iPhone7をエアバッグ機能で守るスマホケース「Anker ToughShell Air」(タフシェル・エア)を買ってきた

iPhone7を買ったので、スマホケースも新調した。
それまで使っていたiPhone6sのケースは、そのままでは使えないんですよね。。。

最初、無理矢理iPhone6sのケースをiPhone7にはめてみたが・・・
iPhone7からイヤホンジャックが廃止されたので、そのあたりに無理がある。

7からは、カメラレンズも大きくなってるし・・・

そこで、iPhone7のために「Anker ToughShell Air 4.7インチ用 クリア保護ケース (クリア)」を買ってきた。
ちょっと、今回は「耐衝撃性」にこだわってみようかな、と。

さて。

「Anker ToughShell Air」は、「エアバッグ機能」を搭載しているという。

エアバッグ機能が施されており、スマートフォンの角の部分含め、高い衝撃吸収を実現しました。

えー。

めちゃ、怪しいんですケド。

買ったけどな。

素材はスマホケースでよく使われている、TPU。
あの、固いのか柔らかいのか、よく分からないヤツ。

ケースの内側、iPhoneとの接触面をみてみる。
ちょっと中央が膨らんでいるのが分かる。

iPhoneを入れてみると、その膨らんだ部分とiPhoneの間に、空気の層ができている。

なるほど。
これを「エアバッグ機能」と言っているのか。

なんとなく、「エアバッグ」と言われると、ちょっと違う気がするけど。。。
タイヤ的な感じ?

ケースの外から、指で押してみると、、、
ホントだ。

タイヤのように固い。
そして強く指を押し込むと、ちょっと凹む。

このタイヤ保護で、iPhoneの四方をプロテクト・・

無敵じゃないかッ!!

iPhoneを落としても、これは耐衝撃性が期待できそう。
良さげです。

まぁ、液晶面から落ちたら、液晶は割れそうだけど。
そっちは、同時に買った強化ガラスの液晶保護フィルムでカバー。
ちゃんとAnkerの保護フィルムも同時購入しているので問題ない。

iPhone7専用なので、スピーカーやボタンなどのハマり具合もOK。

充電ケーブルは、自分が使っているAnkerのケーブルは刺さった。
スマホケース全般の問題だが、ケーブルのコネクタ部分が太いと、刺さらない場合もあるだろうから注意。

そんな感じ。

iPhone7購入のためにiPhone6sを売った価格と、買った時の価格から差し引いた結果。

https://www.bousaid.com/category/iPhone7/

Anker カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥