かりゆしビーチ

沖縄「KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach」に宿泊した。オンザビーチでプールもありの高コスパ宿。

かりゆしビーチ

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach

沖縄で「KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach」に宿泊した。
かりゆしグループ系列のホテルで、2020年開業の新しめのホテルです。
KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach
※以降、略称「かりゆしLCH」

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 外観 道路側

ホテルのスグ裏はプライベートビーチの「かりゆしビーチ」
近くにある同じ系列のホテル「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」や「沖縄スパリゾートエグゼス」との共同プライベートビーチになっている。
※外来施設利用料550円/人で外来利用も可能

系列ホテルの中で、この「かりゆしLCH」だけがビーチに隣接している一方、施設が簡易的な安宿コスパ系。
建物はビーチの受付施設「リーフリゾートかりゆし」を兼ねている。

なお、ホテルにはローソンが併設、利便性もなかなかよい。

海側からホテルをみると、こんな感じ↓

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 外観 海側

海側の部屋であれば、文字通り目の前はビーチ。
各部屋にはバルコニーもついている。

新しめのホテルだけあって、建物の中はなかなかキレイです。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach フロント 内観

受付の奥には、ビーチへの入口もある。
「リーフリゾートかりゆし」(ビーチ用品のレンタルなど)を経由してビーチにでる形だが、逆にビーチへの入口はここのみで、深夜帯などは施錠されているためビーチにでることはできない。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach ビーチへの入口

ビーチの利用可能時間は、一般だと8:30~19:00。
「かりゆしLCH」の宿泊客は6:30~22:00までビーチに出入りできる。
※遊泳可能時間は9:00~18:00で、それ以外の時間は散策などが可能

さて。

こちらのホテル、オンザビーチでありながら、一番安い部屋なら夏のホリデーシーズンでも朝食付きで1万円以下を狙える。
オンシーズンでも、連休とかでなければ朝食付きで1泊5000円代とか。
立地を考えると「かなり安いな~」、と。

まぁその分いろいろ制限事項はあるんだろうけど、自分はもともと海外ビーチでも「オンザビーチの安宿」が好きなタイプなので、本件も気になり実際に泊まってきた形。

かりゆしビーチ

かりゆしビーチは、なかなか透明度が高かった。

かりゆしビーチ

ちなみに遠くに見える建物はブセナテラス。
かりゆしビーチ(かりゆしLCH)は、ブセナテラスハレクラニという高級ホテルの中間値にあり、海の透明度なんかはそれらのホテルのビーチと近いモノがあるかもしれない。

海の透明度は、↓こんな感じ。

かりゆしビーチ 透明度

はい。

ちょっと小石・珊瑚が多い系ですね。
そこら辺も、透明度の高さに繋がってるとは思いますが。

かりゆしビーチ ビーチの小石とサンゴ

砂浜も海の中も小石・珊瑚が多いので、マリンシューズは持っていた方がよい。
小石・珊瑚があるのは波打ち際だけで、広大なビーチはほぼ砂のみではある。
しかし波打ち際がビーチなので、海に入る際には小石・珊瑚エリアを通ることになるし、海中も同様。

ビーチにあるパラソル・チェアは有料。
それぞれ1650円(1日)だが宿泊客は半額となる。
例えばお得なセット(パラソル+チェア2=3850円)→半額1925円。

かりゆしビーチ パラソル・チェアの値段

プライベートビーチと言いつつパラソル・チェアに別料金ってなんだろうなと思わなくもないが、沖縄だとこのパターンは割と多いみたいですね。

なお、こちらのビーチ(遊泳エリア)は干潮時には膝下の深さになり、泳げない。
※干潮時間は公式HPで確認可能

自分が行った際(8月)には、泳げる時間がかなり短かったです。
実際に泳げたのは、以下の時間帯くらいだった。

  • 8:30~10:30
  • 17:00~19:00

以下は、干潮時(13:30頃)の様子。
遊泳エリア内は、足首くらいの浅さになっている。

かりゆしビーチ 干潮時

向こうにそびえ立つブセナテラスのビーチは、普通に泳げそうでした。
こういうところで、価格差がつくんですかね(笑)

満潮時は、すごく泳ぎやすい海になります。
透明度も高いし、満潮時であれば、いいビーチです。
しかも干潮で諦めて帰る客が多数なので、夕方は特に空いている!!

ビーチでの飲食事情については、ビーチパーラーが1軒あり。

かりゆしビーチ ビーチパーラー

あと、コンビニがスグそこなので、そっちを使うという手もあり。

ビーチサイド・プール

ホテルの前にはプールもある。
水深1.5mほどのビーチサイドプールと、キッズプール。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach プール

干潮で海では泳げない時間はプールを使いたいところだが、かなり混雑する。
他系列ホテルからビーチに遊びに来ている客も、干潮時にはこのプールにやってくるのも要因だろう。

混雑時の様子はこちら↓

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach プール 混雑時

ということで、干潮時には「海は泳げない」「プールは混雑」ということに。

ただし「かりゆしLCH」宿泊客は、近くにある「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」の広いプールも無料で利用可能
ビーチから「かりゆしオーシャンスパ」へのシャトルバスも頻繁にでている。

なので、自分は昼間の干潮時は「かりゆしオーシャンスパ」に行っていた。

ざっくり言うと、以下のように動いてましたね。

朝:ビーチ(泳げる時間帯)
昼:プール(オーシャンスパ)
夕:ビーチ(泳げる時間帯)

オーシャンスパの方については、別記事にてメモしたいと思います。

夜のビーチ

かりゆしLCHはオンザビーチな立地なので、夜遅くまでビーチ散策を楽しめる。
※遊泳は19時まで/ビーチ開放は22時まで

夜は一般客もおらず空いているし、涼しくてよいです。

ホテルのフロントでは手持ち花火を販売しており、花火を楽しむ客がちらほら。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 夜のビーチ

近くのホテル、ハレクラニが夜21時から5分ほど花火を打ち上げている場合があり、それも鑑賞できる。
※ハレクラニが毎日花火をやっているのか、土日だけやっているのかは不明

ハレクラニ 花火

この花火は、なかなか迫力ありましたね~。

ビーチから振り返ると、かりゆしLCHの客室ベランダからもたくさんの(無償)鑑賞客がいた。
花火が終わったタイミングでは、かりゆしLCHのみんなも盛大な拍手で称えていました。
ハレクラニのスタッフにも、感謝の気持ちが伝わるといいな(笑)

朝食(ブッフェ)

朝食はブッフェとなります。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 朝食会場

品数は少なく、沖縄由来のおかずもナシ。
ビジホの簡易朝食みたいな感じですね。

ただし、野菜とフルーツは比較的充実していました。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 朝食メニュー

がっつり系のおかずは少なく、ベーコン・ウインナー・焼売みたいな3種類くらい。
あとは野菜・フルーツ・パン・メシもの(チキンライスや炒飯が日替わり)。

個人的には十分です。
フルーツとヨーグルトと野菜、コーヒーがあるだけで、OK。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach ある日の朝食

メインのおかずが弱い分、必然的に「野菜」「フルーツ」に集中することになります。

結果、非常に爽やかな朝食となります(笑)

あと、朝食会場は屋外席(屋根付き)もあり。
海を眺めながら食べられる。まだ涼しい朝の風が気持ち良く、最高です。
しかも、いつも空いてました。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach 朝食 屋外席

ちなみにこの屋外席はそのままビーチに繋がっているので、フラッとビーチに散策に行ったりしてました。コーヒー片手に。

また、このテーブルは深夜なんかビーチ散策のついでに休憩できたりして、便利だった。

部屋(山側セミダブル/13㎡)

部屋は海側と山側があり、当然オーシャンビューのある海側が高い。

自分は安い山側の中でも、最も安いセミダブル(13㎡)に泊まった。
13㎡というと、なかなかの狭さです。

KARIYUSHI LCH. RESORT on The Beach セミダブルルーム

狭いながらも、ちゃんとバルコニー(椅子あり)がついてます。
山側(目の前が道路)なので眺めは特によくないが、お酒を飲んだり、水着を乾かすのに便利だった。

風呂は、浴槽ナシ。
これまた狭いシャワーブースのみ。
※シャンプー類は設置あり(泡立ち少なめ)/オーシャンスパと同じアメニティではある

電気ケトル・ドライヤー・冷蔵庫・金庫・ハンガー4つは、あり。
(クローゼットはない)

一方、新しいホテルだからか電源類は充実。
コンセントが7口+USB充電2口があった。

個人的には、有線LANがあったのも嬉しいですね。
※当然WiFiもあります

オーシャンスパの施設も使える

「かりゆしLCH」は同系列のホテル「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」のプールなどを無料で使える。
無料のシャトルバスも昼間なら5~10分間隔で出ており、バスでの移動時間は数分の近さ。

かりゆしワンダーランド 地図

具体的には、「かりゆしLCH」宿泊客は、「かりゆしオーシャンスパ」の以下施設を無料で使える。

  • ガーデンプール
  • ラグーンパティオ
  • 室内プール
  • ジム
  • かりゆしの森(散策)

また「かりゆしオーシャンスパ」の大浴場「森の湯」は、宿泊者料金で利用可能。
※かりゆしオーシャンスパ宿泊者も有料

部屋からビーチまでのウォークスルー動画

部屋(山側セミダブル13㎡)からビーチまでの、ウォークスルー動画を撮ってきました。
※iPhone13 Proにて撮影

まとめ

(特に山側の部屋は)安い。何と言ってもコスパがよい。
ローソン併設でアイスの買い食いに便利だし、徒歩圏内にレストランなんかもある。

干潮時は泳げずプールも混雑するので、「かりゆしオーシャンスパ」のプール/大浴場を有効利用することが前提だが、内容的にも満足度は高かったです。
ただし、自分が「オンザビーチの安宿好き」という属性だから、というのはあるかも。

「お金がない」「安宿でもOK」というシーンなら、結構オススメ。
特に学生さんとか?

個人的には、「金がない時に、また使うかもなぁ」という感じで、気に入りました。

ほい。

そんな感じ。