ANA国際線のプレエコ・アップグレードに入札オークション制「Bid My Price」導入、SFC特典の恩恵は薄まる方向

ANAは国際線で、オークション制でのアップグレード制度「Bid My Price」を導入する。

対象クラスは、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレード。
対象路線は、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア路線。

公式サイトはコチラ。
Bid My Price ANA

「Bid My Price」は有償アップグレードで、要は「お金をいっぱい払えばアップグレードできる」。

もし同額での入札があった場合は、

  • 購入チケットの予約クラス(≒チケットの値段)
  • 会員ステータス
  • 先着順

で決まる。
(それらの条件の優先度は不明)

アップグレードは入札額の高いお客様より順に確定いたします。
複数のお客様より同額で入札をいただいている場合は、ご購入された航空券の予約クラス、ANAマイレ-ジクラブの会員ステイタス、入札実行日時の優先順位に基づき、アップグレードを確定いたします。

入札可能な金額には上限が設定されるため、結構「上限での同額入札」が多くなるんじゃなかろうか。

入札額に連動したゲージが設定されておりますので、定められた金額範囲内で入札額を指定いただけます

そうなると、先ほどの優先順位での勝負となる。

入札可能な額が、いくらくらいになるかは不明。

参考までに、JALの場合は現行でもプレエコへの有償アップグレードを実施しているが、固定価格で北米・欧州線で4万円/片道である。

北米・欧州 4万円 (JALの場合)
オーストラリア 3万円 (JALの場合)

※ちなみに東南アジアは2万円

JAL、当日空港でのプレエコへの有償アップグレード料金を値上げ。最大2倍の料金へ。

ANAの場合はオークションになるので、これより安くイケる可能性もあれば、高くなる可能性もある。

なおANA「Bid My Price」では、特典航空券は対象外(入札できない)。

またアップグレードしても、獲得マイル/PPは元チケット(エコノミー)のままと思われる。

同様の入札アップグレードは、海外の航空会社ではみかける。
国内航空会社としては、初めて。

今回は一部路線のみの導入だが、将来的にはどんどん対象を増やしていくんだろうな・・・。

手順的には、出発の7日前に入札開始して、3日に決まる感じ。

7日前 入札受付の開始
4日前 入札額の変更・キャンセル可能期間
3日前 入札の締め切り

ちなみにSFC会員は、出発の24時間前に先着順で「無料アップグレード」が可能。

ANAのSFC特典「国際線プレミアムエコノミーの無料アップグレード」は、24時間前の先着順。

しかし今後、「Bid My Price」の対象路線では、なかなか厳しいかも。
「24時間前」までに、オークションでプレエコ席が埋まっちゃいそうだから・・・。

なおANAについては、9月から国内線の制度も変わる。
こっちも、「お金をたくさん払えば、チケットがとれる」というモノ。

ANA「国内線運賃」が2018年秋に大幅リニューアル、355日前から予約可能など

まぁ全般的に、この流れですね。。。

そんな感じ。