海外旅行に便利なSIMカードホルダー。クレカサイズで財布に入れて紛失防止。

海外旅行で現地のプリペイドSIMを購入した際に、元々スマホにささっていた国内用のSIMを「紛失せずにとっておく」必要がある。
帰国したら、SIMを再度入替えないといけないのだ。

ただどうもSIMを収納しておく方法というのが、安定しない。
今まではパスポートケースに挟み込んでいたんだが、何かの拍子で落ちてしまわないか心配なのだ。

そこで、何か小さめのSIMカード・ホルダーはないかな?と探して、以下のSIMカードケースを購入した。

ホルダーが薄く、クレカサイズなのがイイ。
SIMを3枚まで収納した状態で、財布のカードポケットに入れられる。

またSIMを出し入れする際に使う「イジェクトピン」も付属。
今まではクリップで代用していたが、ちゃんとしたイジェクトピンがあるならそっちを使いたい。

届いたのは、コチラ。

SIMをホールドする型枠が3つと、イジェクトピン。
それらを収納する、ペラペラのシート。

早速、手持ちのSIMを収納してみた。

SIMカードを型枠にセットして、シートに入れる。
型枠はナノSIM×2、マイクロSIM×1。
(1枚はナノSIM→マイクロSIMアダプタ)

正直、型枠は使わなくてもいいかもしれない。
ただ色分けして整理できるので、パッと見で分かりやすいかな?

自分の場合マイクロSIMの型枠は使わないので、代わりにデジカメのSDカードを入れるのでもいいかな、と思った。

SIMを収納したシートごと、財布のカードポケットに入れてみる。

スポッと入った。

カードポケットに、ジャストサイズ。

いいすね。

SIMはシートにガッチリ挟み込まれて、落ちる気配なし

ちなみに、SIMの取り出し方。

青と赤の型枠はちょっと上にハミ出るので、上部を掴めば型枠ごと引っ張り出せる。
問題は黄色の、小さめの型枠(アダプタ)。

シートにすっぽり入ってしまっており、取り出しにくい。

しかし心配ご無用。

イジェクトピンで、下から押し出してやるのである。

天才か・・・。

俺氏。

ちなみにイジェクトピンの本来の使い方は、スマホのSIMカードを取り出す際に使う。
小さい穴にイジェクトピンを押し込むと、SIM台座が出てくる形。

ということで。
SIMの収納はこんな感じでいいかな。

いつも「紛失しないように気をつけないとな・・・」とちょっと不安だった。
これで財布に入れておけば、収まりがいいかな、と。

そんな感じ。

タイの現地SIMカードを日本で買って、タイ旅行で使うのが安くて簡単だった

ハノイ「ノイバイ空港」で旅行者用のSIMカードを購入する(Mobifone/VIETTEL)

アメリカのプリペイドなトラベラーSIM「ZIP SIM」を、SIMフリーのiPhoneで使う。設定作業が不要の簡単SIMだった。