費2160円の元をとるには、「楽天」での買い物が年間で21.6万円以上必要になる。


このカードのターゲットは楽天のプラチナ会員・ゴールド会員なので、「かなり楽天で買い物するユーザー」。
逆に言うと、楽天であまり買い物をしない人は、ターゲットではない模様。
【楽天PointClub】:ランクアップ・キープの仕組み


ただまぁ、安い「ゴールドカード」が欲しいという場合は、別に「元を取る」ということは気にしなくてもいいかもしれない。
ゴールドカード持てるなら、2000円とか別に良くね?みたいな。



そのほか


以前から楽天プレミアムカードのユーザーにアンケートで、「プライオリティパスは必要か?」というアンケートがくることが、ちょいちょいあったらしい。
そのため、「楽天プレミアムカードから、プライオリティパスがなくなる?」という噂がネットであった。


しかし、それらのアンケートは「楽天ゴールドカード」のためだった、と分かったので、ちょっと安心。
(ニュースリリースにあるように、このカードの準備のために、空港ラウンジについてのアンケートをしていた)


とりあえず、プライオリティ・パスがなくならないようで、良かったです。


そんな感じ。


プライオリティ・パス カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥
クレジットカード カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥