別府駅の近くで味わう名物とり天、新店舗「東洋軒 トキハ別府店」と「とり天職人 わたる」

東洋軒 トキハ別府店

別府で有名な「元祖とり天」と言えば、レストラン東洋軒
その東洋軒の新店舗が、今年9月に別府駅の近くにオープンした。

老舗百貨店のトキハ別府店がリニューアルし、その地下に新設されたフードコート「湯けむり横丁」に、東洋軒が入ったんだな。
つまり、フードコートで食う「元祖とり天」。

トキハ別府店は、別府駅から徒歩8分。
別府タワーの近くにある。

地下1階に降りてみると、湯けむり横丁があった。
日曜だというのに、なんだか静けさに包まれている印象。

フードコートも、ガラガラであった。
地元の子供?が、走り回っている。

東洋軒のメニューをみてみる。
本店より安く、ボリュームも控えめのメニューになっている模様。

とり天定食=800円
ゆず とり天定食=850円

普通の「とり天定食」をオーダーした。
呼び出しブザーをもらって、自分の席で呼び出しを待つ。

タレの味が、染み込んでる。割と濃い感じ。
おいしい。

でも、やっぱりボリュームは控えめかな。
まぁ昔から1回行ってみたかったので、満足です。

とり天職人 わたる

別府駅の周辺には、他にも「とり天」で有名な店がある。
訪問したのは、「とり天職人 わたる」。

こちらは別府駅から徒歩3分。近い。
店内はカウンターのみ10席。

席につくと、店主が「とり天定食(1320円)しかないけど、いい?」。
ランチタイムは、とり天のみの営業かな?
当方、とり天が食いたいので問題ナシ。

酢醤油につけて食べる。
しなっと柔らか、ジュワっとジューシー。

揚げたては、やっぱり美味しいですね。

こちらの店主とは少しだけ世間話をしました。
店を出るときに「良い旅を!」といって見送ってくれたのが、印象的でした。

ほい。

そんな感じ。