JAL国内線で「FLY ONポイント」(FOP)計算の基本をチェックする

FLY ONポイント

JALの飛行機に乗ると、「マイル」とは別に「FLY ONポイント」がもらえる。
これが貯まると、JALの上級会員ステータスをゲット。
いわゆるJGC修行。

それで、その、「FLY ONポイント」。
略して「FOP」。
「ふぉっぷ」と読む。

かどうかは、知らない。

ちなみに、ANAは「プレミアムポイント」と言うのがあるが。
こちらは、略して「PP」。
「ぷぷ」と読む。

かもしれない。

それはともかく、FOP。
エフ・オー・ピー。

どうなんでしょうか?

基本的なコトは、公式サイトをちぇけら。
https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/guide.html

f:id:tonogata:20150717010455p:plain

はい。
それで、その、ちょっと計算方法のメモにて。

FOP計算の基本

FOPの計算は?

FOP = 「フライトマイル」×「FLY ON ポイント換算率」+「搭乗ポイント」

自分で計算しなくても、公式HPで簡単計算。
JALマイレージバンク – マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!

ちょっと中身をみてみる。

フライトマイル

FOP = 「フライトマイル」×「FLY ON ポイント換算率」+「搭乗ポイント」
→「フライトマイル」の部分。

「フライトマイル」は、↓を参照いただければと思います。

JALマイル計算の基本をチェック。「ツアープレミアム」は必要か?

とりあえず、「国内線」に関してだけに限定すると、、、

「フライトマイル」=「区間マイル」(TPM)×「利用運賃の積算率」。

国内線の「区間マイル」(TPM)は、JAL公式に一覧表がある。
https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/jal6.html

「利用運賃の積算率」は、国内線だと2択。
50%か75%。

チケットの種類 積算率
パッケージツアー 50%
先得とか株主割引とか 75%
国際線の国内区間とかビジネスきっぷ 100%

https://www.jal.co.jp/cgi-bin/jal/milesearch/save/flt_mile_save.cgi

まー、大抵75%ですよね。
「先得」系は「先得割引」、「スーパー先得」、「ウルトラ先得」と3つあるが、全部75%。

「フライトマイル」の代表例をちょっとだけ。

  • 積算率75%
  • 往復

の場合。

区間 往復フライトマイル
東京-大阪 420マイル
東京-札幌 765マイル
東京-沖縄 1476マイル
東京-石垣 1842マイル

東京発だと、一番遠い(マイルがもらえる)のは、石垣便。
本数が多くて予約が取りやすいのは、沖縄(那覇)便。

沖縄だと、往復で1476マイル(フライトマイル)。

FOPは、この「フライトマイル」を使って計算する。

FLY ON ポイント換算率

FOP = 「フライトマイル」×「FLY ON ポイント換算率」+「搭乗ポイント」
→「FLY ON ポイント換算率」の部分。

「FLY ON ポイント換算率」は、簡単。
3種類だけ。

路線 換算率
日本国内線 2倍
JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・オセアニア線 1.5倍
上記以外の国際線 1倍

https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/guide.html

ここでは「国内線」の話なので、、、
2倍。

つまり、「フライトマイル」×2倍が、もらえるFOPとなる。

区間 往復フライトマイル FOP
東京-大阪 420マイル 840 FOP
東京-札幌 765マイル 1530 FOP
東京-沖縄 1476マイル 2952 FOP
東京-石垣 1842マイル 3684 FOP

※先得(積算率75%)の場合

沖縄だと、2952ふぉっぷ。
いいすね。

ちなみに、この「国内線=2倍」というのがデカくて。
国際線のアジアは1.5倍。
かつ、国際線は積算率が50%になりがち(ダイナミックセイバー タイプD/E/F)。
結果、、、
韓国、台湾、上海、北京に行くより、、、
沖縄(国内)に行く方が、FOPが多くなる。

なので、沖縄線はJGC修行に良く使われるんすね。
ANAも計算式的にはほぼ同じで、沖縄が高効率路線となっている。

搭乗ポイント

FOP = 「フライトマイル」×「FLY ON ポイント換算率」+「搭乗ポイント」
→「FLY ON ポイント換算率」の部分。

最後に「搭乗ポイント」。
これは、400~0 FOPがもらえるキャンペーン。
延長されるかも、だが、一応期間限定なので注意。

FLY ON プログラムとは – JALマイレージバンク

残念ながら、国内線の「先得」系は、0(ゼロ)。搭乗FOPはもらえない。
おー、尿!(No!!)

では、どーゆーチケットなら「搭乗ポイント」がもらえるのか?

  • 株主割引
  • 特便割引
  • ビジネスきっぷ

など。

これらは、1区間毎に400FOPもらえる。
往復で、800FOP。

でけぇ。

なので、「特便割引」については、FOP狙いなら「あり」かもしれない。

「特便割引」は「先得」より高い場合が多いが、払い戻しの条件が異なる。
つまり、「特便割引」の方が「払い戻し」の際の条件が良い。

あと、「お帰り確約」といって、往復チケットを予約する際に、帰りの便が予約開始日前でも、行きとセットで予約可能とか。

チケット種別による違いは、下記を参照ください。
https://www.jal.co.jp/dom/rates/

それで、「特便割引」の場合のFOPは?

「先得」と「特便割引」(往復800FOP追加)の例

区間 往復フライトマイル 先得 特便割引
東京-大阪 420マイル 840 FOP 1640 FOP
東京-札幌 765マイル 1530 FOP 2330 FOP
東京-沖縄 1476マイル 2952 FOP 3752 FOP
東京-石垣 1842マイル 3684 FOP 4484 FOP

※特便割引も先得も「積算率」は75%

まぁ、そこら辺は、価格を見ながらのチェケらっちょで。
いいんじゃないかと思います。

ただし。
注意。

ちょー注意。

「特便割引」は「ツアープレミアム」の対象ではないんですねぇ。。。
対象は「先得」系と、乗継割引28。
JALカード ツアープレミアム(カードの機能) – JALカード

つまり、FOPは多くもらえるが、「ツアープレミアム」加入者の場合は、もらえるマイル数が少なくなるかもしれない。
ご留意ください。

あと、OKA/SINで使う「国際線の国内区間」。
これは、積算率100%、搭乗ポイント400FOPあり。

「国際線の国内区間」の例

区間 往復フライトマイル 先得 特便割引 国際線の
国内区間
東京-大阪 420マイル 840 FOP 1640 FOP 1920 FOP
東京-札幌 765マイル 1530 FOP 2330 FOP 2840 FOP
東京-沖縄 1476マイル 2952 FOP 3752 FOP 4736 FOP
東京-石垣 1842マイル 3684 FOP 4484 FOP 5696 FOP

※国際線の国内区間は100%+400FOPあり

ご参考まで。

マイルについて

FOPとマイルは、「フライトマイル」を使うところは同じだが、最後の部分がちょっと違う。
マイル=「フライトマイル」+「ボーナスマイル」。
そこら辺の話は下記を参照。

JALマイル計算の基本をチェック。「ツアープレミアム」は必要か?

所感

どうしようか考えてる。

今のところ、国際線の国内区間でしか、JALに乗ったことないんですよね。

ただ、FOPが微妙に足りなくて。
なんか、国内線でも普通に乗ろうかな、と。
思って。
計算をチェックした。

んー。

そんな感じ。

https://www.bousaid.com/category/JGC%E4%BF%AE%E8%A1%8C/