ANA、JALの燃油代(サーチャージ)が2017/2発券分から復活

ANA・JALの燃油代が「10ヶ月ぶりに復活する」というニュースがでていますね。
12月中旬に発表の見込み。

FNN.jpプライムオンライン
燃油サーチャージ、来年2月に復活へ 10カ月ぶり、欧米路線で片道3500円上乗せ – 産経ニュース

燃油代(サーチャージ)は、2016/4から0円だった。
それが、2017/2から10ヶ月ぶりに復活する、と。
円安での燃油代高騰が理由。

現行の予想では、価格表テーブルの「A」が予想されている模様。
(一番安い燃油代)
ANAの「燃油特別付加運賃」
JALの「燃油特別付加運賃」

※2017/2予想(Aの場合/片道分の燃油代)

詳細は、「燃油サーチャージ価格と推移」を参照。

この場合、チケット代に加算されるのは、、、
欧州・北米へは、往復で7000円。
ハワイへは、往復4000円。
東南アジア(1部)へは、往復3000円。

まぁ、数万円が必要だった2014年・2015年あたりに比べると、まだまだ安い方ではあります。
ただまぁ、12月中旬の公式発表を待たないと、分かんないけど。

いずれにしろ、値上げがあるのは2月発券分から。
もし、その付近でチケットを買う予定がある場合は、1月中に買ってしまった方が、「ちょっとは安くなる」という感じですかね。

特に長距離の特典航空券なんかは、現在は「諸税」(空港使用料)が安く済んでいる分、燃油代復活で「現金負担がちょっとあがる心証」となるので、予定があるなら早めに発券するのがいいかもしれない。

燃油代があがる分、将来的には運賃が安くなるといいんですけどね。。。
あるとしても、相当先の話になりそう。

燃油代が0円になって、航空券は本当に安くなったか?「運賃」値上げとの関係をチェック。

そんな感じ。

https://www.bousaid.com/category/%E7%87%83%E6%B2%B9%E4%BB%A3/