みかど ちゃんぽん

沖縄のあんまー食堂で食べる郷土料理「ちゃんぽん」(みかど・三笠・花笠食堂)

みかど ちゃんぽん

沖縄の郷土料理「ちゃんぽん」

「ちゃんぽん」という言葉は「混ぜたもの」ということで、各地でその名の郷土料理があるようだが、だいたい麵類だったりする。
長崎ちゃんぽん、とか。

対して沖縄の「ちゃんぽん」はユニークで、ご飯物。
主に野菜などの卵とじ御飯なんだが、店によって具材は味付けは異なるらしい。

過去に那覇の店「みかど」でちゃんぽんを食った際にはいたく感動したので、今回は「みかど」に加えて他の店でも食ってみたいなと思った次第。

やっぱ沖縄は、「あんまー食堂」(おばちゃん食堂)がいいですよね。
いわゆる大衆食堂で、近所のおばちゃんがエプロンして、ザクザク料理を作ってく感じのヤツ。
ということで、あんまー食堂の「ちゃんぽん」、行ってみましょう。

それでは早速、れっつらゴー、
ヤー!

ゴーヤ!!

お食事処 みかど

みかど 外観

昔は24時間営業、いまは深夜24時まで。
さらにコロナ下の今は、営業時間も短縮中の「みかど」(1962年創業)。
みかど(食べログ)

いわゆる食堂メニューが並ぶ中に、沖縄名物「沖縄ちゃんぽん」「すき焼き定食」「ゴーヤーちゃんぷるー」などなど。

みかど メニュー

カウンター席に陣取り、早速注文。
「沖縄ちゃんぽん」(700円)。
5年前に比べると、流石に100円ほど値上げしてますかね。

みかど 店内

やってまいりました。

こちらの「ちゃんぽん」は、沖縄ホーメルというメーカーの「コンビーフハッシュ」を使っているんだが、そのコンビーフとポテトに炒めた野菜の汁とタレがしみこんで、優しい味になるんだなぁ。
なんか懐かしくも、よくよく考えると食ったことない感じの味。

沖縄ホーメル「コンビーフハッシュ」

下には白飯が入っているんだが、具ごとスプーンですくって、グババっと食うとコレまた美味い。
飽きずに最後まで美味しい感じでイケるのが、いいですね。
野菜もたくさん入ってるし。

みかど ちゃんぽん

尖った味ではないんだけど・・・

なんか、美味いんだよなぁ!っていう。

個人的には、結局ここのちゃんぽんが一番好きかな。

お食事処 三笠

三笠 外観

以前は「みかど」の隣にあったが、近くに移転してキレイになった「三笠」(松山店)(1966年創業)。
こちらも、あんまー食堂ですね。
三笠 松山店(食べログ)

三笠では、以前「すき焼き」を食ったんだが、これがまた美味かった。
またコチラのお店にはタップに入ったバター(マーガリン)がおいてあり、白飯の付く定食では白飯にバターを乗っけて食える。
沖縄でしか流通していないアメリカ生まれの「ホリデーマーガリン」というもので、なんというか沖縄を感じる逸品。
(バターはテーブルに置いてないが、おばちゃんに言えば出してくれる)

ホリデーマーガリン(Holiday Margarine)
http://www9.plala.or.jp/mikasa1/annai.html

ただ今回は「ちゃんぽん」の食べ比べということで、いってみましょう。
「ちゃんぽん(三笠風)」(650円)
※ちゃんぽんは白飯の上に具材が載ってるのでバター御飯はまたの機会に

お店のメニューによると、ちゃんぽんは「おすすめ人気No1」らしいです。
ローカル客含めた人気メニューでは、焼肉定食(豚肉)らしい。

三笠 ちゃんぽんの説明

三笠の「ちゃんぽん」は、紹介文にあるように、ちょっと変わっている。
「ひき肉と玉ねぎを炒めて、卵でとじたシンプルなお料理です」。
具材が、ひき肉と玉ねぎメインなんですな。野菜の種類は少なめ。

三笠 店内

やってまいりました。

思ったより、玉ねぎ感!!

三笠 ちゃんぽん

飴色の玉ねぎが、たっぷり。
ひき肉と卵と一緒にほおばると、美味い。
甘くて、なんつーか、「食べ始めたら止まらない」っていうジャンキーな感じがいいですね。
モグモグと食い進める当方。

カウンター裏の調理場では、エプロンしたおばちゃんが4名も(!)
ザクザクと具材を切り、鉄鍋をふるって料理を作っている。

そこに入店してきた、若い男性。
カウンターに座って「焼肉定食ください」。

おばちゃん「大盛り?」
お兄さん「あー、・・・大盛りで」

しかし、おばちゃんが皿に盛り付けようとする段になって、カウンターでその様子を眺めていたお兄さんが声をあげる。

お兄さん「あ、あ、やっぱ普通盛りで!」
「今から、普通盛りにできます?」
※沖縄の定食屋、基本的にボリュームがすごい

おばちゃん、「はい、はい、いいですよ」と笑顔で回答。
クスクス笑いながら「最初は食べられると思ったのにね、実際見たらダメだったのね(笑)」
お兄さん「あ、はいぃ。。。」
すると調理場の3人のおばちゃん、料理しながら皆で「フフフ」と笑い声。

なんつーか、いい年のお兄さん客が良い意味で子供扱いされてる感じが、「やっぱあんまー食堂はいいねぇ」と思った一コマなのでした。

花笠食堂

花笠食堂 外観

平和通り商店街に位置する「花笠食堂」、こちらも老舗有名店ですね。
花笠食堂 (食べログ)

沖縄の食堂では無料のお茶でなく、アイスティーがでることがある。
花笠食堂のアイスティーがまた、美味かったですねぇ。
お茶と思って飲んだらアイスティーの、爽やかサプライズ!

なお、花笠食堂のアイスティーは明治乳業から商品化もされている。
「ザラメのやさしい甘さが特徴のアイスティー」とのこと。

花笠食堂のアイスティー(明治乳業)

ということで、こちらでも「ちゃんぽん」(850円)、いってみましょう。
こちらの「ちゃんぽん」は、汁と小鉢が選べる。
「中身汁」と「もずく酢」をチョイスした。

花笠食堂 店内

中身汁というのはモツの汁物で、これまた沖縄の郷土料理ですね。
具だくさんで美味かった。

「ちゃんぽん」の方は、しっかりした豚肉と、だくさんの野菜。
結構、塩っ気あり。
見た目でイメージできるというか、「知ってる感じ」の美味さであった。

ただ、やはり卵と肉と塩のハーモニーが、ポーク卵的というか、沖縄っぽいよなぁと。
普通に美味い。

花笠食堂 ちゃんぽん

850円でこれだけ食えると、だいぶコスパがいい感じします。
ちゃんぽんも、中身汁も、アイスティーも、美味かった!

ほい。

そんな感じ。