JAL FLY ONプログラムとLife Statusプログラムの違い

新制度「JAL Life Status プログラム」でのJGC修行におけるLSP単価(Life Status ポイント単価)

JAL FLY ONプログラムとLife Statusプログラムの違い

JAL Life Status プログラムとStarグレード

2024年1月から開始する「JAL Life Status プログラム」の詳細が発表された。
JAL Life Status プログラム

飛行機搭乗や日常決済で「Life Status ポイント」(LSP)が貯まり、「Star グレード」が決まる。
従来からのFLY ONプログラムはそのまま残るが、JGC入会資格はLSP側の特典に移動する。

JAL FLY ONプログラムとLife Statusプログラムの違い

Starグレードに必要な「Life Status ポイント」(LSP)は以下。
JAL – Star グレードとは?

JAL Star グレード

Star グレード必要LSP
JMB elite250 LSP
JMB elite plus500 LSP
JGC Three Star
(JGC入会資格)
1,500 LSP
JGC Four Star3,000 LSP
JGC Five Star6,000 LSP
JGC Six Star12,000 LSP

現行のJGC会員は、「JGC Three Star」に自動移行する。
その「Three Star」の上には3つのグレードがあり、主に旧ミリオンマイラー制度「JGC Life Mileage」にあった「マイル期限の無期限化」「ラウンジ同行者の人数制限ナシ」などの特典がある。

新たにJGC入会をしようとする場合は1,500LSPが必要となる。
この1,500LSPを貯めるには結構な修行が必要となるが、その点は後述。

Starグレードの特典は以下。
Star グレードごとの特典・サービス

サービスJMB
elite
JMB
elite
plus
JGC
Three
Star
JGC
Four
Star
JGC
Five
Star
JGC
Six
Star
ラウンジ2回6回
モバイル通信
データ無料
(povo?)
タクシー割引
JALパック
ツアー割引
予約・搭乗
の優先
受託手荷物
プライオリティ
バッゲージ
搭乗ボーナス
マイル
バッゲージ
タッグ
限定イベント
招待(抽選)
提携社
ステイタス
ホテル優待
無料空港宅配
サクララウンジ同行
家族人数無制限
家族専用サクラ
ラウンジクーポン
マイル有効期限
延長(無期限)
JGC Five Starタッグ
家族への
マイル継承
家族をJGC
本会員へ招待
最上位ラウンジ

目新しい特典としては「提携社ステイタス」や「ホテル優待」がある。
オークラ・JALシティ・マリオットが例として挙がっているが、詳細は2024年春に発表予定。
「提携会社ステイタス」は、ちょっと気になる特典ですね。

JAL Starグレード特典 提携社ステイタス

JGC Six Starだけが得られる「最上位ラウンジ」は、「国際線JAL ファーストクラスラウンジ、国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ」と思われる(旧ミリオンマイラーからの移行)。

LSP単価とJGC修行

Life Status ポイント(LSP)の獲得方法は、飛行機の搭乗やJALカード決済などがある。
JAL – Life Status ポイントとは?

それぞれ獲得単位が異なり、例えば国内線は「1区間につき5 LSP」だが、国際線は「1000 区間マイル(TPM)につき5 LSP」。

JALカード決済額は「ショッピングマイルプレミアム」や「アドオンマイル」なども含む、決済での獲得マイルでLSPを付与、「2000マイル獲得毎に5 LSPを付与」となる。

種別単位獲得
LSP
LSP
単価
JGC修行
(1500LSP)
備考
国内線1区間5 LSP(例)
2,000 円

4,000 円
(例)300搭乗
3 百万円~
6 百万円
片道1~2万円のLSP単価例
300回の搭乗で1500LSP
※航空券購入でのLSPは別途
国際線1,000
TPM
5 LSP(例)
4,000 円
(例)50搭乗
6 百万円~
SIN往復=12万円のLSP単価例
SINの場合、50回で1500LSP
※航空券購入でのLSPは別途
JALカード2,000
マイル
5 LSP4万円60 百万円100円=1マイルの場合
航空券購入は最大4マイル、
その場合はLSP単価1万円
JAL Pay500
マイル
1 LSP10万円150 百万円200円=1マイル
JAL Mall100
マイル
1 LSP2万円30 百万円100円=1マイル

1 LSPを獲得するために必要となる費用は、カード決済であれば4万円。
JGC資格を得るには1500LSPが必要となるので、カード決済だけでがんばる場合は6千万円が必要。
単価が良くないので、補助的な手段となる。

国内線・国際線は運賃によりLSP単価が異なるが、ざっくりでいうと上記の通り。
なお飛行機の搭乗では「回数」「距離」でLSPが貯まるが、航空券の購入にJALカードを使えばその面でもLSPが貯まるので、やはり飛行機搭乗がLSPを貯めるには効率が高い。

上記の単価表では「航空券の購入」におけるJALカードLSP分は計算に入れていないが、LSPで使えるのは搭乗による「フライトマイル」ではなくJALカード側のショッピング・マイルで、航空券購入の場合は最大で100円4マイル(ショッピングマイル+特約店+アドオンマイル)。
プラチナカードなら100円4マイル、ゴールドなら100円3マイルなので、プラチナカードが活きてくる。

JALカードショッピングマイル(JALカード特約店、JALカードショッピングマイル・プレミアムでのマイル積算分、アドオンマイルを含む)が対象。搭乗ボーナスマイルなどは対象外です。

JAL – Life Status ポイントとは?

国内線の「回数」の方が単価が安くおさまるかと思う。
セール運賃を使えば単価が安くなる。例えばJALが定期的に実施している国内線の6600円セールを使うと、LSP単価は1320円。
国内線でJGC修行する場合は300回の搭乗で1500LSP到達、最安単価1320円の場合は約2百万円。

国際線の運賃については、現時点で数ヶ月先の料金をサンプリングした。
例えばシンガポールの場合は往復(12万円)で30 LSPを稼げるので、1500LSP貯めるには50往復が必要。
なおJALの場合、特典航空券はLTマイル加算されないので、あくまで有償フライトが対象となる。
区間マイル(TPM)は「フライトマイル」とは異なり純粋な距離の単位で、一覧は以下。
JAL 区間マイル

行先片道往復獲得LSP料金例LSP単価
ソウル758 TPM1,516 TPM5 LSP60,000 円12,000 円
シンガポール3,312 TPM6,624 TPM30 LSP120,000 円4,000 円
ロサンゼルス5,458 TPM10,916 TPM50 LSP250,000 円5,000 円

なお1フライトの獲得TPMを「1000マイル」で割って余った分は、次回搭乗分で合算して計算される。
そのため上記LSP単価よりは、実際はもう少し良くなる。

「Life Status ポイント」は有効期限がなく、ずっと貯まっていく。
逆に今までの搭乗実績も1月中旬に一律計算して配布される予定。
自分が2024年1月に獲得できるLSP数については、「生涯フライト記録」から計算できる。
JAL Life Status プログラム開始時点の取り扱い
※既存JGC会員が上記「生涯フライト記録」で1500LSPに満たない場合、一律で1500LSP付与となるとのこと(コメント欄を参照)

JGC入会資格が「有効期限のないLSP数」によって決まるのであれば、JGCへの入退会が繰り返せるようになるのか?というと、そうでもない。
以下のような再入会条件が設定される模様。

JGC本会員の方がJALグローバルクラブを退会後、JGC本会員として再入会をご希望の場合、JGC退会後より新たに100 Life Status ポイント以上を獲得する必要があります。(ただし、2024年は新制度の過渡期時期にあたるため、当条件は免除となります。)

JAL Life Status プログラム ご入会にあたって

なお、LSP積算手法はまだ4つしか明らかになっていないが、ふるさと納税や電気代など、他のJALサービスでもLSPが積算される予定ではある。

JAL Life Statusプログラム 獲得手法

JGC修行観点でのまとめ

JGC資格の取得は、めっちゃハードルあがった。

もしJGCを狙っており、まだ間に合うなら・・・

年内の解脱を目指した方が良いんじゃないかと思った。

つまり・・・

Go, Go, Go !!
Move, Move, Move !!
(ゴーゴーゴー!!
ムームームー!!)

ほい。

そんな感じ。

>「印象に残った記事」投票

「印象に残った記事」投票

10周年記念「印象に残った記事」投票ボタンを設置しました